ガイアックス (燃料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガイアックスGAIAX)とは、かつて日本で発売されていた高濃度アルコール燃料のブランド名。1999年(平成11年)頃からベンチャー企業であるガイアエナジー株式会社韓国より輸入し、販売を開始した。

2003年(平成15年)8月28日から、揮発油等の品質の確保等に関する法律により販売が禁止されている。

成分[編集]

環境省の分析[1]によると、炭化水素分49.3%、イソブタノール 21.2%、イソプロパノール 12.0%、添加剤としてオクタン価向上剤の MTBE(メチルtert-ブチルエーテル)が17.4%であった。

原料は天然ガスであるとされる[2]

製造業者が主張するメリット[編集]

製造業者側は次のようなメリットを掲げて販売していた。

販売状況など[編集]

アルコールの持つ熱量がガソリンに劣るため、ガソリンと比較して燃費が相対的に高い。このため設定価格によっては、レギュラーガソリンと価格面での優位性が弱い、あるいはない場合がある。

一般のオートバイロータリーエンジンを搭載したマツダ車、水平対向エンジンを搭載したスバル車は、相性上の理由により給油が拒否されていた。また、比重計測による残燃料計を搭載する車への給油も推奨されていなかった。

当時の販売元のホームページでは下記の車種が給油非推奨とされていた[3]。(注釈部分以外は原文ママ)

  1. スバルの車両で2000ccのインタークーラーターボ車で馬力が280ps以上のM/T車[4]
  2. 日産レパードトヨタソアラなどの燃料タンク内特殊残量計使用のデジタルメーター車。
  3. オデッセィ プレステージ V6-3000cc 型式(E-RA5,GF-RA5)[5]
  4. 2サイクルエンジン使用のお車[6]
  5. 改造車
  6. オートバイ
  7. 自動車以外の機械など[7]
  8. 船(陸上使用以外の車両)

ガイアックスをめぐる議論[編集]

高濃度アルコール燃料については、それまで日本国内での流通がなく、またこのことから日本国内で使用される自動車はこのような燃料の使用を前提とした仕様になっていなかったため、次のような問題を引き起こした。

税負担について[編集]

高濃度アルコール燃料については既存税制の想定外であったことから、軽油引取税の対象とするのか、新たに揮発油税の対象とするのかという議論が生じた。結果として各自治体が軽油引取税を課税した[8]ことから、これを不服とした訴訟が各地で提起されたが、2006年(平成18年)に最高裁判決で課税処分は適法であるとの判断がなされた[9]

車両に与える影響について[編集]

2000年(平成12年)頃、高濃度アルコール燃料を使用した車両からの火災事故が発生した。しかし、他の原因の可能性もあり因果関係ははっきりしていない。自動車会社各社は、高濃度アルコール燃料が燃料パイプなど、鉄製部品やアルミ製部品の腐食の原因となることから自社製品に入れないよう警告を発表している。この件に関しては自動車工業会[10]国土交通省[11]経済産業省[12]、末端ユーザーを含めた論争になり、製造業者側も自社研究資料で反証を行った[13]

環境に与える影響について[編集]

2001年(平成13年)3月、環境省がガイアックスが環境へ与える影響について調査結果を発表した。これによると、ガソリンと比べ、一酸化炭素及び炭化水素の発生量は低いものの、窒素酸化物アルデヒド類の排出量は増加する傾向を示した。こちらでも、製造業者側と環境省が試験の手法について対立した[14]

石油関連団体の圧力について[編集]

2000年(平成12年)にテレビ朝日系列で放送された『サンデープロジェクト』のガイアックスの特集で石油関連団体・政治家の圧力が指摘された。放送の中で、備蓄用の大型タンクが借りられず安定供給ができないようにされていると報道。当時ガイアックスの備蓄用タンクは横浜にあるだけだった。(ガソリン代替新燃料ガイアックスが潰される 参考。)

この事は、バイオマスエタノールが日本国内で普及しない理由のひとつと指摘され、新エネルギーメタンハイドレートでも同問題が指摘されている。

流通の終焉[編集]

複数の販売会社が参入し一時的に市場が拡大、活性化したものの、高濃度アルコール燃料の問題についての報道やトラブルの風聞が広がり、徐々に販売の増加ペースが鈍化した。

2003年(平成15年)、安全上の理由から燃料の品質を規定する「揮発油等の品質の確保等に関する法律」が改正され[15][16]、ガソリンへのアルコール等の混合許容値は「エタノールは混合率3%まで、その他含酸素化合物は含酸素率1.3%まで」と定められた。これにより高濃度アルコール燃料の販売が禁止されることとなり[17]、高濃度アルコール含有燃料販売業者は一挙に減少した。この時できた法律により日本でのバイオマスエタノール普及が阻害されていると指摘されている。

