エジプト数学革巻き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エジプト数学革巻き(エジプトすうがくかわまき、英語:The Egyptian Mathematical Leather Roll、略称EMLR)は、古代エジプトの数学文書であり、エジプト中王国時代の文献である。スコットランドの弁護士・古物研究家であるアレクサンダー・ヘンリー・リンドAlexander Henry Rhind)が入手した。

概要[編集]

テーベで出土したとされ、リンドは1858年に入手した。1864年から、同じくリンドが所有していたリンド数学パピルスとともに大英博物館に保管されている。長さ25センチ、幅43センチの形状をしている。無名の書記によってヒエラティックで書かれており、リンド数学パピルスと同時代のものと見られ、1927年に公開された。リンド数学パピルスの内容の理解を助ける内容で、エジプト式分数単位分数の分解式が26個書かれていた。しかし公開当初は重要性が認識されず、のちの分析によって明らかになった。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]