ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ものすごくうるさくて、
ありえないほど近い
Extremely Loud & Incredibly Close
監督 スティーブン・ダルドリー
脚本 エリック・ロス
原作 ジョナサン・サフラン・フォア
製作 スコット・ルーディン
製作総指揮 セリア・D・コスタス
マーク・ロイバル
ノーラ・スキナー
出演者 トム・ハンクス
サンドラ・ブロック
トーマス・ホーン
マックス・フォン・シドー
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 クリス・メンゲス
編集 クレア・シンプソン
製作会社 スコット・ルーディン・プロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年12月25日
日本の旗 2012年2月18日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $47,847,881[1]
テンプレートを表示

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(原題: Extremely Loud & Incredibly Close)は、2011年アメリカのドラマ映画ジョナサン・サフラン・フォアによる同名小説を原作とする。

ストーリー[編集]

宝石店を営むトーマスは、アスペルガー症候群を抱える11歳の息子のオスカーと一緒に「調査探検」という遊びをやり、オスカーに人と関わることを経験させていた。ある日、今まで以上に大規模な調査探検として、ニューヨークに幻の第6区があったとオスカーに話し、オスカーは手がかりの捜索を始めた。

しかし、トーマスをアメリカ同時多発テロ事件により失い、ショックを受けたオスカーは調査探検を中断する。父の死から1年後、オスカーはクローゼットで父が遺した鍵を見つけ、その秘密を探るべく、母のリンダと衝突しながらも、鍵が入っていた封筒に書かれた「ブラック」という人物を探すため、ニューヨーク5区をまたぐ調査探検を再開した。はじめにアビー・ブラックという女性を訪ねるが、手がかりを得ることはできなかった。その後、何人ものブラックという人物を訪ねて回ったが、一向に進展しない。

そのことで度々パニックに陥るオスカーだが、発声障害を抱える間借り人と知り合う。彼は過去の出来事を深く語らないが、オスカーの話を聞き、彼も探検に加わることになった。2人で更に捜索を続けるが、鍵穴を見つけることはできなかった。オスカーは、間借り人と一緒に探検をしているうちに、彼の仕草が父と似ていることに気づき、祖父であると確信する。間借り人に、父の最期の電話記録を聞かせるオスカーだったが、彼はオスカーの元を去ってしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
トーマス・シェル トム・ハンクス 江原正士
リンダ・シェル サンドラ・ブロック 本田貴子
オスカー・シェル トーマス・ホーン 武田華
間借り人 マックス・フォン・シドー セリフなし
アビー・ブラック ヴィオラ・デイヴィス 山像かおり
スタン ジョン・グッドマン 岡田吉弘
ウィリアム・ブラック ジェフリー・ライト 谷昌樹
オスカーの祖母 ゾーイ・コールドウェル 鈴木れい子
鍵屋 スティーヴン・ヘンダーソン 楠見尚己
ハゼル・ブラック ヘイゼル・グッドマン 水野ゆふ
牧師 デニス・ハーン 山内健嗣
マリス・ブラック ライカ・ドッタヴィオ 高橋里枝
アストリッド・ブラック ブルック・ブルーム 平野夏那子
馬屋の少女 クロエ・ローイ 川島悠美
少女 ベイリー・グレイ 原島梢
バーテンダー ウィリアム・ユーマンズ 田尻浩章
先生 スティーヴン・クンケン 林和良
警備員 エヴァ・カミンスキー 岡田恵
ロン ジェームズ・ガンドルフィーニ(カメオ出演)

スタッフ[編集]

製作[編集]

企画[編集]

2010年8月の報道によると、スティーブン・ダルドリースコット・ルーディンは5年に亘り原作の映画化企画に携わっていた[2]。脚本にはエリック・ロスが雇われた[3]パラマウント映画ワーナー・ブラザーズの共同製作であり、ワーナーが「リード・スタジオ」となった[2]撮影監督クリス・メンゲス美術監督K・K・バレット英語版衣裳デザイナーアン・ロスが務めた[4]。また当初、映画ポスターにはニコ・マーリーが作曲家としてクレジットされていたが、2011年10月21日、アレクサンドル・デスプラが正式に選ばれたことが報じられた[5]

キャスティング[編集]

トム・ハンクスサンドラ・ブロックが最初にキャスティングされた[6]。2010年10月下旬よりオスカー役を演じる「9から13歳の白人の少年」の募集が全国規模で行われ、2010年12月、12歳のトマス・ホーンが最終的に選ばれた。ホーンは2010年10月に『ジェパディ!』の「キッズ・ウィーク」で優勝していた[7]。ホーンはそれまで演技に興味を持っておらず、彼がクイズ番組に出演していたところをプロデューサーの目にとまった[8]。2011年1月3日、『ハリウッド・リポーター』によってジョン・グッドマンの出演が報じられた[9]。同月、ヴィオラ・デイヴィスジェフリー・ライトもキャストに加わった[10]

