ヤン・フジマリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤン・フジマリーJan Hřímalý, 1844年4月13日1915年1月1月11日1月24日[1][2][3]〕)は、チェコ出身のヴァイオリニスト教育者1869年から歿年まで46年にわたってモスクワ音楽院で活動したため、ロシア名のイワン・ヴォイツェホヴィチ・グルジマリーロシア語: Иван Войцехович Гржимали / Ivan Voitsekhovich Grzhimali)としても知られる。

ピルゼン出身。父ヴォイチェフ(Vojtěch, 1809–1880[1])はオルガニストで作曲家であり、著名なチェコ人音楽家の家系の出であった[4]。兄ヴォイチェフ2世とモーリツ・ミルドネルの指導を受ける。1855年から1861年までプラハ音楽院ヴァイオリンを学び、1862年から1868年までアムステルダム管弦楽団のコンサートマスターに就任した[1]1869年フェルディナント・ラウプの後任としてモスクワ音楽院ヴァイオリン科の教授に任命される[5]1874年から1906年までモスクワでロシア音楽科学オーケストラのコンサートマスターを受け持った[1]

ピョートル・チャイコフスキーの知遇を得て、高い評価を受けている。チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第2番》と《第3番》の初演に参加したほか、1882年3月には、《ピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出に」》の非公開初演にも出演した。おそらくは同年10月の公開初演にも出演したであろうが、確証はない。

蝋管を用いた草創期の録音技術によって、作曲者であるアレンスキー自身のピアノとアナトーリー・ブランドゥコーフのチェロとともに《ピアノ三重奏曲_第1番》の演奏を遺している。これは作曲直後の演奏であり、ほぼ間違いなく同作の最初の録音である[6][7]

卓越した教師として定評があり[8]、門下よりレインゴリト・グリエール[4](《弦楽八重奏曲》作品5をフジマリーに献呈している[9])やパウル・ユオン[10]、アルカディ・ドゥベンスキー[11]、ピョートル・ストリャルスキー(門下にナタン・ミルシテインイヴァン・ガラミアンダヴィッド・オイストラフレオニード・コーガンらを擁する)[12]ニコライ・ロスラヴェッツ[13]コンスタンチン・サラジェフ[14]、アレクサンドル・ペチュニコフ、ミハイル・プレス、アレクサンドル・シュムレル[15]らを輩出した。ジャン・シベリウスの最初のヴァイオリン教師であったミトロファン・ワシリーイェフもおそらくフジマリーの門弟であろう[16]

数々の技巧的な練習曲や研究書を遺しており、そのいくつかはヤッシャ・ハイフェッツに重用された[17]

モスクワにて他界。

[編集]