コンスタンチン・サラジェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンチン・ソロモノヴィチ・サラジェフKonstantin Solomonovich Saradzhev, 1877年10月8日1954年7月22日)は、アルメニアロシア人指揮者ヴァイオリニストロシアの新しい音楽を擁護して、ピョートル・チャイコフスキーモデスト・ムソルグスキーの作品だけでなく、イーゴリ・ストラヴィンスキーニコライ・ミャスコフスキーセルゲイ・プロコフィエフディミトリー・ショスタコーヴィチアラム・ハチャトゥリアンの作品を初演した。息子のコンスタンチン・コンスタンチノヴィチ・サラジェフ音楽理論家で、著名な鐘撞きである。

略歴[編集]

アルメニア人医師を父にダゲスタンデルベントに生まれる[1]。本名はコンスタンチン・サラジャン(Konstantin Saradzhian)といった。モスクワ音楽院に進んでヴァイオリンヤン・フジマリーに、音楽理論セルゲイ・タネーエフに師事し[2]1898年に修了した。その後は教師や演奏家となるが、1900年パリに出てオタカル・シェフチークの薫陶を受けた。1901年にモスクワ歌劇愛好家クラブの指揮者となるが、自前の弦楽四重奏団も結成した。1904年から1908年までライプツィヒアルトゥール・ニキシュ指揮法を師事。ロシアに帰国して間もなくソコルニキ公園の夏の管弦楽コンサートを指揮した(1908年~1911年)。やがて国立舞台芸術学校の校長に就任する[2]1913年10月8日モスクワ自由劇場において、ムソルグスキー歌劇ソロチンスクの市》を未完成の状態ながらも初演した。

サラジェフは新音楽の擁護者であり、1901年アレクサンドル・スクリャービンのサークルの一員となる(その他の同人に、ピアニストのマリヤ・ネメノヴァ=ルンツやアレクサンドル・ゴリジェンヴェイゼル、評論家で作家のヴラディーミル・デルジャノフスキーらがいた[3])。1909年には、デルジャノフスキーならびにその夫人のエレーナ・コポソヴァ=デルジャノフスカヤと共同で、モスクワに「近代音楽の夕べ」を旗揚げした[1][4]1912年8月22日にはモスクワで、イーゴリ・ストラヴィンスキーの《交響曲 第1番 変ホ長調》作品1を、職業演奏家を用いて十分なリハーサルのもとに上演した[5]。 同年7月25日には、セルゲイ・プロコフィエフの《ピアノ協奏曲 第1番》を、作曲者自身を独奏者に迎えて初演している。プロコフィエフは後に、「サラジェフはことごとに僕のテンポを見事に理解してくれた」と書き残している[6][7]

サラジェフは第1次世界大戦に従軍して出征したまま、ロシア内戦までモスクワに戻らなかった[1]現代音楽協会(ACM)に入れ込んで、1923年には「現代音楽の夜会」を開始した。1922年から1935年までモスクワ音楽院で指揮法の教授に就任し、ボリス・ハイキン[8]レフ・オボーリン[9]らを育成した。

1925年3月22日に革命劇場管弦楽団を指揮して、プロコフィエフの《ピアノ協奏曲 第3番》のソ連初演を行なった。独奏はサムイル・フェインベルクであった[10]1927年には、ディミトリー・ショスタコーヴィチの《交響曲 第2番「十月革命に寄す」》のモスクワ初演を指揮している。11月5日ニコライ・マルコレニングラードで世界初演を指揮してからの公演だったが、世界初演の後でショスタコーヴィチは作品を改訂しているので、改訂版による上演はサラジェフが世界初演を果たしたことになる[11]1930年11月18日にモスクワにおいて、プロコフィエフの《シンフォニエッタ イ長調》の改訂版(作品48、原曲は作品5)の世界初演[12]を指揮した。

サラジェフは、ニコライ・ミャスコフスキーの作品も擁護した[1]。ミャスコフスキーから献呈された交響詩《沈黙》作品9の初演を指揮しており[13]、モスクワで1926年5月23日に《交響曲 第8番》を[14]、同じくモスクワで1928年4月29日に《第9番》を[15]、また1933年1月16日には《第11番》を[13]初演した。ミャスコフスキーは《交響曲 第10番》もサラジェフに献呈しており[13]1934年には、《サラジェフの名による前奏曲とフーガ》作品31を作曲した(管弦楽版は作品31h、4手ピアノ版は作品31j)[13]

ヴォロネジ国立交響楽団の指揮者に就任して[16]からは、作曲から65年を経たピョートル・チャイコフスキーの遺作の演奏会用序曲《嵐(テンペスト)》の初演を行なった[17]

その後はエレバン歌劇場音楽監督兼首席指揮者に転身し、1939年9月にアラム・ハチャトゥリアンの最初のバレエ《幸福》の初演を指揮した[18]。1939年から歿年までエレバン音楽院の院長を務め、オーケストラ科やオペラ科、指揮科を指導した。著名な門人にアレクサンドル・コプィロフがいる[19]1941年から1944年までアルメニア・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めている。

1954年にエレバンにて永眠。76歳であった。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]