Help:音声・動画の再生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウィキペディア日本語版ヘルプページです。


いくつかのウィキペディアの記事にある音声と動画ファイルの視聴方法を説明します。ウィキペディアでは音声用のOgg Vorbis、動画用のOgg TheoraWebMというファイル形式が一般的です。これらのファイルは、インターネット閲覧用の標準のブラウザでは画質を落として再生されます。例えばMicrosoft WindowsmacOS、モバイル端末用のiOSiPhoneiPad用)といった環境です。

しかし多くの場合、無料でダウンロードできるソフトウェアで高画質に再生できます。例えば、Mozilla FirefoxGoogle ChromeOperaのようなブラウザでは、そのまま再生できます。あるいはVLC media playerなどの再生ソフトを紹介します。

Help:音声・動画の作成と利用では、どのようなフォーマットを音声と動画のファイル形式を採用しているか、どのように作成するかが説明されています。

はじめに[編集]

音声用のVorbisOgg Vorbis、動画用のTheoraOgg Theoraというファイル形式は、ほとんどすべてのパーソナルコンピュータで再生することができます。しかし、以下のようなソフトウェアを用意する必要があります。無料でダウンロードすることができます。使用しているコンピュータの種類に対応したソフトウェアをインストールしてください。

Ogg Vorbis と Ogg Theora の両方のファイルを再生することが可能なソフトウェアをお勧めします。というのも、両方のファイルとも、同じファイル拡張 .ogg を使うからです。

これら2つのファイル形式はどちらも最も一般的ではありません。MP3やMoving Picture Experts GroupMPEGのような特許されたファイル形式によって生じうる問題を避けるために使われています。同じような意図の動画形式のWebMも用いられていることがあります。

ブラウザで再生する[編集]

Mozilla Firefox / Google Chrome / Opera
ブラウザで直接再生することが出来ます。特別なソフトは必要ありません。また Ogg だけでなく同じように特許の問題を回避したWebM形式の再生にも対応しています。
Microsoft Edge / Internet Explorer / Safari / Androidブラウザ
2017年夏から画質を低くして再生されるようです[1]

視聴用[編集]

お使いのコンピュータの環境が対応している場合には、以下に動画が表示され直接再生できます。お試しください。

ダウンロードして再生する[編集]

音声・動画ファイルをダウンロードして再生する場合、拡張子.oggのファイルを再生できるプレイヤーが必要になります。以下の外部リンクのほとんどは英語サイトです。

共通

Windows[編集]

Macintosh[編集]

Linux/Unix[編集]

  • libtheora は、 Ogg Theora の再生に必要です。theora.orgから入手できます。デモのビデオ・プレーヤ(player_example)が付属しています。
  • MPlayer(ウィキペディアの記事)。Ogg Theoraファイルを再生することが可能です。mplayerhq.huから入手できます。あらかじめ上の libtheora をインストールしておいてください。 注意: RPMなどのあらかじめビルトされたパッケージはすべてのコーデックのサポートを含んでいないかもしれません。MPlayerの説明を参照して適切なコーデックによって自身でコンパイルしてください。
  • GNOME(旧名Totem、ウィキペディアの記事) GNOME Wiki!から入手。GNOMEにおける標準的な映像再生ソフトです。音楽を再生することもできます。
  • そのほかのソフト

Java[編集]

  1. ^ 技術/ニュース/2017年/34週 (Mediawiki, 2017年8月21日)