2010年現在、ガイアエナジーは自身のホームページのアドレスを売りに出しており[1]、現在の動向は不明である。登記簿上でも2003年3月15日付で本店を移転したのを最後に動きがなくなっており、休眠状態のまま現在に至っている。

バイオガソリンとの相違[編集]

温暖化対策の一環として普及促進が検討されているバイオエタノール混合ガソリン(いわゆるバイオガソリン)は、植物を原料とするエタノール(エチルアルコール)を用いられるのに対し、ガイアックスに含まれるアルコールは天然ガスを原料としたメタノール(メチルアルコール)が用いられているとされる。したがって、ガイアックスは化石燃料の一種であり、カーボンニュートラルとは考えられない。

高濃度アルコール燃料の種類(商品名)[編集]

  • ガイアックス
  • エピオン
  • イクシオン
  • ゴールドライズ
  • ジンガー
  • エルニーニョ
  • クリアス
  • クリアスネオ
  • シアース
  • グリーンフュエル
  • ECO(エコ)

このうちエピオンを出していたのはガイアックス株式会社[18]であり、非常にややこしい。これは同社がガイアエナジーの元販売代理店だったものの契約が破棄されて独自展開をするに至ったためである。

参照[編集]

  1. ^ アルコール系燃料(ガイアックス)の排出ガス実態調査の調査結果について - 2001年(平成13年)3月1日環境省報道発表資料
  2. ^ 超低公害新自動車燃料「ガイアックス」に関する質問主意書平成12年8月2日提出質問第5号 提出者石井紘基
  3. ^ ガイアエナジー - ガソリン - Car Life~クルマ専門リンク集~
  4. ^ EJ20ターボ搭載の初代スバル・インプレッサWRXや、2代目スバル・レガシィGT-Bおよび同RSなど
  5. ^ 車両火災が集中して発生した為。新燃料『ガイアックス』がエンジンを壊す---ホンダが異例の注意勧告を実施 - レスポンス.jp 2001年8月9日
  6. ^ 1980年代以前の軽自動車など
  7. ^ 草刈機農業機械石油発動機など
  8. ^ 衆議院議員石井紘基君提出超低公害新自動車燃料「ガイアックス」に関する質問に対する答弁書内閣衆質149第5号平成12年9月1日
  9. ^ 「軽油引取税決定処分等取消請求事件」2006年(平成18年)6月19日最高裁判所第二小法廷判決
  10. ^ 高濃度アルコール含有燃料の使用について社団法人日本自動車工業会HP(2001年(平成13年)8月9日)
  11. ^ 高濃度アルコール含有燃料に関する安全性等調査委員会について 国土交通省HP
  12. ^ 高濃度アルコール含有燃料によるトラブル・事故防止のための注意喚起について2002年(平成14年)10月3日経済産業省・国土交通省プレスリリース
  13. ^ ただし、製造業者側が実施した検証は、実際の自動車の使用実態を踏まえていない緩やかな条件で行った試験結果をもって安全性を判断しているところが散見され、科学的に不適切であり、かつ製造者の責任及び消費者保護の観点からも不十分な内容であると指摘されている。
  14. ^ ただし、製造業者側の主張は、触媒のついていないエンジンを前提とするなど(1973年(昭和48年)自動車排出ガス規制の時点で触媒反応方式等による自動車排出ガス減少装置の備え付けが義務付けられている)、実際の自動車の使用実態を踏まえているとは言いがたい内容であった。
  15. ^ 揮発油等の品質の確保等に関する法律の一部を改正する法律案経済産業省報道発表(同法案は平成15年5月成立)
  16. ^ 揮発油等の品質の確保等に関する法律施行規則の改正案について(概要)2003年(平成15年)6月26日資源エネルギー庁資源・燃料部石油精製備蓄課・石油流通課
  17. ^ 「高濃度アルコール含有燃料は、車の安全にNO!環境にNO!」経済産業省・資源エネルギー庁HP
  18. ^ ガイアックス株式会社はエピオンの販売禁止後環境機器販売に業態変更したものの、エピオンの後始末が重荷となって2004年に事業を停止。2005年12月にカウシス株式会社に社名変更、2010年4月21日には東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

関連項目[編集]