うらなみ (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JS Uranami.png
艦歴
発注 1955年
起工 1957年2月1日
進水 1957年8月29日
就役 1958年2月27日
1983年3月30日(特務艦に転籍)
退役
その後
除籍 1986年12月25日
要目
排水量 基準 1,700トン
満載 2,400トン
全長 109m
全幅 10.7m
吃水 3.6m
機関 川崎式NS-175型 2基
三菱コンバスチョン・エンジニアリング式船用2胴水管型缶 2基
2軸推進、35,000PS
最大速 32ノット
乗員 220名
兵装 Mk.33 3インチ連装速射砲 3基
55式533mm4連装魚雷発射管 1基
Mk15 ヘッジホッグ 2基
Mk.2 短魚雷落射機 2基

68式3連装短魚雷発射管 2基(1971年換装)
55式爆雷投射機(Y砲) 2基
爆雷投下軌条 2基

電子装置 SPS-12 対空レーダー
OPS-5 水上レーダー
Mk34射撃用レーダー 2基
Mk.63 砲射撃指揮装置 2基
SQS-11A 捜索用ソナー

→OQS-14(1963年換装)
SQR-4/SQA-4 攻撃用ソナー →OQY-2(1963年換装)
NOLR-1 ECM(1963年装備)

うらなみローマ字JDS Uranami, DD-105AUS-7005)は、海上自衛隊護衛艦あやなみ型護衛艦の3番艦。

艦歴[編集]

「うらなみ」は、昭和30度計画1,700トン型警備艦1605号艦として、川崎重工業神戸工場で建造され、1957年2月1日起工、1957年8月29日進水、1958年2月27日に就役した後に横須賀地方隊に直轄艦として編入された。

1958年3月16日、横須賀地方隊隷下に新編された第8護衛隊に「あやなみ」とともに編入された。

1958年10月25日、第8護衛隊が第1護衛隊群隷下に編成替えとなる。同年8月から海上自衛隊第2回目の遠洋練習航海に参加している。なお、1960年(昭和35年)の第4回及び1968年(昭和43年)の第12回の遠洋練習航海にも参加している。

1959年4月1日、第1護衛隊群隷下に新編された第9護衛隊に「あやなみ」とともに編入された。

1962年から1963年にかけての特別修理工事のさいに装備の近代化工事が実施され、未装備であった電波探知装置(ESM)NOLR-1が後檣に装備され、捜索用ソナーをOQS-14へ、攻撃用ソナーをOQY-2へ換装した。

1969年3月15日、第9護衛隊が第3護衛隊群隷下に編成替えとなる。

1971年2月1日、第9護衛隊が護衛艦隊隷下に新編された第4護衛隊群隷下に編成替えとなる。 同年、対潜攻撃能力強化工事が実施され、短魚雷落射機を撤去し、68式3連装短魚雷発射管を2基搭載する。

1983年3月30日、第9護衛隊が廃止となり、特務艦に種別変更され、艦籍番号がASU-7005に変更される。所属は呉地方隊直轄艦となり、定係港もに転籍となる。

1986年12月25日、除籍。

本艦は1960年公開の東宝作品『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦_太平洋の嵐』に撮影協力し、艦上での撮影が行われた。

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第63集 自衛艦史を彩った12隻』(海人社、2003年)
  • 『世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)