Help:テンプレート早わかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問

ウィキペディア日本語版のヘルプページです。メタウィキヘルプが元になっています。


編集の基本
ページの編集
新規ページの作成
記事名チェック
文書の体裁
セクションと目次
箇条書き   表の作り方
脚注 | ISBNのリンク
特殊文字
HTMLタグの使用
画像などの利用
画像の表示
ファイルページ
数式の書き方
リンクする
リンク | URL
パイプ付きリンク
言語間・ウィキ間リンク
ウィキデータ
カテゴリ
リダイレクトソフト
ページの位置づけ
名前空間
サブページ
ミスなどの修正
新規ページのパトロール
以前の版にページを戻す方法
ページの移動
作業の効率化
マジックワード
テンプレート早わかり
テンプレートの制限
条件文 | テンプレートの説明文
ナビゲーションボックス
コミュニケーション
要約欄
細部の編集
ノートページ | 過去ログ
ウィキラブ
ウィキメール | 感謝
その他
編集の競合
ページ名の働き
記事の定義
ページサイズ
音声・動画の作成と利用
棒グラフの書き方
サンドボックス
ウィキポータル
携帯端末でのアクセス
ヘルプの目次へ

このページは、テンプレートの概要を簡単に説明しています。

テンプレートの仕組み[編集]

テンプレートとは他のページに読み込んで使う定形文のページです。繰り返し使われるメッセージを簡単に複数のページに挿入したり、ナビゲーションボックスを作ったりするために使われます。通常は[[Template:テンプレート名]] のように Template: で始まるページ、つまり「Template名前空間」にあるページです。

テンプレートの中身は、他のページに {{テンプレート名}} と書き込むことで挿入することができます。この書き方を「テンプレートタグ」といい、このような方法で挿入することを「テンプレート呼び出し」といいます。

テンプレート呼び出しの概念図

例えば上図では、ページ「A」、「P」、「Q」に {{B}} と書き込んでテンプレート「B」を呼び出しています。これで、ページ「A」、「P」、「Q」では、いつでもテンプレートページ「B」の内容である “foo” が表示されます。

テンプレート呼び出しの概念図2

テンプレート「B」の内容を “twit” に変更すると、ページ「A」、「P」、「Q」すべてで {{B}} の部分が自動的に “twit” に更新されます。このようにすることで、多くのページで共通に表示する内容を簡単な作業で一挙に更新することができます。

subst展開[編集]

テンプレートsubst展開の概念図
テンプレートsubst展開の概念図2

テンプレートを使いたいページに、 {{subst:テンプレート名}} と書きこむこともできます。このようなやり方でテンプレートを埋め込むことを subst 展開(サブスト展開)や、substitution (サブスティテューション)といいます。こうすると、ページを保存した時に、テンプレートタグの文字列のあった部分にその時点でのテンプレートの中身が代入されます(代入のことを英語で substitution といいます)。

例えば、ページ「S」に中身が “foo” であるテンプレート「B」を subst 展開したとしましょう。ページ「S」の保存時には、 {{subst:B}} の部分がそっくり foo に置き換わり、その後にテンプレート「B」の中身を "twit" に更新しても、ページ「S」の内容は更新されません

subst展開は一般に、署名や依頼時に書式を一定にするために使われるテンプレートなど、保存時点での情報を固定する必要がある時に用いられます。

なお、“Template:” ではじまっていない他の名前空間のページも、テンプレート呼び出しや subst 展開することができます(これについてはHelp:テンプレート#Template名前空間以外のページの呼び出し方参照)。

テンプレートの編集・作成[編集]

編集したいテンプレートが、例えば {{foo}} のようにページ内に書きこまれていたら、 [[Template:foo]] に行って編集してください。テンプレートへアクセスする方法は次のいずれかが一般的です。

  1. 使われているページの編集画面を開き、その状態でページの一番下にリストされている「このページで使われているテンプレート:」のリンクを利用する。
  2. テンプレート名を検索窓に入力する。
  3. http://ja.wikipedia.org/wiki/Template:テンプレート名 を直接ブラウザのアドレスバーに入力する。

ページにたどりついたら、「編集」タブをクリックして、他のページと同じように編集するだけです。他のページと同様、テキスト、画像、他のテンプレートを足すことができます。ただし、あなたの編集は多くの他のページに影響を及ぼすかもしれません。慎重に編集してください。

テンプレートを新しく作る場合も、通常の新規ページの作成と同じです。ただ、ページ名の最初に Template: をつけるだけです。 Template: のあとにつけたページ名がテンプレート名となります。

よくある質問 (FAQ)[編集]

テンプレートにはどのようなものがありますか 
Wikipedia:Template メッセージの一覧Category:ウィキペディアのテンプレートを参照してください。
あるテンプレートを複数のプロジェクトで使用できますか? 
できません。例えば、あるテンプレートを2つの異なる言語のウィキペディアで使いたい場合は、それを2度作成する必要があります。
テンプレート名では大文字と小文字が区別されますか? 
区別されます。ただし、通常最初の文字は区別されません。Help:ページ名を参照してください。
パラメータ(引数)は使えますか? 
使えます。詳しくはHelp:テンプレートを見てください。
1ページの中にいくつテンプレートを使えますか? 
いくつという制限はありません(古いバージョンでは同じテンプレートは、5回までしか使えませんでした)。ただし呼び出すデータ量が多すぎるとそれ以上は呼び出せません。詳しくはHelp:テンプレートの制限を参照してください。
テンプレートの編集をしましたが、それを使ったページに反映されないのは何故ですか? 
キャッシュが残っているためです。テンプレートを呼び出しているページの編集画面を開き、何も変更を加えずに保存すると、強制的にキャッシュをクリアできます(ページの履歴には残らないので、要約欄は記入不要です)。または、Ctrl + F5 を押して更新するとたいてい直ります。または、URLに &action=purge を加えてもいいでしょう(例: http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Template:Foo&action=purge )。
テンプレートの名前を変えることはできますか? 
できます。通常ページでのページの移動と全く同じ方法でできます。ページに呼び出されているテンプレートがリダイレクトの場合、リダイレクト先が呼び出されます。
テンプレートの中にテンプレートを使えますか? 
テンプレート内のテンプレート使用の概念図
できます。
テンプレートで使われるプログラミング言語のマニュアルはどこにありますか?
テンプレートで使われている言語は、他のウィキマークアップと同じ言語ですが、テンプレートではより複雑な条件文などを使っていることがよくあります。詳しくはHelp:条件文や、高度な編集についてのヘルプページを見てください。