RING (アーケードゲーム基板)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

RINGリング)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が2009年2月に次世代業務用汎用CG基板として発表したアーケードゲーム用のシステム基板シリーズ。LINDBERGHシリーズ[1]の後継機。ミドルレンジモデルのRINGEDGE-エッジ)、ローエンドモデルのRINGWIDE-ワイド)、そしてハイエンドモデルのRINGEDGE2-エッジ2)の3モデルがラインナップされている。

概要[編集]

アーキテクチャはPCベースで構成されており、アプリケーション開発は容易である。これにOSとしてWindows XPベースのMicrosoft Windows Embedded Standard 2009を採用。その結果、実質上セガ専用基板状態にあったLINDBERGH以上にアプリケーション開発がしやすくなり、他社からもアプリケーションが供給されている。その肝心のアプリケーションは引き続きDVDで供給される他、ALL.Net P-ras MULTI Ver.2対応タイトルはネットワーク経由でダウンロード配信される。 RINGシリーズよりNAOMI GD-ROMからLINDBERGHまで使用されたPICを利用したセキュリティキーチップが廃止され、新たなキーチップが採用された。これは当時海外にてセキュリティが解析され、キーチップの不正コピーが出回っていたことが原因と考えられる。キーチップが無いとゲームは読み込まれず起動しないため、ゲームソフトの不正なコピーを防止することが出来る。 電源投入後、数秒間のBIOS起動画面(ハニカム状の画面と下部にコンソール表示)を経てWindowsXP起動ロゴが表示される[2]。その後RINGシリーズのロゴ、ゲームの起動状況メインIDが表示され、ゲームがロードされる仕組みとなっている[3]

RINGEDGE対応の第1弾タイトルとしてサードパーソン・シューティングゲームの新作『ボーダーブレイク』を発表。2009年9月から稼働している。

RINGWIDE対応の第1弾タイトルとして児童向けトレーディングカードアーケードゲームの新作『歴史大戦ゲッテンカ』を発表。2009年11月から2011年12月まで稼動。

RINGEDGE2対応の第1弾タイトルとして競馬メダルゲームSTARHORSE』シリーズの最新作『STARHORSE3』を発表。2011年11月から稼働している。

さらにいくつかのタイトルがRINGシリーズ対応として発表されている。

他社の同様のPCベース基板と比べると、エアフロー対策や特殊I/Oにも対応しているなど、LINDBERGHシリーズ同様に業務用ゲーム向けの特徴が際だっている。動作が不安定になる弊害が頻繁に発生していたLINDBERGHシリーズの反省(電源周りの電圧低下、ノイズの影響の受けやすさ、当時としては超高発熱のCPUを搭載していたこと、環境次第では熱暴走を引き起こしやすく、グラフィックが安定しなくなるなど)を活かし、ミドルレンジモデルのRINGEDGEとハイエンドモデルRINGEDGE2は電源内蔵に変更されている。ちなみにローエンドモデルのRINGWIDEは電源外付けのままであるが、LINDBERGHシリーズと比較しても入力コネクタの数が圧倒的に少なく、汎用電源を使用する形で電源を確保している。これにより電源周りの電圧低下のリスクとノイズの影響による問題は低減された。

RINGEDGE2対応タイトルである『CODE OF JOKER』の一部で、起動しなかったり、画面が消えるトラブルが発生している。原因は、基板上のビデオボードが製造元のリコール対象製品であることが原因[4]

対応タイトルの一部に使用している筐体の部品調達難に伴い、2017年3月31日を以って一部タイトルの修理サポートが終了した他[5]、『MELTY BLOOD Actress Again Current Code』並びに、2017年にネットワークサービスが終了した『戦国大戦』と『ぷよぷよ!!クエスト Arcade』の修理サポートも、2018年2月28日を以って終了予定[6]

基板スペック[編集]

RINGEDGE2については2017年現在、スペックは公にされてはいない。但し、外観はRINGEDGEとほぼ同じでありながら、上位のCPUとGPUが採用されている。これは、カスタムマザーならではのカスタマイズ性を活かし、RINGEDGEの端子類をそのままに、上位のチップセットとCPUソケットを採用させたために出来たことである。

RINGEDGE[編集]

RINGEDGE2裏面
キーチップ取付位置
CPU
インテルPentium Dual-Core E2160 1.8GHz[7]
メインメモリ
DDR2 SDRAM PC2-6400 1GB
GPU
NVIDIA製GPU GDDR3 VRAM384MB搭載 PCI Express接続[8]
Shader Model4.0、2画面同時出力も可能。最大解像度1920×1200
サウンド
High Definition Audio。5.1chサラウンド出力対応
入出力
アナログ・デジタル2ポートDVI-I端子×2(GPUから出力)
オンボードLAN
業務用ゲーム入出力 JVS I/Oコネクタ
シリアル3ch
USB 2.0×3ポート(mini USB仕様)[9]
ストレージ
SATA SSD 32GB
その他
ALL.Netサービス標準対応
LINDBERGHと比較すると、CPU周波数やGPUスペックを見る限りでは大幅なスペックダウンと思われがちだが、実はその逆。低発熱による熱暴走発生率の低下と大幅な省電力化はもとより、マイクロアーキテクチャ変更に伴う上位メインメモリ搭載と上位GPU搭載、SSDの採用が決め手となり、LINDBERGHと同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮している。

