オレウロペイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレウロペイン
識別情報
CAS登録番号 32619-42-4
PubChem 5281544
ChemSpider 16735940
特性
化学式 C25H32O13
モル質量 540.514
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オレウロペイン: Oleuropein)はオリーブイボタノキの葉から見つかる化合物であり、10-hydroxyoleuropein、ligstroside及び10-hydroxyligstrosideなどの化合物と密接に関連している。これらの化合物はすべてエレノール酸チロソールエステルであり、エレノール酸はさらにヒドロキシル化およびグリコシル化されている。オレウロペインとその代謝物であるヒドロキシチロソールは、生体内(in vivo)でも試験管内(in vitro)でも強力な抗酸化作用を示しており、エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルの苦い辛味の元となっている。オレウロペインの食餌は、免疫系を強化すると言われている[1]。ラットを使用した研究では、オレウロペインは褐色脂肪組織に含まれるサーモゲニンen:Thermogenin)を増加させることにより熱発生en:Thermogenesis)を高め、ノルアドレナリンアドレナリン分泌を高めたと報告[2]されている。

脚注[編集]

  1. ^ Sudjana AN, D'Orazio C, Ryan V, Rasool N, Ng J, Islam N, Riley TV, Hammer KA (May 2009). “Antimicrobial activity of commercial Olea europaea (olive) leaf extract”. Int J Antimicrob Agents 33 (5): 461–3. doi:10.1016/j.ijantimicag.2008.10.026. PMID 19135874. 
  2. ^ http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19001767

外部リンク[編集]

関連[編集]