ウェイン・オルウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェイン・オルウィン
生年月日 1947年2月7日
没年月日 2009年5月18日(満62歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州グレンデール
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 声優音響効果編集者、音響効果技師
活動期間 1977年 - 2009年
配偶者 ルシー・テイラー(1991年結婚、2009年死別)

ウェイン・アンソニー・オルウィンWayne Anthony Allwine1947年2月7日 - 2009年5月18日[1])はアメリカ合衆国声優ウォルト・ディズニー・スタジオ音響効果担当。

ミッキーマウスの3代目担当声優で、1977年から2009年までの32年間ミッキーマウスを演じた。

略歴[編集]

カリフォルニア州グレンデール生まれ。高校生の頃から学校劇で演じたり、音楽グループを結成したりしていた[2]

1966年にウォルト・ディズニー・スタジオに入社し、郵便室で働いた[1][2]。その後音響効果部門に移り、1977年からジム・マクドナルドに代わりミッキーマウスを演じ、亡くなる2009年まで演じた。デビュー作は子供向けバラエティ番組『The New Mickey Mouse Club』(1977年 - 1978年)で、冒頭のアニメに声を吹き込んだ。映画では『ミッキーのクリスマスキャロル』(1983年)がデビュー作となった。

ほか、主演作品に映画『ミッキーの王子と少年』(1990年)や『ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士』(2004年)、テレビ番組『ミッキーマウス・ワークス』(1999年 - 2000年)、『ハウス・オブ・マウス』(2001年 - 2003年)、『ミッキーマウス クラブハウス』(2006年 - 2009年)がある。スクウェア・エニックスとの合作であるビデオゲーム『キングダム ハーツ』シリーズにもほとんどの作品にミッキーマウスの声を提供した。

声優業の傍ら、映画『スプラッシュ』(1984年)、『スリーメン&ベビー』(1987年)、『インナースペース』(1987年)、『エイリアン・ネイション』(1988年)、『スタートレックV 新たなる未知へ』(1989年)には音響効果担当スタッフとして参加した。

私生活[編集]

オルウィンは1991年、ミニーマウスの担当声優ルシー・テイラーハワイで結婚した。2008年には夫妻でディズニー・レジェンドを受賞した。

2009年5月18日、糖尿病による合併症のためロサンゼルスのUCLA医療センターで息を引き取った。テイラーは最期を看取った。遺作となったニンテンドーDS用ゲーム『キングダム ハーツ 358/2 Days』の英語版と、同年10月25日に放送された『ミッキーマウス クラブハウス』の第61話「Choo-Choo Express」はオルウィンに捧げられている。

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ジム・マクドナルド
ミッキーマウス原語版声優
3代目(1977年~2009年)
次代:
ブレット・イワン