オーギュスト・エスコフィエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・オーギュスト・エスコフィエ
Georges Auguste Escoffier
生誕 1846年10月28日
フランスの旗 フランス、ヴィルヌーヴ=ルーベ
死没 1935年2月12日(満88歳没)
フランスの旗 フランスパリ
職業 シェフ
配偶者 あり
補足

ジョルジュ・オーギュスト・エスコフィエGeorges Auguste Escoffier1846年10月28日 - 1935年2月12日)は、フランスシェフ

概略[編集]

レストラン経営と料理考案・レシピ集の著述を通じて、伝統的なフランス料理の大衆化・革新に貢献した事で知られる。現在にいたるフランス料理発展の重要なリーダーとして、シェフと食通の間で偶像視されている。

築いた技法の多くは、フランス料理の創始者として知られるシェフ、アントナン・カレームの技法を基礎としている。エスコフィエの最大の功績は、カレームを基礎としながらも、カレームが築き上げた、精巧で装飾的な意味合いの濃厚な料理を単純化し、調理法を体系化する事によって、フランス料理現代化の先鞭をつけたことにある。

エスコフィエの改革は料理そのものに止まらず、シェフという職に、残忍さや酩酊に代わり、規律と節制という気風を持ち込み、シェフ職の社会的地位の向上に貢献したことが功績の1つに数えられている。また、厨房各々のセクションにシェフ・ド・パルティ(chef de partie、部門シェフ)を置くシステム「ブリゲード・ド・キュイジーヌ」を発案、自身の厨房を再編した。一度にすべての料理を供するサービスが主流だったフランス料理に、コースメニューを導入した事でも知られている。

なお、エスコフィエの名は料理人に授けられる栄誉称号 「ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ」(オーギュスト・エスコフィエの弟子との意)として現在も残っている[1]

略伝[編集]

生い立ち[編集]

アルプ=マリティーム県ヴィルヌーヴ=ルーベ英語版で生まれ、はじめ叔父のもとで工芸家としての修行をしていた。その叔父の死により、13歳で、ニースにある別の叔父が経営するレストランで見習いを始める。

パリへ[編集]

1865年パリのレストラン「ル・プティー・ムーラン・ルージュ」に転職し、1870年普仏戦争が勃発するまでそこで働いた。普仏戦争勃発後、フランス軍に召集され、軍の参謀本部第二部付きのシェフとなった。この間、軍隊で、不十分な素材をいかに調理するかという技術を会得した。エスコフィエは高名になった後も、普仏戦争の従軍体験から政府に缶詰工場建設の提言をしている。

独立[編集]

1878年に、自身が経営するレストラン「フザン・ドレ」(Faisan d'Or、黄金のキジの意)を開店した。1880年、デルフィーヌ・ダフィと結婚。1884年、エスコフィエ夫妻はモンテカルロに移り、グランド・ホテルの料理長に就任した。

リッツとの出会い[編集]

この時代のコート・ダジュールは冬の行楽地だったことから、夏期に厨房を任されていたルツェルンのホテル・ナショナルで、セザール・リッツと出会った。2人は協力することを約束し、エスコフィエは1890年ロンドンサヴォイ・ホテルに移籍した。この協力関係は、ローマのグランド・ホテルや世界中に散在するホテル・リッツなど、いくつもの有名ホテルの設立に結実することとなる。

サヴォイ・ホテルの料理長に就任したエスコフィエは、現在でも著名な料理をいくつも考案している。例えば、オーストラリア歌手ネリー・メルバを記念して1893年に作られた「ピーチ・メルバ」というデザートや、食通として知られたイタリアの作曲家ジョアキーノ・ロッシーニを記念して名づけられた「ヒレ肉のロッシーニ風」(トルヌード・ロッシーニもしくはトルネード・ロッシーニ)などが挙げられる。

ところが、1897年、厨房内の膨大な数のワインの紛失や、エスコフィエが手数料をとって個人的に定員外の助手を雇い入れていた事などが不祥事として表面化し、エスコフィエは責任を取って、リッツとともにサヴォイ・ホテルを辞した。

その後、エスコフィエとリッツは、1898年には、パリにホテル・リッツを、その翌年には、ロンドンにカールトン・ホテルをと立て続けにホテルを開業させている。この際に、エスコフィエはレストランに初めてコースメニューを導入している。

リッツは、1901年に神経衰弱で倒れ、衰えが目立つようになり、エスコフィエは、その死後1919年まで、リッツ・ロンドンやカールトン・ホテルの運営に携わった。この時期、後のベトナムの政治指導者ホー・チ・ミンがカールトン・ホテルの厨房に勤務しており、ペーストリー・シェフの見習いとしてエスコフィエの薫陶を受けている。

様々な活躍[編集]

リッツとそのホテルでの活動以外にも様々な分野で活躍し、1903年、エスコフィエは初の主著『料理の手引き』(Le Guide Culinaire)を出版した。『料理の手引き』には5,000ものレシピが掲載されており、フランス料理の世界では、この本の重要性は、どれほど評価してもしたりないものと一般に考えられている。今日なお『料理の手引き』は、古典料理のレシピ集・教科書として用いられている。

1906年、エスコフィエは、ドイツのハンブルク=アメリカ汽船が運航している客船「アメリカ号」の船内レストランの顧問となり、そのためのメニューを考案した。「アメリカ号」の処女航海の前日、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は船を訪問、エスコフィエの料理を堪能し、「私はドイツ皇帝だが、あなたは料理の皇帝だ」という賛辞を与えたという。

晩年[編集]

1919年までリッツ・ロンドンやカールトン・ホテルの運営に携わった。1920年、シェフとして初のレジオンドヌール勲章(シュバリエ、勲爵士)受章者となり、1928年には同勲章のオフィシエ(将校)を受章している。1935年、エスコフィエは、妻の死の数週間後に89歳で没した。

脚注[編集]

  1. ^ 例えば、日本などでもフランス料理シェフで組織する「日本エスコフィエ協会」(会長ホテルオークラ名誉総料理長剣持恒男)が優れた料理人に対してこの称号を授与している。関連報道として「国内フランス料理界が栄誉称号 石田シェフ 37年目の感無量」『読売新聞2005年6月21日東京朝刊秋田版34頁、「北九州のシェフ2人に栄誉称号 日本エスコフィエ=北九州」『読売新聞』2006年7月19日西部朝刊北九州版32頁参照。

参照文献[編集]

関連書籍[編集]

  • オーギュスト・エスコフィエ、角田明訳 「エスコフィエ フランス料理」 柴田書店ISBN 4388056588 大著
  • オーギュスト・エスコフィエ、大木吉甫訳 「エスコフィエ自伝 フランス料理の完成者」
中央公論新社中公文庫BIBLIO]、2005年 ISBN 4122045444、元版は同朋舎出版、1992年
  • オーギュスト・エスコフィエ、辻静雄編訳 「エスコフィエとともに一年を 料理長の手帖」 木耳社 1980年
  • ミシェル・ガル、金山富美訳 「味覚の巨匠 エスコフィエ」 白水社2004年 ISBN 4560039992
  • 辻静雄 「エスコフィエ 偉大なる料理人の生涯」 同朋舎出版、1989年、新版「辻静雄著作集」 新潮社全1巻、1995年

関連項目[編集]