撮影[編集]

主要な撮影は2011年3月にニューヨークで始まり[11]、2011年6月に「中断」された[12]。2011年5月16日にはマンハッタンロウアー・イースト・サイドチャイナタウンで撮影が行われ、オーチャード・ストリート英語版グランド・ストリート英語版を結ぶ角ではクレーンが使われた[13]。本作はArri Alexaで撮影され、また、ポストプロダクション時のデータ格納にArriのArriRaw形式を用いた初めての長編映画である[14]

公開[編集]

ダルドリーは当初、同時多発テロから10周年となる2011年9月11日公開を望んでいた。テスト・スクリーニングは2011年9月25日にニューヨークで行われた[15]。2011年12月25日にアメリカ合衆国で限定公開され、翌2012年1月20日に拡大された[16]。イギリスでは2012年2月17日に公開された[17]

ホームメディア[編集]

リージョン1形式のBlu-ray[18]DVDデジタル・ダウンロードは2012年3月27日に発売された[19]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは165件の評論家レビュー中、支持率は47%、平均点は5.6/10となった[20]。またMetacriticでは40件のレビューに基づいて、評価の加重平均値を46/100としている[21]

受賞とノミネート[編集]

スティーブン・ダルドリー監督の前2作が作品賞にノミネートされていたこともあり、本作も第84回アカデミー賞のコンテンダーとなることが有力視されていた。しかしながら、映画評論家の反応は賛否両論であり、また主要な映画批評家協会賞、ゴールデングローブ賞全米映画俳優組合賞でも無視されたことから、もはや有力候補では無いとみなされた[22]

