クリス・ペレス (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ペレス
Chris Perez
ロサンゼルス・ドジャース #54
Chris Perez 8-30-09.jpg
インディアンス時代(2009年8月30日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ブレイデントン
生年月日 1985年7月1日(29歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 ドラフト1巡目(全体42位)でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 2008年5月16日 タンパベイ・レイズ
年俸 $2,225,000(2011年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・ラルフ・ペレスChristopher Ralph Perez, 1985年7月1日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ブレイデントン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。

経歴[編集]

カージナルス時代[編集]

2006年MLBドラフト1巡目(全体42位)でセントルイス・カージナルスから指名をされ、6月28日に契約。A級スイング・オブ・クァッドシティズで25試合に登板し、2勝0敗12セーブ、防御率1.84だった。

2007年はAA級スプリングフィールド・カージナルスで39試合に登板し、2勝0敗27セーブ、防御率2.43だった。7月にAAA級メンフィス・レッドバーズへ昇格。15試合に登板し、0勝1敗8セーブ、防御率4.50だった。

2008年はAAA級メンフィスで開幕を迎え、5月16日にジェイソン・イズリングハウゼンが故障者リスト入りしたため、カージナルスとメジャー契約を結んだ[2]。同日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー。3点ビハインドの7回表から登板し、1回を無安打無失点1奪三振に抑えた[3]。リリーフとして23試合に登板していたが、防御率4.18と結果を残せず、7月18日にランディ・フローレスが故障者リストから復帰したため、AAA級へ降格した。8月6日に再昇格[4]。この年は41試合に登板し、3勝3敗7セーブ、防御率3.46だった。

2009年2月28日にカージナルスと1年契約に合意[5]。3月30日にAAA級メンフィスへ異動し[6]、開幕をAAA級で迎えた。AAA級では3試合に登板。1勝0敗2セーブ、防御率0.00と好投し、4月15日にクリス・カーペンターが故障者リスト入りしたため、メジャーへ昇格[7]。29試合に登板し、1勝1敗1セーブ、防御率4.18だった。

インディアンス時代[編集]

2009年6月27日にマーク・デローサとのトレードで、ジェス・トッドと共にクリーブランド・インディアンスへ移籍した[8]。移籍後は32試合に登板し、0勝1敗1セーブ、防御率4.32だった。

2010年ケリー・ウッドが故障で開幕から離脱したため、クローザーに抜擢。5月にウッドが復帰したため、セットアッパーに異動したが、7月31日にウッドが移籍したため、8月から再びクローザーに戻った。この年は63試合に登板し、2勝2敗23セーブ、防御率1.71だった。

2011年1月18日にインディアンスと222万5000ドルの1年契約に合意[9][10]。前半戦は36試合に登板し、21セーブ、防御率2.43と結果を残し、7月には自身初のオールスターゲームに選出された[11]。この年は64試合に登板し、4勝7敗36セーブ、防御率3.32だった。

2012年1月17日にインディアンスと450万ドルの1年契約に合意[12]。7月に2年連続で2度目となるオールスターゲームに選出された[13]。8月13日のロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム戦では、4点リードの9回裏から登板し、無安打無失点3奪三振に抑え、通算100セーブ目を挙げた[14]。この年は61試合に登板し、0勝4敗39セーブ、防御率3.59だった。

2013年1月18日にインディアンスと730万ドルの1年契約に合意した[15]第3回WBCアメリカ代表に選ばれるも、3月1日に右肩痛で辞退した[16]。開幕ロースター入りしたが、5月27日に右肩の故障が再発し、15日間の故障者リスト入りした[17]。6月27日に復帰[18]。この年は54試合に登板し、5勝3敗25セーブ、防御率4.33だった。オフの10月31日に放出された[19]

ドジャース時代[編集]

2013年12月24日ロサンゼルス・ドジャースと230万ドルの1年契約を結んだ[20][21]

