NHK NEWSLINE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NHK NEWSLINE
Logo of NHK Newsline.png
ジャンル 報道番組気象情報
出演者 #出演者
製作
制作 NHKワールドTV
日本国際放送[1]
放送
音声形式英語放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2000年4月3日 - 現在
放送時間毎日終日毎時00分 - (平日のみ日本時間4・15・16・20時台を除く)
放送分平日-金曜日):15分(一部18分)、年末年始:10分
NHK NEWSLINE

特記事項:
2009年2月からはハイビジョン制作: HDTV
平日4時台放送なし
テンプレートを表示

NHK NEWSLINE』(エヌエイチケイニューズライン、通称Newsline)は、日本放送協会(NHK)の国際放送NHKワールドTVで、放送されている英語ニュース番組。NHKの子会社である日本国際放送と共同で制作し、放送している[1]

概要[編集]

1日20回(土・日・祝日24回)、毎正時に放送している英語ニュース番組である。日本・アジアの最新ニュースや経済情報、気象情報を中心に、外国人視聴者を対象に英語で放送している(時間は原則日本標準時(JST))。

歴史 [編集]

1997年4月から10分間の英語ニュース『DAY LINE JAPAN』を1日3〜4回程度で放送開始。2000年度から『NEWSLINE』に改題。当初は1日3〜4回程度だったが、英語放送の拡充とともに段階的に1日の放送回数を増やす。

2007年4月にタイムテーブルの更新により、開始時刻を毎時45分に繰り上げて、15分間ニュースを平日の日中に8回放送。10月からは、平日の深夜早朝帯に10分間ニュースを4回、土日祝の夕方夜間帯に5〜10分間ニュースを3回、それぞれ放送を開始する。平日は再放送を含め放送回数を1日17回とし、時間帯によって気象情報を別番組で放送する。

2009年2月2日にNHKワールドTVが完全独自編成にリニューアル。これを機に『News Today 30 Minutes』などの英語ニュースを統合し、『NHK BSニュース』や総合テレビと同時放送のニュース番組をNHKワールド・プレミアムに完全移行する形で、日本語ニュースの同時・時差放送を全廃したため、毎正時からの放送に切り替わった。

放送時間[編集]

放送時間は午前8時を基準に平日(15分間)と週末(10分間)に切り変わる。

平日版は本編終了後、時間帯によってスピンオフ番組である「NEWSLINE IN DEPTH」(レポート・ニュース解説)、「DIRECT TALK」(日本を代表する文化人、経営者など有識者へのインタビュー)(以上は15分枠)、「NEWSLINE BIZ」(経済ニュース。12分枠であるためこの場合は本編の枠が18分(=8分枠である17時台は除く)になる)の中からそれぞれ1本を選んで放送を行っている(JST8・15・16時台は除く)。

なお、国民の祝日にあたる日および毎年8月の2週間(平日のJST0時、1時、23時を除く。2012年は短縮放送は実施しなかった)と年末年始の特別編成期間中は、平日の日中・夜間の放送で通常15分間の放送が週末と同様10分間に短縮されるほかは基本的に変更はない(祝日でも重大なニュースがある場合は15分間となる場合がある)。

日本時間平日15・16時台[2][3]は30分枠「NEWSLINE ASIA24」と題したアジアのニュースに特化した番組、平日20時台と深夜(翌日未明)3時台(再放映[4])は40分枠のニュースワイド『NEWSROOM TOKYO』(左記番組終了後に派生番組・「DIRECT TALK」)をそれぞれ放送している。

また月曜日から金曜日深夜(火曜日から土曜日未明)4時台は30分(2本)から60分の番組をそれぞれ編成するため、本番組の放送を休止している。

また、2021年5月以降、日本時間火曜日から土曜日5時台から9時台(土曜日は10時台まで)の時間帯はアメリカニューヨークのスタジオから放送している[1][5]

2013年2月からは平日の15分放送を30分に拡大し、平日が30分間、週末が10分間の放送に統一される[6]。(のちに上述のとおり平日は一部の時間を除き「NEWSLINE」本編15分+そこからの上記スピンオフ15分の構成となる)

逆に、本番組が休止となるケースは、毎年8月に放送される「広島平和記念式典」、「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」や、毎年12月31日JST23:45-1月1日JST0:15の間に放送される「ゆく年くる年」の英語通訳版が組まれる程度で、休止することはほとんどない

