カズン (歌手グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カズンcousinとも表記)は、古賀いずみと漆戸啓のいとこ(従姉弟)同士による日本ポップスデュオ。カズンは英語でいとこの意味である(ただし単数形)。1995年キューン・ソニーレコードよりデビューした。ウガンダ共和国親善大使。国連女性機関さくら親善大使。

年譜[編集]

  • 1992年:それまで別々に音楽活動をしていた2人が東京のスタジオで再会し、デュオを結成。
  • 1993年:共通の祖母が逝去。祖母に捧ぐオリジナルソング「おばあちゃんの誕生日」(アルバム『ふたりのSomeday』に再録)を制作、これを起点に「イトコーズ」名義でライブ活動を始めた。シングル「愛なんて信じない」でカズンとしてデビュー(1995年)。
  • 1995年:10月にリリースした3枚目のシングル「冬のファンタジー」が、サッポロビール「冬物語」シリーズのCMソングに起用され、70万枚以上の売り上げを記録する大ヒット作品になった。
  • 以後「水曜日に会いましょう」(メナード「ジュピエルリップスティック」CMソング)、「夢追いかけて」(松竹映画『宮沢賢治-その愛』主題歌)、「ふたりのSomeday」(明治乳業「明治LOVE」CMソング)はじめとして、大型タイアップを多数獲得する。
  • 2001年テイチクレコードへ移籍。移籍後第1弾のシングル「ひまわり」がボランティア国際年サポートソングとして広く認知される。
  • 9・11テロを契機に開催された「アフガニスタン難民チャリティーコンサート」に参加。同年、直接現地に赴き、先のチャリティーで集まった義援金1756万円を届けた。
  • 2004年:「風の街」を発表。NHK-BSの番組『列島縦断 鉄道12000キロの旅 〜最長片道切符でゆく42日〜』のテーマソングとして幅広い層に愛唱された(インディーズチャート第1位獲得)
  • 2005年ハービー・ハンコックウェイン・ショーターらと共に(広島長崎被爆60周年)世界青年音楽祭に出演。また、広島県廿日市市の子供たちとコラボレートして「平和を願うコンサート」が実現した。以降、今日に至るまで継続的に開催されている。このコラボレーションが起点となって誕生した楽曲「僕が君から借りたもの」は、中国電力のCMソングでもある。その後、カナダで開催されたカズンコンサートも、廿日市市の子供たちとのコラボコンサートが淵源となって実現した。
  • 2008年:ブラインドサッカー応援ソングとして制作した「キミノコエ」「GOAL」が、同競技アジア選手権大会の公式応援ソングに認定される。
  • 2010年岩崎良美とのコラボレーションパッケージで『岩崎良美×カズン 七色音色〜なないろねいろ〜』と題したコンサートツアーが全国各地で開催される。
  • 2011年:JICA(国際協力機構)が中心に推進する国際協力プラットフォーム「なんとかしなきゃ!プロジェクト」著名人メンバーに任命される。
  • 2012年:UN Women(国連女性機関)さくら親善大使に任命される。
  • 2013年:アフリカ、ウガンダ共和国の子どもたちとの現地レコーディングによるコラボレーション『The Pearl of Africa』が実現する。
  • 2013年:11月12日、ウガンダ共和国の親善大使に任命される。

1995年から1998年まではキューンレコード2001年から2004年まではテイチクレコードに所属。2004年のアルバム『おかえりなさい』以降の作品は、「cousin as always label」というインディペンデントレーベルからリリースしている。

メンバー[編集]

古賀 いずみ(こが いずみ、4月24日生[1]) 

