北アイルランド総督

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北アイルランド総督
(ガヴァナー)
Flag of the Governor of Northern Ireland.svg
総督旗
呼称 Excellency
官邸 ヒルズバラ城
初代 ジェイムズ・ハミルトン (第3代アバコーン公爵)
創設 1921年5月3日
最終代 The Lord Grey of Naunton
廃止 1973年7月18日
継承順位 北アイルランド担当大臣

北アイルランド総督 (きたアイルランドそうとく、英語: Governor of Northern Ireland) は、北アイルランドにおける行政の長であり、イギリスの君主の公式な名代であった役職。この総督職は1922年12月9日に創設され、1973年7月18日に廃止された。

概要[編集]

北アイルランド総督職は、1922年12月9日に、イギリス政府の特許状 (Letters Patent) によって創設された[1]。その目的は、

1920年の法および1921年4月27日付の特許状に基づく、ないしは、アイルランド自由国憲法 (Irish Free State Constitution Act 1922) の成立の時点でアイルランド総督 (ロード・レフテナント) の職責にあった、北アイルランドにおけるあらゆる事柄について、しかるべく定められた手続きに従い,執行する

ことにあった。

総督は、北アイルランド国璽 (Great Seal of Northern Ireland) を所有していた。

総督職は、日本語では同じく総督と訳されるアイルランド総督 (ロード・レフテナント) の役割を北アイルランドにおいて継承するものであり、1921年5月3日に設けることが定められ[2]1973年7月18日北アイルランド憲法 (1973年) (Northern Ireland Constitution Act 1973) 第32条によって廃止された[3]。総督の権能は、1973年12月20日の特許状によって、1972年に新設された北アイルランド担当大臣 (Secretary of State for Northern Ireland) に継承された。

公邸[編集]

北アイルランド総督の公邸は、ダウン州ヒルズバラ城 (Hillsborough Castle) であった。初代総督であったアバコーン卿は、改装を行なった上で1925年にこの城に入った。1973年に総督職が廃止されるまで、ヒルズバラ城は北アイルランド総督の公邸であり続け、その後は北アイルランド担当大臣の公邸となった。

第3代北アイルランド総督、第2代ウェイクハースト男爵ジョン・ローダー

歴代総督[編集]

就任 退任
1. ジェイムズ・ハミルトン (第3代アバコーン公爵) 1922年12月12日 1945年9月6日
2. The Earl Granville 1945年9月7日 1952年12月1日
3. The Lord Wakehurst 1952年12月1日 1964年12月1日
4. The Lord Erskine of Rerrick 1964年12月1日 1968年11月27日
5. The Lord Grey of Naunton 1968年11月27日 1973年6月26日

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ House of Lords, Northern Ireland Bill, Memorandum by the Northern Ireland Office.
  2. ^ 1921年5月3日は、北アイルランド南アイルランドにそれぞれの議会を設置することを定めたアイルランド統治法 (1920年)にもとづいて、総督職を設けることが決まった日付である (SR&O 1921, No. 533)。
  3. ^ A New History of Ireland by Theodore William Moody, Francis John.