また、緊急ニュースが入ったり、国内外の重要な行事がある場合は"NHK NEWSLINE Special Edition"と題して、放送時間を拡大したり、開始時間を前倒ししたりすることもある

その他、日本国内で大規模な地震や災害、国外に発信すべき重大事件等が発生した場合は、国内のNHK総合テレビの画面と音声をそのまま流し、英語字幕や英語による同時通訳を乗せた上で放送している(英語同時通訳の音声は国内にいる外国人のために、NHK総合テレビの副音声でも流される事がある[7])。

エンディングは、スタジオ内映像またはNHK放送センター屋上カメラの映像を流している(例外あり)。当初は独自のCG映像も流していた。またテーマ音楽は管弦楽のものを使用しているが、後半のスピンオフ番組「IN DEPTH」ではスローテンポ、「BIZ」ではアップテンポのテクノミュージックにアレンジをしたものが放送されている。

15分ニュース番組の基本タイムテーブル(18分バージョンもほぼこれに準じる)
  • 00分:ニュース
  • 12分:気象情報(気象予報士による解説入りの時間帯もある)
  • 14分:エンディング
10分ニュース番組の基本タイムテーブル
  • 00分:ニュース
  • 07分:気象情報(気象キャスターの出演はなく、立体CG映像のみ。15分間の放送でも同様)
  • 08分:エンディング


NHK NEWSLINE Special Editionが組まれた例[編集]

2009年4月4日(土曜日)放送の北朝鮮の飛翔体発射関連のニュース(日本政府から発表されたものでこの日の時点は誤報だったが、翌5日に飛翔体発射が日本政府の発表で確認された)で初めて適用された。

2010年6月4日のJST14時放送分では内閣総理大臣指名選挙の特設ニュースがあったため通常より20分拡大し50分間の放送となった。

2011年3月11日に発生した東日本大震災では通常番組を全面休止して本番組の放送時間枠を大幅に拡大した(一部本番組のリピート放送や国内向け放送のニュース・情報番組の英語放送化対応も挟む)。

2011年12月19日の「北朝鮮 キム・ジョンイル総書記死去」が入った際にはJST12時台から数時間、毎正時に加えて30分からも本番組の放送を行った。

2022年9月27日の「故安倍晋三元首相の国葬」に関してはJST13時40分から2時間に渡り特別番組が放送された。

日本国内向けの放送[編集]

(※NHK地上波やNHK国内向け衛星放送では現在「NEWS LINE」は放送していない。)

また、NHKワールドTVのホームページからインターネットのライブストリーミング、配信で視聴することが可能。

出演者[編集]

メインアンカーは、約6-10時間おきに交代して1人で進行する。平日と土・日曜日の日中で担当者が時間帯ごとに固定されている(日本における祝日であっても担当者は曜日どおりであるが、一部変更の場合もある)。

アンカー[編集]

(2022年現在[8])

NHKでは、2020年3月30日から日本人は英語放送でも名前はファーストネームからでは無く苗字から放送する方針に変更している。(一部キャスターに例外あり)

隔週平日9-14時台
  • Yamaguchi Hiroaki 山口寛明 - NHK 国際放送局 World News部(放送センターアナウンス室兼任)
  • Tashiro Kyoko 田代杏子 - NHK 国際放送局 World News部(不定期で平日夕方も)
平日17・18時台(担当サイクルは不定)[9]
  • Kawasaki Rika 川﨑理加 - NHK 国際放送局 World News部(放送センターアナウンス室兼任)
  • Morishita Erika 森下絵理香 - NHK 国際放送局 World News部(放送センターアナウンス室兼任)
  • Yamamoto Miki 山本美希 - NHK 国際放送局 World News部
隔週平日19-翌2時台[10]
  • Raja Pradhan ラジャ・プラダン
  • Yoshi Ogasawara 小笠原吉信
土・日曜
  • Keiko Kitagawa 北川恵子(主として日中)
  • Kanako Sachno 果奈子・サックノー(主として深夜~翌日早朝)
  • Ross Mihara ロス・三原(同上)
    大相撲中継期間中は英語実況、およびNHKニュース7の副音声・同時通訳も務めている。
    ※夕方の時間帯は担当者不定だが、下記のローテーション不定のキャスター、ないしは当該週の「NEWSLINE BIZ」担当キャスターが当たる場合もある。
担当ローテーション不定
  • James Tengan ジェームス・天願:ラジオ番組のDJとしても有名。
  • Yoko Nishimura 西村陽子
  • Koga Hajime 古賀一 - NHK 国際放送局 World News部(他部署と兼任[11]。2023年1月より不定期で昼間帯で出演している[12]。)
ニューヨークアンカー(NHKアメリカ総局) 隔週平日翌5-9時台(土曜日は10時台も)

