X-43 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

X-43

NB-52Bから投下されるペガサスロケット、先端にX-43。

NB-52Bから投下されるペガサスロケット、先端にX-43。

  • 用途:スクラムジェット試験機
  • 製造者NASA
  • 運用者NASA
  • 初飛行:2001年6月2日
  • 生産数:3機
  • 退役:2004年11月16日
  • 運用状況:退役
マッハ7到達時のコンピュータ計算による流体解析の等高線図

X-43NASAで開発、実験が行われた、スクラムジェットエンジン搭載の無人試験機である。2004年11月16日、エア・ブリージングエンジン(酸化剤を外部から取り入れる推進器)を搭載した機体としては最高速度となる時速12,144 km(7,546 mph、マッハ9.68)を記録した世界最速航空機である。

概要[編集]

X-43は実験を通して極超音速飛行下のスクラムジェットの性能、挙動を確認するハイパーX計画のために建造された無人機であり、将来の再使用型宇宙往還機に必要なデータを集めることが目的であった。計画はA型をはじめ、B、C、Dの機体が建造される予定であり、多くの実験が行われるはずであった。X-43Bでは複合サイクルエンジンの搭載が検討され、X-43Cでは炭化水素系燃料の使用が検討されていた。しかし、高額な予算が計画遂行の障害となり、B型以降の機体はキャンセルされ、また飛行計画も大きく削減された。

2001年6月2日に行なわれた1回目の実験では加速用のペガサス・ブースターの不調で、空中発進後からわずか11秒後に、稼働状態に至らずに太平洋に落下、機体を喪失した。2004年3月27日に2回目の飛行試験が行われ、マッハ6.83[1]を記録した。

そして2004年11月16日、結果的に最後の飛行となった3回目でマッハ9.68[1]の最高速度を記録した。この3回目の計画を持って、X-43計画は終了した。

機体形状[編集]

機体規模はきわめて小さく、大人の身長ほどの全長しかない。形状はX-30ジェネラル・ダイナミクス案に酷似したリフティングボディで、全体で揚力を生み出す構造となっている。機体側面、及び上面に極めて小さな主翼と2枚の垂直尾翼を持ち、胴体下部に箱型のスクラムジェットを装備している。推進剤は液体水素を用い、空気中の酸素を酸化剤とする。燃料搭載量は約1kgに過ぎない。

飛行はNASAのNB-52からペガサス・ブースターの先端に取り付けられた状態で1万メートル程度の高空から空中発進し、さらに高空まで上昇後、マッハ2まで加速、ブースターを切り離してスクラムジェットを作動する。スクラムジェット燃焼時間はわずか10秒足らずで、おおむねマッハ10まで加速、高度3万メートルを飛行する。エンジンカット後機体は滑空しながらデータを収集し、廃棄される。つまり機体は使い捨てである。

後続計画[編集]

X-43はA型、3回の飛行のみで中止した。現在、NASAでは液体水素ではなく、一般的な炭化水素燃料を用いてマッハ7程度まで加速するX-51計画が進められている。

出典[編集]

外部リンク[編集]