ジャン=ポール・プナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=ポール・プナン
Jean-Paul Penin
1980年に行われたコンサートでストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団を指揮するジャン=ポール・プナン。}
1980年に行われたコンサートでストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団を指揮するジャン=ポール・プナン。
基本情報
出生 1949年12月31日(64歳)
フランスの旗 フランスサン=ディジエ
出身地 フランスの旗 フランス
血液型 Jean-Paul Penin par Claude Truong-Ngoc 1980.png
学歴 ストラスブール大学細胞分子生物学生物物理学博士号
ジャンル クラシック
職業 指揮者
活動期間 1972年 -

ジャン=ポール・プナン(Jean-Paul Penin、1949年12月31日 - )は、フランス指揮者

経歴[編集]

サン=ディジエ生まれ。1972年から1980年にかけてストラスブールコントラバスアナリーゼ室内楽)やパリ音楽史をイヴ・ジェラールに師事)、さらにフルブライト奨学生としてサンフランシスコ(指揮、アナリーズをジョン・クーリッジ・アダムズに師事)にて学んだ。同時に文学修士号、および生物物理学博士号(1974年、ストラスブール大学細胞分子生物学研究所)を取得したプナンは、1972年から1978年までストラスブール大学管弦楽団を指揮し、同楽団を率いてヨーロッパ・ユースオーケストラ・フェスティバル(1976年)や、南米(1977年)などへ演奏旅行を行った。

1979年に民主音楽協会主催の東京国際音楽コンクール(指揮)に入選して注目を集め、その後ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団にてアラン・ロンバールのアシスタントを、次いで1990年から1994年までウィーン国立歌劇場にてロリン・マゼールのアシスタントを勤めた。1993年には、クラコフ国立フィルハーモニー管弦楽団の主席客演指揮者(1990年から1994年)としての貢献(コンサートツアー、録音、メセナ)をたたえ、ポーランド大統領レフ・ワレサより、ポーランド共和国功労勲章(オフィシエ)を授けられた。

1990年には、アムステルダムコンセルトヘボウにて、前年にニューヨークピエール・ブーレーズによって世界初演された、メシアンの『天より来たりし都』を作曲家の立ち会いのもと、ヨーロッパ初演をし(オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団、イヴォンヌ・ロリオ(ピアノ))、このコンサートの模様はテレビ中継された。ジャン=ポール・プナンはまた、このコンサートにおいて、武満徹のオーケストラとヴィオラ(今井信子)のための作品、『ア・ストリング・アラウンド・オータム』も指揮した。

この後、ベーレンライター出版社ユネスコとフランス大統領府の後援のもと、ジャン=ポール・プナンに、当時草稿が発見されたばかりだったベルリオーズの『荘厳ミサ』のフランス再初演を依託する。ジャン=ポール・プナンはこの作品の世界初録音を1993年10月3日ヴェズレーサント=マドレーヌ大聖堂にて行い、その後はラ=コート=サン=タンドレでのベルリオーズ音楽祭や、ブエノスアイレスコロン劇場などヨーロッパやアメリカなどの各地で、この作品を指揮した。 2000年9月8日にはプラハ放送交響楽団を率いて、欧州文化首都の一環として開催された、ドヴォルザーク音楽祭の開幕コンサートを指揮し、このコンサートはラジオ中継された。同オーケストラとは後にツアーでベルリオーズの『キリストの幼時』も取り上げている。バルトークドビュッシーを取り上げた、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団とのコンサート(2002年)は、24カ国にラジオ中継され、その後プナンはシュターツカペレ・ドレスデンを指揮すべくゼンパー・オーパーに招聘された。 また2009年9月8日には、サン=リキエ音楽祭において、フランソワ・フェトの『スターバト・マーテル』を初演した(プラハ国立歌劇場オーケストラ、ムジカ合唱団、ソリスト:ジャン=フィリップ・クルティ)。

叙勲[編集]

  • ポーランド:国家功労勲章(オフィシエ)、1993年。
  • フランス:芸術文化勲章(シュヴァリエ)、1997年。

録音[編集]

プナンは、音楽誌より隠された名作を発見する音楽家と考えられている。ベルリーズの『荘厳ミサ』と、ベートヴェンのカンタータ2作(『ヨーゼフ2世』と『レオポルド2世』)の他にも、数多くのオペラの世界初録音を行っている。バロックおよび後期バロックに精通している彼は、例えばヴェルサイユ宮殿の新オペラ劇場杮落としのために、ルイ16世によって委嘱されたサッキーニのオペラ『コロンヌのオイディプスイタリア語版』(1786年)を録音している。 スポンティーニ『フェルナン・コルテス』

作曲[編集]

  • 『パリの夜』(オーケストラ組曲)。2004年12月12日ミラノにてポメリージ・ムジカーリオーケストラにより初演。
  • 『1930年のパリ、12のワルツ』(2台ピアノ)。ピアノソロ版の初演(3つのワルツ)は2011年6月18日に、オリュー室内楽音楽祭(ベルギー)にて、ジュリアン•ジェルネーによってされた。ピアノソロ版の全曲録音はジャン•デュベによってシリウス/コデックスレーベルよりリリース(2012年)
  • 『邂逅』(ネルヴァルとアポリネールのテクストによるオーケストラと合唱曲)。バンコク国立劇場にて、バンコクシンフォニーオーケストラによって初演(2012年2月2日