部門 候補者 結果
アカデミー賞[23] 作品賞 スコット・ルーディン ノミネート
助演男優賞 マックス・フォン・シドー ノミネート
美術監督組合[24] コンテンポラリー作品賞 K・K・バレット ノミネート
ボストン映画批評家協会賞[25] 助演男優賞 マックス・フォン・シドー ノミネート
放送映画批評家協会賞[26] 作品賞 ノミネート
監督賞 スティーブン・ダルドリー ノミネート
若手俳優賞 トーマス・ホーン 受賞
脚色賞 エリック・ロス ノミネート
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート
助演男優賞 マックス・フォン・シドー ノミネート
ジョージア映画批評家協会賞 助演男優賞 マックス・フォン・シドー ノミネート
助演女優賞 サンドラ・ブロック ノミネート
ヒューストン映画批評家協会賞[27] 作品賞 ノミネート
フェニックス映画批評家協会賞[28] 作曲賞 アレクサンドル・デスプラ ノミネート
若手男優賞 トーマス・ホーン 受賞
ブレイクスルー演技賞 トーマス・ホーン 受賞
サンディエゴ映画批評家協会賞[29] 助演男優賞 マックス・フォン・シドー ノミネート
音楽賞 アレクサンドル・デスプラ ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ Extremely Loud & Incredibly Close” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月19日閲覧。
  2. ^ a b Fleming, Mike (2010年8月22日). “Warner Bros and Paramount In Tandem On ‘Extremely Loud and Incredibly Close’”. Deadline New York (PMC). http://www.deadline.com/2010/08/warner-bros-and-paramount-in-tandem-on-extremely-loud-and-incredibly-close/ 2011年10月16日閲覧。 
  3. ^ Kit, Borys (2010年10月14日). “Stephen Daldry to direct 'Extremely Loud': Project based on a Sept. 11-themed novel”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). オリジナル2011年6月6日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zETOfTpY 2011年5月26日閲覧。 
  4. ^ “Cameras Roll on “Extremely Loud & Incredibly Close” as It Heads from the Page to the Big Screen”. Business Wire. (2011年3月1日). オリジナル2011年5月30日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5z4viCU8H 2011年5月30日閲覧。 
  5. ^ Tapley, Kristopher (2011年10月21日). “Alexandre Desplat tapped for 'Extremely Loud and Incredibly Close'”. HitFix. 2011年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月22日閲覧。
  6. ^ “Hanks and Bullock Getting Extremely Loud & Incredibly Close”. ComingSoon.net (CraveOnline). (2010年8月23日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=68996 2011年5月26日閲覧。 
  7. ^ Fleming, Mike (2010年12月15日). “‘Jeopardy!’ Wiz Kid Lands Lead In WB Movie”. Deadline New York (PMC). http://www.deadline.com/2010/12/jeopardy-wiz-kid-lands-lead-in-extremely-loud-and-incredibly-close/ 2011年10月16日閲覧。 
  8. ^ Siegel, Robert, "Stephen Daldry Discusses New Movie", interview with Daltry, All Things Considered, NPR, December 20, 2011. Audio only. Retrieved 2011-12-20.
  9. ^ Kit, Borys (2011年1月3日). “EXCLUSIVE: John Goodman Joining Sandra Bullock, Tom Hanks in 'Extremely Loud and Incredibly Close'”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). オリジナル2011年6月6日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zETC2iNZ 2011年5月26日閲覧。 
  10. ^ Bamigboye, Baz (2011年1月21日). “Hold the Botox! I'd rather grow old gracefully, says English eccentric Helena Bonham Carter”. Daily Mail (London: Associated Newspapers Ltd). オリジナル2011年10月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62caj0ETb 2011年5月26日閲覧。 
  11. ^ “Cameras Roll on “Extremely Loud & Incredibly Close” as It Heads from the Page to the Big Screen”. ワーナー・ブラザーズ. (2011年3月1日). http://eon.businesswire.com/news/eon/20110301005744/en 2011年10月16日閲覧。 
  12. ^ “New York Production Listings”. Backstage. (2011年6月23日). http://www.backstage.com/bso/production-listings/new-york-production-listings-1005248142.story 2011年10月16日閲覧。 
  13. ^ Hedlund, Patrick (2011年5月16日). “LES is Backdrop for Post-9/11 Film 'Extremely Loud and Incredibly Close'”. DNAinfo.com (Digital Network Associates). http://www.dnainfo.com/20110516/lower-east-side-east-village/les-is-backdrop-for-post911-film-extremely-loud-incredibly-close 2011年10月16日閲覧。 
  14. ^ Giardina, Carolyn (2011年4月14日). “Cinematographer Roger Deakins Switching From Film to Digital Camera”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). オリジナル2011年10月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62cbBx6pD 2011年10月22日閲覧。 
  15. ^ Tapley, Kristopher (2011年9月28日). “In 'Extremely Loud and Incredibly Close,' could Max Von Sydow finally win an Oscar...for a silent performance?”. HitFix. 2011年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月22日閲覧。
  16. ^ Fleming, Mike (2011年8月3日). “Warner Bros Sets Its Oscar Season Dance Card”. Deadline.com (PMC). オリジナル2011年10月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62caW6yX9 2011年8月3日閲覧。 
  17. ^ Gritten, David (2011年10月18日). “War Horse is a weepie”. The Daily Telegraph (London). オリジナル2011年10月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62cdAE0iP 2011年10月22日閲覧。 
  18. ^ Whitman, Howard. “lu-ray Review: Extremely Loud and Incredibly Close (Warner Bros.)”. Technology Tell. www.technologytell.com. 4/12/2012閲覧。
  19. ^ Srisavasdi, Greg (2012年2月22日). “'Extremely Loud & Incredibly Close' Finds Its Way on Blu-Ray & DVD March 27th”. Hollywood Outbreak. 2012年3月20日閲覧。
  20. ^ Extremely Loud and Incredibly Close (2011)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年12月24日閲覧。
  21. ^ Extremely Loud and Incredibly Close Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年12月24日閲覧。
  22. ^ Oscar Nomination Reactions and Analysis”. 2012年3月13日閲覧。
  23. ^ Winners and Nominees for the 84th Academy Awards”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年4月19日閲覧。
  24. ^ Kilday, Gregg (2012年4月19日). “Art Directors Nominate Movies as Different as 'Harry Potter' and 'The Girl with the Dragon Tattoo'”. The Hollywood Reporter. 2012年1月15日閲覧。
  25. ^ Pond, Steve (2012年4月19日). “'The Artist' Named Best Picture by Boston Film Critics”. The Wrap. 2011年12月11日閲覧。
  26. ^ 17th Annual Critics’ Choice Movie Awards (2012)”. Critics' Choice Awards (2012年4月19日). 2011年12月13日閲覧。
  27. ^ Lodge, Guy (2012年4月19日). “'The Artist' leads with 7 Houston film critics nods”. HitFix. 2011年12月12日閲覧。
  28. ^ Phoenix Film Critics Society 2011 Awards”. Phoenix Film Critics Society. 2012年1月22日閲覧。
  29. ^ 2011 Awards”. San Diego Film Critics Society (2012年4月19日). 2011年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]