RINGWIDE[編集]

CPU
インテルCeleron 440 2.0GHz[10]
メインメモリ
DDR2 SDRAM PC2-5300 1GB
GPU
AMD製GPU GDDR3 VRAM128MB搭載 メインメモリより拡張可能 PCI Express接続[11]
Shader Model4.0、2画面同時出力も可能。最大解像度1920×1200
サウンド
High Definition Audio。5.1chサラウンド出力対応
入出力
アナログ出力 D-Sub 15pin×1 - シリアルコネクタ側に配置されている。
アナログ・デジタルDVI-I端子×1 - PCIポート側に配置されている。
オンボードLAN
業務用ゲーム入出力 JVS I/Oコネクタ
シリアル3ch
USB 2.0×2ポート(mini USB仕様)
ストレージ
SATA SSD 8GB
その他
ALL.Netサービス標準対応
LINDBERGH REDと比較しても大幅な省電力となり、スペックアップしている。

RINGEDGE2[編集]

出典:[12]

CPU
インテルCore i3 540 3.06GHz [13]
メインメモリ
DDR3 SDRAM PC3-10600 2GB [14]
GPU
NVIDIA製GPU GDDR5 VRAM1GB搭載 PCI Express接続[15]
Shader Model4.0、2画面同時出力も可能。最大解像度1920×1200 60fps
サウンド
High Definition Audio。5.1chサラウンド出力対応
入出力
アナログ・デジタル2ポートDVI-I端子×2(GPUから出力)
オンボードLAN
業務用ゲーム入出力 JVS I/Oコネクタ
シリアル3ch
USB 2.0×3ポート(mini USB仕様)
ストレージ
SATA SSD 32GB
その他
ALL.Netサービス標準対応
LINDBERGHと比較すると若干の省電力化、 RINGEDGEやRINGWIDEと比較すると電力増にはなったが、上位CPU搭載、上位メインメモリ搭載、上位GPUの採用により、これらをも凌ぐスペックアップを果たした。

対応ゲーム[編集]

日付は稼働開始日。シリーズ作品は1作目もしくは当基板使用最初の作品の稼働開始日。

RINGEDGE
RINGEDGE2
RINGWIDE

後継汎用基板[編集]

2013年9月には、RINGシリーズ同様にPCベースのアーキテクチャを採用した汎用基板「Nu」が発表。約2倍の性能向上を図り、RINGシリーズの後継と位置付けられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Linuxベースのオリジナルモデルに当たるLINDBERGH(YELLOW)、同じくLinuxベースのローエンドモデルに当たるLINDBERGH REDとその上位版に当たるLINDBERGH RED EX、そしてWindowsベースのLINDBERGH BLUE
  2. ^ 但し稀なケースではあるが、アストロシティやブラストシティ、ネットシティ、MJ2非ワイド筐体等のブラウン管を使用した筐体に基板を接続・搭載した場合は、電源投入直後はこれらの表示が省略されているか途中から始まる場合がある。これはブラウン管の特性にあり、長期間使用され続けてきたブラウン管では完全に表示されるまでに時間を要するためである。
  3. ^ ゲームロードの手順は、まずOS起動直後のイニシャライズ(初期設定)から始まり、イメージのベリファイ、付随するアプリケーションの立ち上げを経てゲームプログラムが起動。そしてゲームプログラム内での各種システムチェックを経て、エラーが無ければ英文による「このゲームは日本国内専用です」という内容の警告文こと権利表記が表示される。そしてアドバタイズ画面が表示された時点でゲームの起動が完了し、プレイすることが出来るようになる。
  4. ^ 「CODE OF JOKER」機「起動しない/画面が消える」不具合発生時のお願いセガ・ロジスティクスサービス 2013年12月
  5. ^ 弊社製品保守対応の終了についてセガ・インタラクティブ、セガ・ロジスティクスサービス 2016年11月
  6. ^ 弊社製品保守対応の終了についてセガ・インタラクティブ、セガ・ロジスティクスサービス 2017年4月
  7. ^ CoreマイクロアーキテクチャMeromファミリのAllendale-1M(アレンデール)を採用
  8. ^ フルサイズPCI 1スロット占有
  9. ^ LINDBERGHシリーズは後付けされていたが、RINGシリーズはカスタムマザーならではのカスタマイズ性を活かし標準装備となった
  10. ^ CoreマイクロアーキテクチャMeromファミリのConroe-L(コンローエル)を採用
  11. ^ カスタムマザーならではのカスタマイズ性を活かし、オンボード化されている。これを自作PCで例えるなら、ロープロファイルサイズのビデオボードを延長コネクタ或いはアダプタを介して接続し、横向きに配置。更にD-Sub15pinをシリアルコネクタ側に延長していると考えると分かりやすい。
  12. ^ SYSTEM 16 THE ARCADE MUSEUMより、スペック情報を一部引用
  13. ^ NehalemマイクロアーキテクチャWestmereファミリーのClarkdale(クラークデール)を採用
  14. ^ 上位のCPUが採用されたことに伴い、メインメモリも上位の規格が採用された。
  15. ^ フルサイズPCI 2スロット占有 ベースのビデオボードはGeForce GT545

外部リンク[編集]