リンクス (宇宙船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リンクス / Lynx
Lynx spaceplane mockup.jpg
リンクスのモックアップ
基本データ
開発者 XCORエアロスペース英語版
使用期間 開発中止[1]
公式ページ Lynx Spacecraft
物理的特徴
段数 1段(完全再使用)
軌道投入能力
弾道飛行 120kg
100km
テンプレートを表示

リンクス英語: Lynx)は、アメリカ合衆国の企業XCORエアロスペース英語版が開発していた弾道飛行用の有人宇宙船[2]ロケットエンジンにより飛行して水平離陸水平着陸 (HTHL) するロケットプレーンであり、弾道宇宙旅行を目標に開発が進められていた。

リンクスは2人乗り(パイロット1人と乗客1人)で、微小重力実験用の積荷や小型衛星を高度100 km超まで運ぶことも計画されていた。乗客1人当たりの運賃としては95,000ドルが予定されていた[3]

XCORは2008年3月26日の発表において2年以内にも打ち上げを行うとしていたが[4]、スケジュールは以後度々延期され[5][6]、最終的には2016年5月に、開発を放棄したわけではないとしながらも従業員の1/3のレイオフならびに今後はULA社との契約の下で進めているエンジン開発に重点を置く方針であることが明らかになった[1]

設計[編集]

リンクスは機体の胴体後方付近に液体酸素/ケロシンを燃料とする4基の液体燃料ロケットエンジンを装備していた。これらのエンジンは1基辺り13,000 Nの推進力を生み出す[7]

Mark I プロトタイプ[編集]

  • 最大高度: 62 km[7]
  • 内部ペイロード: 120 kg[7]
  • 背負式拡張ポッドのペイロード: 280 kg[7]
  • その他にも、コックピット内の小スペースと機体外部後方に2か所、ペイロードを搭載可能[7]
  • アルミニウム製液体酸素タンク[8]

Mark II プロダクションモデル[編集]

  • 最大高度: 100 km以上[7]
  • 内部ペイロード: 120 kg[7]
  • その他のペイロードスペースについてはMark Iと同様[7]
  • ヒドラジン系の姿勢制御システム (RCS) 用スラスター[9]3N22[10]
  • フッ素重合体複合材料 (Nonburnite) 製液体酸素タンク[11]

Mark III[編集]

  • 基本的にはMark IIと同じであるが、拡張ポッドのペイロードが650 kgに拡大しており、2段目となるロケットを搭載することで小型衛星や複数のナノサットを低軌道に打ち上げ可能となる予定であった[7]

キャンペーン[編集]

ユニリーバが展開する男性用化粧品ブランド“AXE (アックス)”のキャンペーンとして、このリンクスでの飛行の22席を購入し、2013年に日本を含む世界中から民間人宇宙飛行士を選抜した[12][13]

参考文献[編集]

  1. ^ a b XCOR lays off employees to focus on engine development” (英語). SPACENEWS (2016年5月31日). 2016年10月7日閲覧。
  2. ^ sRLV platforms compared”. NASA (2011年3月7日). 2011年3月10日閲覧。 “Lynx: Type: HTHL/Piloted”
  3. ^ Press Reacts to RocketShip Tours”. Satnews Daily (2008年12月12日). 2012年12月27日閲覧。
  4. ^ XCOR AEROSPACE SUBORBITAL VEHICLE TO FLY WITHIN TWO YEARS
  5. ^ Interview With Khaki McKee, part 1 - XCOR And The Lynx” (English). Moonandback Media (2011年8月16日). 2011年8月24日閲覧。 “What we're looking at is flight test operations by next fall.”
  6. ^ Lynx Development Plan”. XCORエアロスペース英語版. 2013年4月9日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i The Lynx Suborbital Spacecraft”. XCOR Aerospace. 2010年4月29日閲覧。
  8. ^ XCOR is making good progress”. Space Expedition Curacao (2011年10月9日). 2012年6月2日閲覧。
  9. ^ Foust, Jeff (2011年2月28日). “Suborbital back out of the shadows”. The Space Review. http://www.thespacereview.com/article/1790/1 2011年2月28日閲覧. "the 5K18 engine, four of which will power the Lynx ... the last few technical milestones for the engine are largely complete. ... non-toxic reaction control system (RCS) thrusters, a project that Greason said was more challenging in some respects than the larger main engine, but critical to the company’s vision of rapid turnaround times that would not be possible if conventional hydrazine RCS systems are used. The Lynx design has been through two rounds of wind tunnel tests, with a final round planned for later this year for some final tweaks" 
  10. ^ Suborbital Provider Session, NSRC 2011, accessed 2011-03-01.
  11. ^ Lee Valentine on How XCOR Will Open Up Space”. parabolicarc.com (2012年3月19日). 2012年6月2日閲覧。
  12. ^ “Unilever Buys 22 Flights on XCOR Aerospace's Lynx Suborbital Spacecraft For Global AXE Campaign”. XCOR. (2013年1月11日). http://www.xcor.com/press/2013/13-01-11_unilever_buys_22_flights_on_lynx.html 2014年3月23日閲覧。 
  13. ^ ““AXE 宇宙飛行士選抜キャンペーン” アメリカ・フロリダでのトレーニング、最終選考を経て、 全世界の民間人から選抜された 総勢25名の宇宙飛行士が決定!”. PRTimes. (2013年12月17日). http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000000100.html 2014年3月23日閲覧。 

外部リンク[編集]