キニー郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州キニー郡
Kinney courthouse.jpg
ブラケットビル市にあるキニー郡庁舎、ボザール古典様式で1910年に建設され、2004年にアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定された
キニー郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1850年
郡庁所在地 ブラケットビル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

3,535 km2 (1,365 mi2)
3,530 km2 (1,363 mi2)
5 km2 (2 mi2), 0.14%
人口
 - (2010年)
 - 密度

3,598人
1人/km2 (3人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.co.kinney.tx.us

キニー郡: Kinney County)は、アメリカ合衆国テキサス州の南西部に位置するである。2010年国勢調査での人口は3,598人であり、2000年の3,379人から6.5%増加した[1]郡庁所在地ブラケットビル市(人口1,688人[2])であり[3]、同郡で人口最大の都市でもある。キニー郡は1850年に設立され、郡名は初期開拓者のヘンリー・ローレンス・キニーに因んで名付けられた。

歴史[編集]

インディアン[編集]

キニー郡となった地域に最初に人類が住むようになったのは6,000年から10,000年まえのことであり、その後リパン・アパッチ族、メスカレロ・アパッチ族、コアウイルテク族、ジュマノ族、タマウリパス族、トンカワ族、コマンチ族などのインディアン部族が入ってきた。これらの部族は川やクリークに沿った岩陰に住み、その跡には人工物、貯蔵された種、道具、墓所、岩刻絵を残している[4][5]

探検[編集]

1665年サルティーヨの市長フェルナンド・デ・アスキュエが遠征隊を率いてこの地域を通過し、リオ・グランデ川を渡った最初のヨーロッパ人になった[6]フランシスコ会修道士マヌエル・デ・ラ・クルスが1674年にこの地域を探検した。1675年、フェルナンド・デル・ボスクがヌエストラ・スラ・デ・グアダルーペの町からリオ・グランデ川を遡る遠征隊を率いてこの地域を通過した。ボスクはフランシスコ会のフリアルス・フアン・ラリオスとディニシオ・デ・サン・ブエナベンチュラを伴っていた[7]。1688年、アロンソ・デ・レオンが、現在のブラケットビル近くのコアウイルテク族の中に、フランス人探検家でラ・サール探検隊の脱走者ジャン・アンリが、幾らか精神的に混乱した状態でいるのを発見した。その場所はアナカチョ山の中と考えられている[8]。18世紀の後半、この地域の中心部近く、ラスモラス・クリーク沿いにフランシスコ会の者達が集落を設営した[9]。1834年、イギリス人土地投機家のジョン・チャールズ・ビールスとジェイムズ・グラントがその地にドロレスと呼ぶ英語を話す人々の村を造ろうとした。通りの区画が決められ、59人の開拓者が入ってきたが、その計画は途中で放棄された[10]

郡の成立[編集]

1850年、テキサス州議会がベア郡の一部からキニー郡を設立し、ヘンリー・ローレンス・キニーに因んで名付けた[5]。1852年6月、ラスモラス・クリーク沿いにアメリカ合衆国陸軍がクラーク砦を設立し、米墨戦争で戦死したジョン・B・クラークに因んで名付けた[11]。1852年、ブラケットビルの町が設立され、ここに駅馬車の停車場を設け、町では最初の乾物屋を開いたオスカー・B・ブラケットに因んで、まずブラケットと命名され、後にブラケットビルと改名された。ブラケットはサンアントニオからエル・パソに至る駅馬車線の停車場になったが、インディアンの攻撃が続いていたために、当初の発展は大変緩りだった。1875年には町で最初の郵便局ができた[12]。1861年2月18日、アメリカ合衆国陸軍デイビッド・E・ツウィッグスの命令で、クラーク砦はテキサス・コミッションに降伏した。ツウィッグスはこの行動でアメリカ合衆国から解任され、その後は南軍に従軍した。3月19日にアメリカ軍が砦から出て、南軍のジョン・R・ベイラー大佐が指揮する部隊が占領した。この砦は南北戦争の終戦まで南軍の支配下にあったが、守備隊は駐屯しなかった。1866年12月、連邦軍の砦として再建された[13]

ブラック・セミノール[編集]

1872年初期、国境近くに住んでいたブラック・セミノール・インディアンが斥候隊として組織化され、クラーク砦に入った。他にも加わる者があり、1870年代半ばには総勢が400人ないし500人になった。その後19世紀が終わるまで、ラスモラス・クリーク添いの居留地に住んでいた。1914年、ブラック・セミノールはクラーク砦の居留地から排除されたが、その子孫の幾らかは現在でも郡内に居住している。1872年、クラーク砦にセミノール・インディアン斥候の墓地が造られた[14][15]

郡の組織化と成長[編集]

