交響曲第10番 (ミャスコフスキー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第10番 ヘ短調 作品30は、ニコライ・ミャスコフスキーが作曲した交響曲である。アレクサンドル・プーシキンの『青銅の騎士』に付随したベノワの挿絵に着想を得ており、1926年から1927年にかけて作曲され、指揮者不在の管弦楽団であるペルシムファンスによりモスクワで初演された。アメリカ初演は1930年レオポルド・ストコフスキーにより行われた。

楽器編成[編集]

トランペット4、ホルン8、弦五部

楽曲構成[編集]

単一楽章を採るが、以下の3つに区分できる。

  1. Tumultuoso
  2. Patetico
  3. Presto tempestoso

参考文献[編集]