ビジネス[編集]

・通常はメインアンカーが対応するが、重要な経済ニュースがある場合にNEWSLINE BIZ 担当者が出演する事がある。

また、以下の人物は東京証券取引所からの生中継がある場合にレポーターとして出演する(不定期)

  • Marie Yanaka 谷中麻里衣 - タレント・フリージャーナリスト
  • Phoebe Amoroso フィビィ・アモロソ
  • John H. LaDue, Jr ジョン ラデュー - 経済企画リポーター、ディレクター

気象情報[編集]

  • Yoko Komagata 駒形陽子 - 気象予報士
  • Sayaka Mori 森さやか - 気象予報士
  • Tsietsi Monare ツェツィ モナーレ - 気象学者
  • Jonathan Oh ジョナサン・呉 - 気象学者
  • Mai Shoji 東海林舞 → 産休中

政治[編集]

・通常はメインアンカーが対応する。国内外の重要案件発生時にNHK政治部や国際部の英語堪能な記者が出演する。

スポーツ[編集]

・近年の映像使用料高騰により、日本人選手の活躍等の報道に限られ、スポーツ担当キャスターも廃止された。

過去のアンカー並びに特集と気象予報リポーター[編集]

  • Mike De Jong
  • Michio Kijima 貴島通夫
日替わりでラジオ国際放送の英語ニュースも担当、近年では特集の吹き替えを稀に担当している。
元々はNHKの報道記者もしていた。ラジオ国際放送で英語ニュースを経てNewslineへ。並行して元BS11デジタル契約アナウンサー、朝日ニュースターでアシスタントを務める。
平日は日替わりでラジオ国際放送の英語ニュースも担当
  • Hideshi Hara 原英司
日曜日 翌2時台~翌7時台を不定期で担当していたが異動により降板。稀に特集での吹き替えで登壇している。
近年ではお盆や年末年始など通常アンカーの代役で出演することがある。
  • Rachel Ferguson レイチェル・ファーガソン
  • Ines Matsuyama イネス・松山
  • Murray Johnson
大相撲中継期間中は英語実況も担当
  • Miwa Gardner 美和・ガードナー - NEWSLINEで気象予報を担当。現在はYour Japanese Kitchen!でアシスタントを担当。2014年3月末時点。
  • Sumiko Zushi 図師純子 - NEWSLINEで気象予報を担当。
  • Eileen Lee アイリーン・リー - 平日9時台、12時台、15時台に東京証券取引所より中継担当、2014年3月末をもって降板。
  • Mayu Yoshida 吉田まゆ - 平日9時台、12時台、15時台に東京証券取引所より中継担当、ロイターへ移籍。
  • Anna Dirksen - アンナ・ディルクセン 日曜日 翌2時台~翌7時台 (不定期)をわずか1回登壇のみで降板。
  • Shery Ahn シェリー・アン - 平日16時~19時台
韓国・ソウル出身。2012年3月まではASIA BIZ FORECASTのキャスターも担当。東日本大震災発生により臨時的にニコニコ動画ニコニコ生放送でも番組が放送されたが、美人・かわいいなど好意的コメントが多数書き込まれ注目される。2014年8月をもって降板。ブルームバーグへ移籍。
  • Yuko Aotani 青谷優子 - NHK 国際放送局ニュース制作部 平日12時台~15時台。 NHK退職に伴い、2014年12月末をもって降板。
  • Ron Madison ロン・マディソン - 平日15時台~20時台(登壇時間帯は不定期)。2015年3月27日をもって降板 長年従事していたため最終週は各アンカーと Closingが設けられ、また視聴者に向けて挨拶も行われた。
  • Ai Uchida 内田愛 - 平日9時台~12時台(登壇時間帯は不定期)。契約満了により、2017年3月31日をもって降板。長年午前中(日本時間)のビジネスアワーを担当していたため、視聴者への挨拶、ならびにアンカー(Catherine KobayashiとMiki Yamamoto)とのClosingが設けられた。
  • Catherine Kobayashi キャサリン小林 - 平日8時台~11時台。契約満了により、2017年9月1日をもって降板。長年平日午前中(日本時間)のメインアンカーを担当していたため、視聴者への挨拶並びにClosingが設けられた。
  • Robert Speta ロバート・スペタ - 気象予報士
  • Saki Ochi 越智さき - 気象予報士。株式会社ウイングに所属
  • Giang Nguyen ギアン・グエン - 平日15時台に東京証券取引所より中継、21時-翌1時台は録画出演(不定期)。
  • Carley Gomez カーリー・ゴメス - 気象予報士 2019年1月25日をもって降板。視聴者への挨拶のため、Minori TakaoとのClosingが設けられた。

