ジョン・ベイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ベイナー
John Boehner
John Boehner official portrait.jpg
生年月日 1949年11月17日(65歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州レディング
出身校 ゼイビアー大学
現職 経営コンサルタント
所属政党 共和党
配偶者 デボラ・ガンラック (1973年 - )
サイン John Boehner Signature.svg
公式サイト Friends of John Boehner Fighting for Freedom. Making a Difference.

第61代アメリカ合衆国下院議長
任期 2011年1月5日 -
元首 バラク・オバマ

下院少数党院内総務
任期 2007年1月3日 - 2011年1月3日

下院多数党院内総務
任期 2006年2月2日 - 2007年1月3日

下院教育労働委員会委員長
任期 2001年1月3日 - 2006年1月3日

下院共和党会議議長
任期 1995年1月3日 - 1999年1月3日
テンプレートを表示

ジョン・アンドリュー・ベイナー英語: John Andrew Boehner1949年11月17日 - )は、アメリカ合衆国政治家共和党所属。第61代合衆国下院議長

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1949年、オハイオ州シンシナティ近郊のレディングに12人兄弟の次男に生まれる。ベトナム戦争中の1968年に海軍に徴兵されるが、身体の故障により訓練期間中に名誉除隊。実家は裕福ではなかったが、苦学しゼイビアー大学に進み経営学の学士号を取得。大学卒業後はプラスチック関係の地元中小企業に就職して成功を収め、経営者となった。1984年には地元・オハイオ州の州下院選第57選挙区で当選、1990年まで務める。

国政進出[編集]

オハイオ州の連邦下院選区割(2003年 - 2012年)。8区(左側のオレンジ色)はシンシナティデイトンの近郊。

1990年に地元・オハイオ州第8選挙区から連邦下院選に出馬、以来10期当選。初期の頃には、下院の綱紀粛正活動で注目を集め、同期当選のリック・サントラムらと共に「七人組」(Gang of Seven)と称される。後に下院議長を務めるニュート・ギングリッチの側近となり薫陶を受け、ギングリッチが1994年の中間選挙で保守革命・米国との契約を掲げ与野党逆転を実現すると、下院共和党№4のポストである下院共和党会議議長に就任するなど順調にキャリアを積み重ねていた。しかし1999年、ギングリッチが前年の中間選挙で共和党が下院の議席数を減らしたことの責任を取る形で下院議長を辞任すると、それに連座し無役となった。

院内総務就任[編集]

99年にギングリッチが失脚して以降、下院共和党はギングリッチの政敵だったトム・ディレイが急速に台頭、2001年から5年間、下院の教育・労働委員長を務めるもののベイナーは不遇であった。しかしながら、2005年9月にディレイが政治資金流用で起訴され失脚すると、改革を求めるジェフ・フレイク下院議員ら中堅・若手議員がベイナー擁立に動き翌年2月、下院共和党のナンバー2(当時[1])である多数党院内総務に当選。当初、この選挙戦はディレイ前院内総務の最側近として彼の下で院内幹事を務め、ディレイが辞任した後には臨時院内総務も務めていたロイ・ブラント下院議員優位で進んでいたものの、ベイナーが終盤で支持を急速に拡大した[2]2006年2008年の下院選では、ジョージ・W・ブッシュ政権に対する風当たりの強さなどもあって共和党は何れも大敗を喫するものの、ベイナーは引き続き少数党院内総務を務め続けた。

2009年バラク・オバマ政権が発足して以降は、同政権が推し進める財政出動を伴う景気対策や医療保険制度改革などの大きな政府路線を一貫して激しく批判、対決路線を主導し、党の退潮傾向に歯止めをかけ、2010年の中間選挙にて下院で60超議席増となる歴史的大勝を収めて与野党逆転を実現させた。2010年の下院選でベイナーが掲げた選挙公約名は米国との誓約[3]であり、これはかつてギングリッチが掲げた「米国との契約」を意識したものといえる。下院で過半数を制したことにより、ベイナーは下院議長への就任がほぼ確実となった。

下院議長[編集]

2010年の中間選挙で圧勝したことを受け、下院共和党は同年11月17日に、ベイナーの下院議長推挙を正式に決定。翌・2011年1月に召集された第112議会で正式に下院議長に選出された[4]。議長選出の際には涙を流す一幕もあった[5]。 同年4月には共和・民主両党下院議員数名とバグダッドを電撃訪問、ヌーリー・マーリキー首相と会談した[6]

議会共和党は2012年の大統領選を見越してバラク・オバマ大統領との対決姿勢を強め、ベイナーの指導のもと債務上限の引き上げ問題で政府と激しく対立した。デフォルト寸前の2011年8月2日に増税なしの歳出削減を条件とする共和党の要求に沿った条件が取り決められた。[7]ベイナーはオバマ政権の経済政策を批判するとともに、8月5日に発表されたスタンダード・アンド・プアーズによる米国債の格下げは歳出の見境ない増大にあるとも批判している[8]

脚注[編集]

  1. ^ 当時、共和党は下院で多数党の地位にあり、下院議長のポストを得ていたため。アメリカ下院では、日本などと同様に多数党の地位を獲得した党の議員が下院議長を務めることが慣例となっている。しかし、アメリカの下院議長はイギリス庶民院議長日本衆議院議長が党派に偏らない中立性を求められるのに対し、党派的な役割を担い、下院多数党のリーダーという位置付けにある。このため少数党においては下院のリーダーである院内総務職は、多数党においては下院議長に次ぐナンバー2の存在である。
  2. ^ 新下院院内総務にベイナー議員 - 米国AFPBB News,2006年2月3日
  3. ^ Republicans roll out "Pledge to America".flv米国との誓約、2010年9月23日
  4. ^ GOP-Controlled House to Kick Off New Session by Reading Constitution AloudFOX・NEWS,2011年1月5日
  5. ^ 政治家の涙古森義久・ステージ風発,2011年1月16日
  6. ^ Boehner Meets With Iraqi PM in Baghdad, Cites 'Progress'FOX・NEWS,2011年4月17日
  7. ^ http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-22485520110802
  8. ^ http://mainichi.jp/life/money/news/20110807k0000m020080000c.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
バズ・ルーケンズ
オハイオ州選出下院議員
オハイオ州第8選挙区

1991年 -
現職
先代:
ウィリアム・グッドリング
下院教育労働委員会委員長
2001年 - 2006年
次代:
ハワード・マケオン
党職
先代:
ディック・アーメイ
下院共和党会議議長
1995年 - 1999年
次代:
J・C・ワッツ
先代:
ロイ・ブラント
代行
下院多数党院内総務
2006年 - 2007年
次代:
ステニー・ホイヤー
先代:
ナンシー・ペロシ
下院少数党院内総務
2007年 - 2011年
次代:
ナンシー・ペロシ
公職
先代:
ナンシー・ペロシ
下院議長
2011年 -
現職
United States order of precedence
先代:
Mayor of the city in which the event is held
Order of Precedence of the United States
as Speaker of the House of Representatives
次代:
ジョン・ロバーツ
先代:
Otherwise Governor of the state in which the event is held
先代:
Otherwise ジョー・バイデン
先代:
デヴィッド・プライス
Representatives of the United States by seniority
55th
次代:
デヴィッド・リー・キャンプ
大統領職継承順位
先代:
ジョー・バイデン
2nd in line
下院議長として
次代:
ダニエル・イノウエ