Help:音声・動画の作成と利用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウィキペディア日本語版ヘルプページです。


ウィキペディアやウィキメディア・コモンズで用いられる音声ファイルや映像ファイルの作成法記事内に呼び出す方法を説明します。ウィキペディアでは、特許や著作権の問題を避けるため、ビデオ形式はOggWebMを採用しています。

それらのファイルについて、ならびにその再生法を知りたい場合には、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

映像ファイル[編集]

映像ファイルの変換に関しては、コモンズのHelp:ビデオ変換にも詳しい情報がある可能性があります。

2010年に特許や著作権の問題なく使用できる映像形式にWebMが登場し、そのうちVP9は改良が盛んであり、以下に紹介する以前からある Theora より高品質なファイルを作成できる可能性があります。

Miro Video Converter は、多くの動画形式から Ogg Theora 形式への変換をサポートし、Windows や Mac OSX にて使用できるフリーソフトです。

ffmpeg2theora が、mov mpg mpeg avi といった多くの動画形式から、Ogg Theora 形式への変換に使えます。

  • ffmpeg2theora (英語) Windows、Macintosh、Linux/Unixで動作

libtheora (英語) のencoder_exampleアプリケーションを使うことができます。MPlayer(英語)などに付属します。これは、Ogg Theora にエンコードする映像と音声の生データ(yuv4mpeg)をダンプすることができます。

変換について助けが必要な場合は、以下に問い合わせるといいでしょう。

  • Raul654
  • brian0918(Windowsのみ)

音声ファイル[編集]

  • 音声ファイルを作成・編集するには、Audacity(英語)が高品質の音声ファイルエディターです。Windows、Macintosh、Linux/Unix で動作します。mp3 に使用するためには LAME が必要です。LAME (英語) Windows用。 / LAME (英語) Macintosh用。
  • GUIのwinLAME (英語) Windows用。そのまま Ogg Vorbis にエンコードすることが可能です。
  • libmad (英語) に基づくmpg321 (英語) はコマンドラインで動作します。これは無料のmp3デコーダーで、mp3ファイルの再生とデコードに用いることができます。これが生成したファイルは、oggenc やそのほかの vorbis が可能なエンコーダーで Ogg 形式にエンコードできます。
  • rarewares (英語) では、コマンドラインでクロスプラットフォームに対応した oggenc や、ドラッグ・アンド・ドロップするだけで変換できる便利な oggdropXPd(Windows専用)などを配布しています。

作成後の処理[編集]

アップロード[編集]

アップロードにあたっては、ウィキメディア・コモンズへのアップロードも検討してください。ウィキメディア・コモンズにアップロードされたファイルは、各語版ウィキペディアのほか、さまざまな姉妹プロジェクトでも利用できます。

記事からのリンク[編集]

記事から音声ファイルへのリンクは{{Audio}}や{{試聴}}を使うことができます。日本語以外の言語版については、Commons:List of the different audio-templates for the Wikipedias (英語)(ウィキメディア・コモンズ)を参照してください。

ノート コード 表示
ノート {{Audio|ファイル名|タイトル}}

ファイル名 タイトル[ヘルプ/ファイル]

ノート {{試聴|ファイル名=ファイル名|タイトル=タイトル|説明文=説明文|フォーマット=[[Ogg]]}}
説明文

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

動画ファイルについては、画像と同じ方法で表示させることができます。Help:画像の表示を参照してください。

関連項目[編集]