コンスタンチン・コンスタンチノヴィチ・サラジェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンティーン・コンスタンティーノヴィチ・サラーヂェフロシア語: Константи́н Константи́нович Сара́джев / Konstantin Konstantinovich Saradzhev, 1900年1942年?)はロシア鐘撞き作曲家音楽理論家

指揮者ヴァイオリニストコティック・サラジェフを父に持ち、ピアノを学習したものの、7歳で教会の力強い音色に強い愛着を覚えて、鐘の演奏の専門家になった。サラジェフは「超人的な聴覚の鋭さ」で知られており、それぞれの振動数の違いによって「モスクワの教会の400ある鐘の音すべてを識別することができた」[1]

ロシアの鐘の複雑な微分音程を駆使していくつかの《鐘の交響曲》を作曲したが、ソ連では作曲者自身を満足させるほどの演奏が難しかった。1930年ハーヴァード大学に招かれて、チャールズ・リチャード・クレーンがロシアで購入したダニーロフ修道院の鐘を、ローウェル・ハウスに設置するのを手伝った際、アメリカ合衆国で《鐘の交響曲》が上演できないかと考えた。期待が破れ、彼の奇行に周囲の疑惑が持ち上がると、発狂してモスクワに送還された。モスクワで書いた本『チャイムMuzyka-kolokol ("Music-bell"))』は、紛失しており[2]1941年に収容先の精神病棟で亡くなったものと信じられている[3]マリーナ・ツヴェターエワの姉妹アナスタシアは、1977年にコンスタンチン・サラジェフについての回想録を出版した[4]

[編集]

  1. ^ Elif Batuman, "The Bells," The New Yorker, April 27, 2009, pp. 26.
  2. ^ Reminiscences of K.K. Saradzhev
  3. ^ Elif Batuman, "The Bells," The New Yorker, April 27, 2009, pp. 26.
  4. ^ Anastasia Tsvetaeva, Skaz o zvonare moskovskom.

参考文献[編集]