シンフォニエッタ (プロコフィエフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンフォニエッタ イ長調(英語:Sinfonietta in A major)は、ロシア作曲家セルゲイ・プロコフィエフが作曲した管弦楽曲である。

概要[編集]

プロコフィエフが『シンフォニエッタ イ長調』Op.5を作曲したのは1909年で、サンクトペテルブルク音楽院での指揮の師であるニコライ・チェレプニンに献呈された。その後、1914年に改訂され、さらに1929年にOp.5/48として最終改訂版が出版された。最終改訂版は1930年11月18日コンスタンチン・サラジェフの指揮で初演された。[1]

特徴[編集]

『シンフォニエッタ』はその軽やかさや和声のねじれなどが、『古典交響曲』とよく似た特徴を示している。しかし『シンフォニエッタ』は演奏機会が少なく、プロコフィエフは「この2つの作品がこんなに違った運命をたどるのが理解できない」と不満を漏らしていた。

構造[編集]

5楽章から成り立っている。演奏時間は約25分。

  1. Allegro giocoso
  2. Andante
  3. Intermezzo: Vivace
  4. Scherzo: Allegro risoluto
  5. Allegro giocoso

編成[編集]

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、弦5部

脚注[編集]