わいら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
著者不詳『化物づくし』より「はいら」
鳥山石燕画図百鬼夜行』より「わいら」

わいらは、佐脇嵩之の『百怪図巻』、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』などの日本の古典の妖怪絵巻にある妖怪

概要[編集]

絵巻では、巨大なのような体に、前足には太く鋭い鉤爪を1本ずつ持った姿で描かれている。いずれの画も上半身のみであり、下半身を描いた画は確認されておらず、全身像も明らかになっていない[1]

いずれの絵巻にも名称以外の解説文が一切なく、民間伝承を解説した書物も存在しないため、どのような妖怪を意図して描かれたかは不明[2]。「畏(わい)」とは「恐れる」「怖れる」を意味し、畏畾(わいらい)とは「かしこまる」「その場に畏(おそ)る」を意味することから、これらの言葉がわいらの這いつくばった姿に繋がるとの指摘もある[1]。また、『百怪図巻』『画図百鬼夜行』のいずれも「わいら」と「おとろし」と並べて描いていることから、「恐い(わいら)」「恐ろしい(おとろし)」を具現化した2体で一対の妖怪だとする解釈もある[3]

美術史学者の辻惟雄は『百怪図巻』の異本『化物づくし』を取り上げ、「わいら」を「ガマの変形らしい緑色の怪物」と解説している[4](画像参照)。昭和以降の妖怪関連の文献での記述によれば、ガマが年を経て霊力を得て妖怪化して山奥に住んでいるもので、体色は緑色[5]、もしくは雄が土色、雌は赤色をしているともいい[6]、前足の鉤爪で土を掘り返して小動物を食べるとされる[7]

茨城県の山中でモグラを食べているわいらが目撃されたとの説もあるが[6]、妖怪研究家の多田克己村上健司らの指摘によれば、この説の原典は作家・山田野理夫の著書『おばけ文庫』であり、山田が子供向けに創作したものと指摘されている[8][9]。ただし山田自身は創作ではなく、出典元は失念したもののどこかで見たものだと主張している[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 多田克己 『妖怪図巻』 京極夏彦・多田克己編、国書刊行会2000年、153頁。ISBN 978-4-336-04187-6
  2. ^ 多田克己 『百鬼解読』 講談社講談社文庫〉、2006年、206頁。ISBN 978-4-06-275484-2
  3. ^ 妖怪ドットコム 『図説 妖怪辞典』 幻冬舎コミックス2008年、90頁。ISBN 978-4-344-81486-8
  4. ^ 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会、1992年、80頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  5. ^ 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社1997年、336頁。ISBN 978-4-88317-283-2
  6. ^ a b 水木しげる 『図説 日本妖怪大全』 講談社〈講談社+α文庫〉、1994年(原著1991年)、495頁。ISBN 978-4-06-256049-8
  7. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、86頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  8. ^ 京極夏彦・多田克己・村上健司 『完全復刻 妖怪馬鹿』 新潮社新潮文庫〉、2008年(原著2001年)、311-312頁。ISBN 978-4-10-135351-7
  9. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、367頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  10. ^ 京極夏彦 『京極夏彦対談集 妖怪大談義』 角川書店2005年、184頁。ISBN 978-4-048-83925-9

関連項目[編集]