ボーカル(女声)担当。東京都出身。創価大学経済学部卒。
幼少の頃から歌うことが大好き。小学1年生の七夕には短冊に「将来は歌手に」と書いた。小学4年生より東映児童研修所に所属し、「古賀泉」名義で子役として活動していた。代表作は『ぐるぐるメダマン』のアズキアライ役。
大学時代は「ライト・ミュージック」という音楽サークルで活動した。在学中に通い始めたビクター音楽カレッジ学内ボーカルオーディションで「ホープ賞」を受賞し、『海が見える場所から』でレコードデビューした(ビクターレコード)。
卒業後は、NTV系列『ルックルックこんにちは』の「こころの歌コーナー」にレギュラー出演、童謡唱歌を歌う。
さらに、CMソング歌唱・TVのコーラス出演等多数を経て、1995年にカズンとして再デビュー。
2007年「歌の宝箱・虹の会」を発足し、地域密着型『親子ファミリー“歌”のコンサート』を開始。
現在カズンの活動の傍らソロとして“R40”スタイルのライブ(40歳以上限定?カバー曲を歌う)もおこなっている。
2009年、初のソロアルバム『君が眠ったあとに』(キャンディレコード)をリリース。
一人娘の母親であることから、最近ではアラフォー世代の母親(PTA)からのオファーも多く、学校の教室等にてトーク&ライブを展開中。ソロの歌声と卑近なトークは抱腹絶倒、好評を博している。

漆戸 啓(うるしど ひろし、1973年5月13日[2]) 

ボーカル(男声)、ピアノを担当する他、作詞・作曲、アレンジなどを担当。
千葉県松戸市出身。創価高等学校から尚美学園短期大学(現・尚美学園大学)音楽学科作曲専攻卒。
カズンの活動以外にも、株式会社F.M.F所属の作家として、様々なアーティストに曲の提供(作曲や編曲など)などをしている。
  • 岩崎良美30周年アニバーサリーアルバム『赤と黒から…I』プロデュース、楽曲提供、編曲
  • ドリーミング20周年記念アルバム『夢のアルバム』プロデュース、楽曲提供、編曲
  • 天童よしみ30周年記念シングル「梅いちりん」作編曲、カップリング曲 「あの頃の鳳仙花」 作編曲
  • 大沢誉志幸シングル「トパーズ」、アルバム『love life』編曲
  • 松本明子シングル「soon」編曲(カップリング曲とも)
  • Jimmy and the Vividsデビューシングル「Boogie Woogie Train」 他 作編曲
  • 岩崎良美「モノクローム」作詞、作編曲、他アルバム編曲
  • 石野真子「金木犀の香る頃」 作編曲
  • ロスインディオス45周年記念アルバム 編曲
  • Sista Fiveアルバム 「Dear...」
  • カナダOMNI TV制作のドキュメンタリーフィルム『No More Hiroshima No More Nagasaki』(2007年) - 音楽担当 カナダバンクーバーフィルムフェスティバル2007'にてthe Best Canadian Documentary最高賞受賞
  • NHK『列島縦断 鉄道12000キロの旅 〜最長片道切符でゆく42日〜』テーマソング及び音楽担当、楽譜出版監修
  • 埼玉テレビ日中国交正常化30周年記念番組 音楽担当

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 愛なんて信じない(1995年3月24日)
  2. ベルが鳴った(1995年7月1日)
  3. 冬のファンタジー(1995年10月16日)
  4. 想い出をつくろう(1996年1月21日)
  5. 水曜日に会いましょう(1996年2月26日)
  6. 夢追いかけて(1996年8月26日)
  7. サイレントナイト(1996年11月21日)
  8. HAPPY RAIN(1998年1月14日)
  9. クレッシェンド(1998年8月21日)
  10. ひまわり(2001年7月25日)
  11. 月と星と太陽と(2002年6月21日)
  12. 風の街(2004年7月7日)
  13. 僕が君から借りたもの(2006年8月6日)
  14. ココロの色(2009年10月1日)

アルバム[編集]

  1. 彼と彼女の夏(1995年5月21日)
  2. ラブ&スマイル(1996年5月20日)
  3. ふたりのSomeday(1997年1月1日)
  4. tomato baby(1998年12月12日)
  5. Cousin Golden☆Best(2002年11月20日) ベストアルバム
  6. おかえりなさい(2004年1月15日)
  7. 風の唄(2004年11月25日) ミニアルバム
  8. ten(2006年1月11日)

ラジオ[編集]

  • カズンのフレンズ・フォーエバー(music bird)(JFN系列、1998年頃から)
  • カズン古賀いずみの「虹色ラジオ」(music bird)(JFN系列、2010年7月3日から)

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • JAPANESE DREAM - 「ひまわり」が2001年7月JDグランプリ受賞曲を獲得。
  • R40

外部リンク[編集]