ジャック・ルビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ルビー

ジャック・レオン・ルビーJack Leon Ruby1911年3月25日 - 1967年1月3日)は、アメリカ合衆国テキサス州ダラスの実業家、ナイトクラブオーナー。リー・ハーヴェイ・オズワルドケネディ大統領暗殺容疑で逮捕された2日後の1963年11月24日、ダラス警察署の地下でテレビ中継中にオズワルドを射殺した。

本名はジェイコブ・レオン・ルーベンスタイン(Jacob Leon Rubenstein)だが、その後改名してジャック・ルビーと名乗る。

経歴[編集]

イリノイ州シカゴユダヤポーランド移民の家庭に生まれた。生年月日については3月から6月まで諸説ある。

1920年代マフィアと関わる。貧しかった少年時代にアル・カポネの使い走りをして小遣いを稼いでいた。1943年からアメリカ空軍に所属し航空機の整備を担当していた。仕事ぶりは真面目で上等兵に昇進し、1946年2月21日に除隊。

1947年にシカゴからダラスへ移り住み、他の兄弟とともに氏名を「ルーベンスタイン」から「ルビー」に変更している(商売を始めるに当たり、ユダヤ系の氏名である「ルーベンスタイン」が商売の妨げになるために改名したと推測されている)。

1950年代にマフィアの仕事でキューバへ行き、銃や金の運び屋をしていた時期もあった。ルビー自身は正式なマフィアのメンバーではなかったと言われるが、カルロス・マルセロサント・トラフィカンテジミー・ホッファらの側近たちと多くのコネを持っていた。ミッキー・コーエンとは友人だった。

ダラスではナイトクラブを経営したほか、違法ギャンブル麻薬取引などを手がけ、銃器をキューバに密売したりもしていた。また彼はよくダラス市警の警官の面倒をみた。食事を用意したり、話をするのが好きだったという。彼が経営するナイトクラブでは警官にタダで飲み物を振舞い、営業時間後にはストリッパーとのデートを取り持ってやったりもした。

オズワルド殺害時

彼に狙撃されてオズワルドが病院に運ばれた際には、異常なほど興奮してオズワルドの生死について周囲に尋ねた。死んだと知らされるとやっと落ち着きを取り戻したという。オズワルドとの面識については一切否定し、殺害の理由については「夫が暗殺され悲しんでいるジャクリーン夫人とその子供のため」と供述している。しかしその後の調査で、マフィアやCIA、反カストロのキューバ人亡命者グループなどと深い関係にあったことが公になったため、その供述を信じるものは少ない。

ウォーレン最高裁長官がダラス郡拘置所でルビーを尋問した際、彼は自分の身の危険を感じており「オズワルドを殺害したとき、自分は誰かに操られていた」とほのめかしたという。

その後ルビーは1964年3月14日、ダラス地方裁判所で「悪意を備えた殺人」で有罪となり死刑判決を受けた。再審を待っている間、獄中のルビーは精神の安定を欠き「何者かに細胞を注射された」「ワシントンの刑務所に移送してくれたら本当のことをすべて話す」など不可解な言動が見受けられたという。1967年1月3日、奇しくもケネディ、オズワルドが治療を受けたのと同じパークランド病院で肺癌による肺塞栓症により生涯を終えた。彼はシカゴのウエストローン墓地に両親と共に埋葬されている。

生涯独身であった。

ジャック・ルビーを演じた俳優[編集]

関連項目[編集]