エカテリーニ・タヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エカテリーニ・タヌー Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム エカテリーニ・タヌー
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
種目 短距離走
生年月日 1975年2月1日(39歳)
生誕地 ギリシャアテネ
身長 165cm
体重 56kg
自己ベスト 100m : 10秒83(1999年)
 
獲得メダル
ギリシャの旗 ギリシャ
陸上競技
オリンピック
2000 シドニー 女子 100 m
世界陸上選手権
1999 セビリヤ 女子 100 m
2001 エドモントン 女子 100 m
ヨーロッパ陸上選手権
1998 ブダペスト 女子 100 m
2002 ミュンヘン 女子 100 m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

エカテリーニ・タヌーギリシア語: Αικατερίνη (Κατερίνα) Θάνουラテン翻字: Ekaterini (Katerina) Thanou1975年2月1日 - )は、ギリシャの陸上競技選手。2000年シドニーオリンピックの銀メダリストである。

経歴[編集]

タヌーは、2000年シドニーオリンピックの女子100mで、アメリカマリオン・ジョーンズに次いで、2位でゴール。銀メダルを獲得した。ところが、2007年になって、ジョーンズが、シドニーオリンピックの前と、オリンピック期間中に禁止薬物を使用していたことを告白したため、金メダルを剥奪された。しかし、銀メダリストのタヌーにも疑わしい過去があることからか、繰り上がりの金メダルを獲得するにいたっていない。

疑惑[編集]

タヌーは、2004年に地元で開催されるアテネオリンピックで金メダルの獲得が期待されていた選手であった。しかし、タヌーとともに金メダルの期待が高かった練習パートナーのコンスタンティノス・ケンテリス(シドニーオリンピック男子200m金メダリスト)には常にドーピングの疑惑が付いて回っていた。IOCは、オリンピック開会前に、2人に検査を受けさせるよう何度も迫っていたが、その都度逃げられていた。ついに開会式前日、抜き打ちで検査を実施すべく2人を訪問したが、不在であった。ところが直後、2人はバイク事故でけがをして病院に搬送されたというニュースが入ってきた。これにより、2人に対し、ドーピングをしているのではないかとの疑惑の目がますます強く向けられることとなった。疑惑が強くなっていったことで、とうとう2人はIOC委員会に出頭し、オリンピック出場辞退を発表した。

その後、ギリシャの公的機関の調査により、2人の身に降りかかった疑惑の事故は芝居であることが判明した。2人に対し、国際陸連は、3度目の検査忌避に対し、暫定的に2004年12月22日までの出場停止を言い渡した。その後も、2人のコーチが大量の禁止薬物を製造業者から受け取っていた疑惑などが明らかになった。

スポーツ仲裁裁判所による長い審理の末、2006年6月26日に国際陸連と2人はついに和解した。内容は、2人は3度の検査忌避に対し、2006年12月22日までの出場停止処分という内容であった。

出場停止明け後、タヌーは、2007年2月のヨーロッパ室内陸上に出場。しかし、60mの決勝で6位、さらに観衆からブーイングまで浴びせられる結果に終わった。

自己ベスト[編集]

  • 100m - 10.83秒 (1999年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1995 ユニバーシアード 福岡(日本) 100m 2位 11秒30
1996 ヨーロッパ室内陸上選手権 ストックホルム(スウェーデン) 60m 1位 7秒15
1997 ユニバーシアード シチリア(イタリア) 100m 1位 11秒20
1998 ヨーロッパ陸上選手権 ブダペスト(ハンガリー) 100m 3位 10秒87
1999 世界室内陸上選手権 前橋(日本) 60m 1位 6秒96
1999 世界陸上選手権 セビリヤ(スペイン) 100m 3位 10秒84
2000 ヨーロッパ室内陸上選手権 ストックホルム(スウェーデン) 60m 1位 7秒05
2000 オリンピック シドニー(オーストラリア) 100m 2位 11秒12
2001 世界陸上選手権 エドモントン(カナダ) 100m 3位 10秒91
2001 世界陸上選手権 エドモントン(カナダ) 4×100mリレー 6位 43秒25
2002 ヨーロッパ陸上選手権 ミュンヘン(ドイツ) 100m 1位 11秒10
2003 世界陸上選手権 パリ(フランス) 100m 4位 11秒03

外部リンク[編集]