in vivo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

in vivo(イン・ビボ)の由来はラテン語で、意味は「生体内で」。

in vivoでの実験は各種の条件が人為的にコントロールされていない条件という意味でもあり、このため in vitro と区別される。具体的には細胞内での反応などがこれにあたる。

生化学分子生物学などで反応が生体内で起きていることを、対義語である in vitro と対比するためにこの表現が用いられることが多い(例:試験管内における実験では~の結果になり、生体内の~という現象と一致する)。

In vivo と in vitro との区別は研究分野によって多少異なる。個体あるいはその組織臓器を対象としている生理学などでは、個体を扱えば in vivo、それから取り出した組織等を扱えば in vitro となる。一方細胞以下のミクロな対象を扱う細胞生物学や分子生物学では、培養した細胞を扱えば in vivo 、細胞から取り出した細胞内器官や物質(DNA蛋白質)を扱えば in vitro ということが多い。つまりどのレベルを「生きている」と見るかの違いである。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]