キニー郡は1874年に組織化された。1875年、最初の郡政府が置かれた。1876年、テキサス州議会が郡の境界を最終的に決定した後で、ブラケットビルが郡庁所在地に指定された[12]。1870年、郡内には牛が14,846頭がおり、1870年代の牛追いの時期には大量の牛が北方に向けて動かされた。1880年までに羊の数が55,597頭となって牛の7,966頭を上回り、期ニー郡は羊毛の重要な生産地になった[5]。1883年にガルベストン・ハリスバーグ・アンド・サンアントニオ鉄道が開通して、キニー郡の羊毛とモヘアが市場に運ばれやすくなった。これと同時に多くの開拓者が入ってくるようになった。1925年、テキサス・アンド・ニューオーリンズ鉄道の支線がスポットフォードの近くから建設され、リオ・グランデ川でメキシコ国有鉄道とを繋いだ[16]世界恐慌の時代、クラーク砦近くには市民保全部隊の大規模キャンプが設営され、地域の人々を雇用した。第二次世界大戦が始まると、羊毛とモヘアは防衛産業での需要が増した。クラーク砦は1846年に閉鎖された[5]。1950年代後半、ジェイムズ・T・"ハッピー"・シャハンがブラケットビルに近い牧場にアラモ・ビレッジを建設し、1960年のジョン・ウェイン主演で著名な映画『アラモ』が撮影された。この村は観光地として保存され、その後も数多い映画やドキュメンタリーの撮影場所として使われた。1969年、ハッピー・シャハンは18歳のジョニー・ロドリゲスを雇って、アラモ・ビレッジで歌わせたことが契機になり、ロドリゲスはスターダムに押し上げられた[17]。1991年、隣接するエドワーズ郡にも跨る広さ6,400エーカー (25.6 km2) のキカプー洞穴州立公園が公開された。2002年、郡民投票でキニー郡地下水保全地区が承認された[18]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,365平方マイル (3,535 km2)であり、このうち陸地1,363平方マイル (3,530 km2)、水域は2平方マイル (5 km2)で水域率は0.14%である[19]。キニー郡の西部はリオ・グランデ川でメキシコとの国境になっており、多くの支流がリオ・グランデ川に注いでいる[20]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1860 61
1870 1,204 1,873.8%
1880 4,487 272.7%
1890 3,781 −15.7%
1900 2,447 −35.3%
1910 3,401 39.0%
1920 3,746 10.1%
1930 3,980 6.2%
1940 4,533 13.9%
1950 2,668 −41.1%
1960 2,452 −8.1%
1970 2,006 −18.2%
1980 2,279 13.6%
1990 3,119 36.9%
2000 3,379 8.3%
2010 3,598 6.5%
U.S. Decennial Census[21]
Texas Almanac: 1850-2010[22]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 3,379人
  • 世帯数: 1,314 世帯
  • 家族数: 940 家族
  • 人口密度: 1人/km2(2人/mi2
  • 住居数: 1,907軒
  • 住居密度: 1軒/km2(1軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.7%
  • 18-24歳: 5.3%
  • 25-44歳: 21.5%
  • 45-64歳: 23.1%
  • 65歳以上: 24.3%
  • 年齢の中央値: 43歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 99.8
    • 18歳以上: 99.0

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 27.2%
  • 結婚・同居している夫婦: 61.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 6.4%
  • 非家族世帯: 28.4%
  • 単身世帯: 26.6%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 16.4%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.55人
    • 家族: 3.10人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 28,320米ドル
    • 家族: 32,045米ドル
    • 性別
      • 男性: 26,422米ドル
      • 女性: 16,250米ドル
  • 人口1人あたり収入: 15,350米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 24.0%
    • 対家族数: 19.2%
    • 18歳未満: 33.0%
    • 65歳以上: 16.1%

都市と町[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Kinney County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Brackettville, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Mescalero Apache History and Culture”. Mescalero Apache Telecom, Inc.. 2010年12月14日閲覧。
  5. ^ a b c d Long, Christopher. “Kinney County, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月14日閲覧。
  6. ^ Chipman, Donald E. “Fernando de Azcue”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月14日閲覧。
  7. ^ Chipman, Donald E. “Fernando del Bosque”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月14日閲覧。
  8. ^ Chipman, Donald E. “Alonso De León”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月13日閲覧。
  9. ^ Las Moras Creek”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月14日閲覧。
  10. ^ Riser, Carl Coke. “Beale's Rio Grande Community”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月14日閲覧。
  11. ^ Hudnall, Ken and Sharon (2005). Spirits of the Border V: The History and Mystery of the Lone Star State. Omega Press. pp. 266–267. ISBN 978-0-9626087-9-7. 
  12. ^ a b Brackettville, Texas”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年12月14日閲覧。
  13. ^ David E Twiggs - Find a Grave(英語)
  14. ^ Eckhardt, C F. “Lt. John Lapham Bullis and the Seminole Negro Scouts”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年12月14日閲覧。
  15. ^ Harvey, Bill (2003). Texas Cemeteries: The Resting Places of Famous, Infamous, and Just Plain Interesting Texans. University of Texas Press. p. 72. ISBN 978-0-292-73466-1. 
  16. ^ Spofford, Texas”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年12月14日閲覧。
  17. ^ Haenn, Bill and William F (2002). “Filming The Alamo and Creation of Alamo Village”. Fort Clark and Brackettville: Land of Heroes. Arcadia Publishing. pp. 115–129. ISBN 978-0-7385-2063-6. 
  18. ^ Schreiber, Colleen (2d March 2004). “Kinney County Another Field Of Battle In Texas Water War”. Livestock Weekly. 
  19. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  20. ^ Wikisource-logo.svg Kinney”. The American Cyclopædia. (1879). 
  21. ^ U.S. Decennial Census
  22. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯29度21分 西経100度25分 / 北緯29.35度 西経100.42度 / 29.35; -100.42