ジェイムズ・ハミルトン (第2代アバコーン公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2代アバコーン公(1910年代)

第2代アバコーン公爵ジェイムズ・ハミルトン: James Hamilton, 2nd Duke of Abercorn1838年8月24日 - 1913年1月3日)は、イギリスの貴族。ガーター勲章勲爵士(KG)、バス勲章コンパニオン勲爵士(CB)、アイルランド枢密顧問官英語版

第2代アバコーン侯爵ジェイムズ・ハミルトン(後の初代アバコーン公爵)と、その妻で第6代ベッドフォード公爵ジョン・ラッセルの娘であるルイーザ・ハミルトン英語版の間に長男としてサセックスブライトンで生まれた[1][2][3]1868年に父親がアバコーン公爵に叙されるまでは「ハミルトン子爵」の、1868年から自身が襲爵するまでは「ハミルトン侯爵」の儀礼称号で称された[1][2]

ハーロー校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで学び、1860年学士号(B.A.)を、1865年修士号(M.A.)を取得[1][2][3]

1860年から1880年までドニゴール州選挙区選出の保守党所属庶民院議員[1][2][3]1863年ティロン州州長官High Sheriff of Tyrone)に任じられる[1][2][3]1865年にはデンマーククリスチャン9世ガーター勲章を授与するための特使としてデンマークへ派遣された[1][2]1866年から1885年までLord of the Bedchamber[訳語疑問点]として、1886年から1891年までGroom of the Stole[訳語疑問点]としてウェールズ公アルバート・エドワード王子(後のイギリス王エドワード7世)に仕えた[1][2][4]1885年に父親の死去により爵位を相続し、加えて父親が就任していたドニゴール州統監Lord Lieutenant of Donegal[訳語疑問点]や、フリーメーソンアイルランド・グランド・ロッジの団長を引き継いだ[1][2]1887年アイルランド枢密顧問官英語版に列せられる[4][3]1901年にはエドワード7世の即位を伝える特使としてデンマーク・スウェーデンノルウェープロイセンザクセンを歴訪し、翌1902年に行われたエドワード7世の戴冠式においては大司馬英語版を務めた[2][3]

1865年バス勲章コンパニオンを[1][2][3]1892年ガーター勲章を授けられた[5]。ほかにデンマークからダンネブロ勲章英語版を、ロシアから聖アンナ勲章英語版を、オーストリア=ハンガリーから鉄冠勲章英語版レオポルト勲章英語版を受勲している[3]

ロンドングローヴナー・スクエア英語版肺炎のため73歳で死去し、ティロン州ニュータウンスチュワート英語版近くのバロンズコートに葬られた[1]

家族[編集]

初代ハウ伯爵英語版リチャード・カーゾン=ハウ英語版の娘メアリ・アンナ英語版1869年1月7日ロンドン聖ジョージ教会英語版で結婚した[1][2][3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k Lundy, Darryl. “James Hamilton, 2nd Duke of Abercorn” (英語). thepeerage.com. 2012年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1910). “ABERCORN” (英語). The Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain, and the United Kingdom Extant, Extinct, or Dormant. 1 (1 ed.). London: The St. Catherine Press, ltd. pp. 9-10. http://www.archive.org/stream/completepeerageo01coka#page/8/mode/2up 2012年1月16日閲覧。. 
  3. ^ a b c d e f g h i PD-icon.svg Paul, James Balfour, Sir, ed (1904). “HAMILTON, EARL OF ABERCORN” (英語). The Scots peerage. 1. Edinburgh: David Douglas. pp. 72-73. http://www.archive.org/stream/scotspeeragefoun01paul#page/72/mode/2up 2012年1月17日閲覧。. 
  4. ^ a b PD-icon.svg “ABERCORN, Duke of.” (英語), Whitaker's Peerage, Baronetage, Knightage, and Companionage (London: J. Whitaker & sons): 97-98, (1907), http://www.archive.org/stream/whitakerspeerage1907lond#page/96/mode/2up 2012年1月17日閲覧。 
  5. ^ London Gazette: no. 26318, p. 4743, 1892年8月19日. 2012年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、第2代アバコーン公爵ジェイムズ・ハミルトンに関するカテゴリがあります。

先代:
ジェイムズ・ハミルトン
アバコーン公爵
第2代: 1885年 - 1913年
次代:
ジェイムズ・ハミルトン