チロソール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チロソール
識別情報
CAS登録番号 501-94-0 チェック
PubChem 10393
ChemSpider 9964 チェック
特性
化学式 C8H10O2
モル質量 138.164 g/mol
融点

91–92 °C

沸点

158 °C at 4 Torr

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チロソール:Tyrosol)は、様々な天然物に存在するフェノール系の抗酸化物質である。ヒトがチロソールを摂取する機会が多いのはオリーブ・オイルからである。チロソールは、フェネチルアルコールの誘導体である。

抗酸化物質としてチロソールは細胞の酸化による損傷を防ぐことができる[1]。チロソールはオリーブ・オイルに存在する他の抗酸化物質ほど作用が高いわけではないが、重要な全体効果をもたらすことのできる高い濃度と生体への有用性を示す[2] 。この効果は、地中海料理で一般的であるオリーブ・オイルによる有意な健康保持に貢献している可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ Giovannini C, Straface E, Modesti D, Coni E, Cantafora A, De Vincenzi M, Malorni W, Masella R (1999). “Tyrosol, the major olive oil biophenol, protects against oxidized-LDL-induced injury in Caco-2 cells”. J. Nutr. 129 (7): 1269–1277. PMID 10395586. 
  2. ^ Miró-Casas E, Covas M, Fitó M, Farré-Albadalejo M, Marrugat J, de la Torre R (2003). “Tyrosol and hydroxytyrosol are absorbed from moderate and sustained doses of virgin olive oil in humans”. European journal of clinical nutrition 57 (1): 186–190. doi:10.1038/sj.ejcn.1601532. PMID 12548315. 

関連項目[編集]