2014年は開幕ロースター入りし、セットアッパーとして42試合に登板していたが、8月4日に右足首の怪我で15日間の故障者リスト入りした[22]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 STL 41 0 0 0 0 3 3 7 6 .500 177 41.2 34 5 22 0 1 42 2 0 18 16 3.46 1.34
2009 29 0 0 0 0 1 1 1 3 .500 106 23.2 17 3 15 0 3 30 4 0 12 11 4.18 1.35
CLE 32 0 0 0 0 0 1 1 4 .000 133 33.1 24 5 12 0 3 38 4 0 16 16 4.32 1.08
'09計 61 0 0 0 0 1 2 2 7 .333 239 57.0 41 8 27 0 6 68 8 0 28 27 4.26 1.19
2010 63 0 0 0 0 2 2 23 9 .500 260 63.0 40 4 28 3 5 61 4 0 15 12 1.71 1.08
2011 64 0 0 0 0 4 7 36 0 .364 248 59.2 46 5 26 4 3 39 1 0 24 22 3.32 1.21
2012 61 0 0 0 0 0 4 39 0 .000 242 57.2 49 6 16 1 2 59 0 0 25 23 3.59 1.13
2013 54 0 0 0 0 5 3 25 1 .625 243 54.0 56 11 21 2 4 54 1 0 27 26 4.33 1.43
通算:6年 344 0 0 0 0 15 21 132 23 .417 1409 333.0 266 39 140 10 21 323 16 0 137 126 3.41 1.22
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 63 (2008年)
  • 34 (2009年 - 同年途中)
  • 54 (2009年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ Cleveland Indians Salaries Player Salaries and Team Payroll - MLB Baseball” (英語). ESPN.com. 2011年7月13日閲覧。
  2. ^ Cardinals disable Jason Isringhausen”. MLB.com Cardinals Press Release (2008年5月16日). 2014年8月5日閲覧。
  3. ^ Scores for May 16, 2008”. ESPN MLB (2008年5月16日). 2014年8月5日閲覧。
  4. ^ Lee Hurwitz (2008年8月6日). “Lopez makes Cards debut in left field”. MLB.com. 2014年8月5日閲覧。
  5. ^ Seventeen Cardinals agree to terms on 2009 contracts”. MLB.com Cardinals Press Release (2009年2月28日). 2014年8月5日閲覧。
  6. ^ Cardinals send two players to minors”. MLB.com Cardinals Press Release (2009年3月30日). 2014年8月5日閲覧。
  7. ^ Cardinals place Carpenter on D.L.; Recall two from Triple-A Memphis”. MLB.com Cardinals Press Release (2009年4月15日). 2014年8月5日閲覧。
  8. ^ Indians acquire RHP Chris Perez and PTBN from the St. Louis Cardinals”. MLB.com Indians Press Release (2009年6月27日). 2014年8月5日閲覧。
  9. ^ Rafael Perez signed”. MLB.com Indians Press Release (2011年1月18日). 2014年8月5日閲覧。
  10. ^ Jordan Bastian (2011年1月18日). “Indians ink Choo, both Perez relievers for '11”. MLB.com. 2014年8月5日閲覧。
  11. ^ SS Asdrubal Cabrera & RHP Chris Perez Named to the 2011 All-Star Game”. MLB.com Indians Press Release (2011年7月3日). 2014年8月5日閲覧。
  12. ^ Jordan Bastian (2012年1月17日). “Choo among five avoiding arbitration with Tribe”. MLB.com. 2014年8月5日閲覧。
  13. ^ RHP Chris Perez & SS Asdrubal Cabrera earn consecutive AL All-Star honors”. MLB.com Indians Press Release (2012年7月1日). 2014年8月5日閲覧。
  14. ^ Scores for Aug 13, 2012”. ESPN MLB (2012年8月13日). 2014年8月5日閲覧。
  15. ^ Zack Meisel, Jordan Bastian (2013年1月18日). “Indians sign Perez, Smith to one-year deals”. MLB.com. 2014年8月5日閲覧。
  16. ^ Shoulder strain puts Perez out of Classic
  17. ^ Indians place RHP Chris Perez on 15-Day DL”. MLB.com Indians Press Release (2013年5月27日). 2014年8月5日閲覧。
  18. ^ http://cleveland.indians.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130627&content_id=51962076&vkey=pr_cle&c_id=cle”. MLB.com Indians Press Release (2013年6月27日). 2014年8月5日閲覧。
  19. ^ Indians release RHP Chris Perez”. MLB.com Indians Press Release (2013年10月31日). 2014年8月5日閲覧。
  20. ^ Dodgers sign Chris Perez”. MLB.com Dodgers Press Release (2013年12月24日). 2014年8月5日閲覧。
  21. ^ Mark Saxon (2013年12月24日). “Chris Perez joins Dodgers”. ESPN MLB. 2014年8月5日閲覧。
  22. ^ Dodgers place Chris Perez on 15-day DL, select contract of Carlos Frias”. MLB.com Dodgers Press Release (2012年8月4日). 2014年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]