ジェイムズ・ハミルトン (第3代アバコーン公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3代アバコーン公爵
ジェイムズ・ハミルトン
James Hamilton, 3rd Duke of Abercorn
James Hamilton 3rd Duke of Abercorn.png
1899年、『ヴァニティ・フェア』誌に描かれたハミルトン侯(後の3代アバコーン公)
生年月日 1869年11月30日
出生地 イギリスの旗 イギリスロンドンピカデリー
没年月日 1953年9月12日 (満83歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドン
所属政党 統一党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
聖パトリック勲章勲爵士 (KP)
枢密顧問官 (PC)

任期 1922年 - 1945年7月
国王 ジョージ5世
エドワード8世
ジョージ6世
テンプレートを表示

第3代アバコーン公爵ジェイムズ・アルバート・エドワード・ハミルトン: James Albert Edward Hamilton, 3rd Duke of Abercorn1869年11月30日 - 1953年9月12日)は、イギリスの貴族、政治家。ガーター勲章勲爵士、聖パトリック勲章勲爵士、イギリスの枢密顧問官北アイルランドの枢密顧問官英語版1922年から1945年まで初代北アイルランド知事Governor of Northern Ireland; 総督[訳語疑問点]を務めた。

経歴[編集]

ロンドンピカデリーのハミルトン・プレイスで、ハミルトン侯爵ジェイムズ・ハミルトン(後の第2代アバコーン公爵)と初代ハウ伯爵英語版リチャード・カーゾン=ハウ英語版の娘メアリ・アンナの間に長男として生まれる[1][2][3]。名付け親の中に、ウェールズ公アルバート・エドワード(後のイギリス王エドワード7世)がいる[1][2][3]。出生時は祖父ジェイムズが公爵であり、次々代の継承者として「ハミルトン子爵」の、1885年に父が襲爵してからは「ハミルトン侯爵」の儀礼称号を称した[1]

イートン・カレッジで教育を受けた後[2]、大尉として第1ライフガーズ連隊で軍務に就き、次いで少佐としてNorth Irish Horse[訳語疑問点]に参加[1][4][3]

1900年から1913年までロンドンデリー選挙区選出の庶民院議員[1]1901年には父ジェイムズのエドワード8世即位を伝えるヨーロッパ歴訪に同行した[3]。所属していたIrish Unionist Alliance[訳語疑問点]保守党を中心とする連立政権に参加しており、1903年から1910年まで院内幹事英語版を務め[1]1905年に下野するまで与党の院内幹事が任命される王室会計局長官Treasurer of the Household[訳語疑問点]でもあった[1][2]。またドニゴール州副知事(Deputy Lieutenant (D.L.) of Donegal[訳語疑問点]ティロン州統監Lord Lieutenant of Tyrone[訳語疑問点]に任じられていた[1][4]

1913年に父親の死去によりアバコーン公爵アイルランド貴族)・アバコーン侯爵(グレートブリテン貴族)・アバコーン伯爵(スコットランド貴族)などの爵位を相続、「第4代アバコーン侯爵」として貴族院議員となる[4][註 1]1921年から翌年まで、北アイルランド議会元老院英語版議員[5]

1922年聖パトリック勲章を授けられる[1]。同年新設された北アイルランド知事に任じられ[6]、以後20年以上にわたって北アイルランドにおけるイギリス王の名代を務めた。

1928年ガーター勲章[7]1945年ロイヤル・ヴィクトリア頸飾英語版を授けられ[8]、また1945年にイギリスの枢密顧問官に列せられた[9][1]。1928年にはクイーンズ大学ベルファストから名誉法学博士号を授与された[1]

家族[編集]

第4代ルーカン伯爵英語版チャールズ・ビンガム英語版の娘であるレディ・ロザリン・ビンガム英語版ロンドンナイツブリッジセント・ポール教会英語版で結婚した[1][2]。二人の間には2男3女が生まれた。

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アイルランド貴族やスコットランド貴族は貴族代表議員に選出されないと貴族院に出席できないが、グレートブリテン貴族は全員が貴族院に出席できるため。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Lundy, Darryl. “James Albert Edward Hamilton, 3rd Duke of Abercorn” (英語). thepeerage.com. 2012年1月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1910). “ABERCORN” (英語). The Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain, and the United Kingdom Extant, Extinct, or Dormant. 1 (1 ed.). London: The St. Catherine Press, ltd. p. 10. http://www.archive.org/stream/completepeerageo01coka#page/10/mode/2up 2012年1月28日閲覧。. 
  3. ^ a b c d PD-icon.svg Paul, James Balfour, Sir, ed (1904). “HAMILTON, EARL OF ABERCORN” (英語). The Scots peerage. 1. Edinburgh: David Douglas. pp. 72-73. http://www.archive.org/stream/scotspeeragefoun01paul#page/72/mode/2up 2012年1月28日閲覧。. 
  4. ^ a b c PD-icon.svg “ABERCORN, Duke of.” (英語), Whitaker's Peerage, Baronetage, Knightage, and Companionage (London: J. Whitaker & sons): 109, (1923), http://www.archive.org/stream/whitakerspeerage1923lond#page/108/mode/2up 2012年1月28日閲覧。 
  5. ^ Whyte, Nicholas. “The Northern Ireland Senate, 1921-72” (英語). Northern Ireland Elections. 2012年1月28日閲覧。
  6. ^ London Gazette: no. 32776, p. 8794, 1922年12月12日. 2012年1月28日閲覧。
  7. ^ London Gazette: no. 33376, p. 2737, 1928年4月17日. 2012年1月28日閲覧。
  8. ^ London Gazette: no. 37216, p. 4085, 1945年8月10日. 2012年1月28日閲覧。
  9. ^ Rayment, Leigh. “PRIVY COUNSELLORS 1915 - 1968” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2012年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ヴィクター・キャヴェンディッシュ
王室会計局長官
1903年 - 1905年
次代:
サー・エドワード・ストレイチー準男爵
先代:
(創設)
北アイルランド知事
1922年 - 1945年
次代:
第4代グランヴィル伯爵
先代:
ジェイムズ・ハミルトン
アバコーン公爵
第3代: 1913年 - 1953年
次代:
ジェイムズ・ハミルトン