上記以外にも、NHKワールドに携わったキャスターも記者として参加している。貴島道夫など。

NHK NEWSLINE 派生関連番組[編集]

  • NEWSROOM TOKYO(2015年3月30日開始)
    • 平日日本時間20時-20時40分(再放映:翌日同3時-3時40分=重要な事件等があったときは部分差し替えあり)。祝日は休止
      • Takuma Yoshioka 吉岡拓馬(NHK国際局記者、元香港支局長、京都放送局、名古屋放送局) - 2020年8月24日 -
      • Aki Shibuya 渋谷亜希 - 女優。NHKワールドTVでは『TOKYO FASHION EXPRESS』のMCを2011年9月-2015年3月まで担当
      • Yuko Fukushima 福島優子 - 下記『ASIA BIZ FORECAST』の終了に伴い、同番組の経済キャスターに就任
NEWSLINE IN DEPTH
ジャンル 報道番組(ニュース解説)
出演者 道傳愛子NHK解説委員室
渋谷亜希(外部キャスター)
谷中麻里衣(同上・フリージャーナリスト)
製作
制作 NHKワールドTV
放送
音声形式英語放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送時間初回:月曜日のみ9:10ー9:25、火-金曜日9:15ー9:30
放送分15分
NEWSLINE IN DEPTH
テンプレートを表示
  • NEWSLINE IN DEPTH
    • 平日の日本時間9時15分-9時30分(月曜のみ9時10分-9時25分)を初回として、11時、12時、13時、23時、翌0時、2時のそれぞれ毎時15分-30分
    ※祝日にも放送される場合があり、その場合本来「NEWSLINE BIZ」・「NEWSROOM TOKYO」を放送すべき一部の時間帯に放送したり、本来の放送枠での放送を休止する場合もある。
    • 最新の注目ニュース解説や、日本各地のふるさとの話題などを、取材に当たった記者・解説委員らのレポートを交えて取り上げる。収録は「NEWSROOM TOKYO」のスタジオで行っている。週数本は過去放送からのアンコール放送がある。
      • Aiko Douden 道傳愛子(解説委員室兼任)
      • Aki Shibuya 渋谷亜希
      • Marie Yanaka 谷中麻里衣
    概ねこの3人が放送する回ごとに交代でキャスターを担当するが、まれに他のキャスター(主に女性キャスター)が担当することがある。
DIRECT TALK
ジャンル 報道番組トーク番組(インタビュー)
出演者 ゲスト
製作
制作 NHKワールドTV
(共同制作)日本国際放送日本電波ニュース社テレビマンユニオントップシーンスローハンドTBSスパークル他(日替わり)
放送
音声形式英語放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送時間初回:月-金曜日10:15ー10:30
放送分15分
DIRECT TALK
テンプレートを表示
  • Direct Talk
    • 平日の日本時間10時15分-10時30分を初回として、14時、18時、翌日1時のそれぞれ15分-30分、並びに20時と翌日3時のそれぞれ40分-55分(祝日にも放送)
    • インタビュー番組。日本の企業家や著名人など、社会的に影響ある人物を毎回取り上げ、その人となりを取材する。
NEWSLINE ASIA24
ジャンル 報道番組(アジア特化型)
出演者 山本美希
田代杏子
川﨑理加
森下絵理香
製作
制作 NHKワールドTV
放送
音声形式英語放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送時間月-金曜日15:00-15:30・16:00-16:30
放送分30分
NHK NEWSLINE

特記事項:
2022年9月まで13:00-13:30、14:00-14:30生放送だった
テンプレートを表示
  • NEWSLINE ASIA 24
    • 平日の日本時間15時-15時30分と16時-16時30分の各30分間生放送する。[2][3](祝日は休止)
    • 東南アジアを中心に政治、経済、慣習などアジア全体のトピックスを扱う。
      • Yamamoto Miki 山本美希
      • Tashiro Kyoko 田代杏子
      • Kawasaki Rika 川﨑理加
      • Morishita Erika 森下絵理香
    概ね、放送センターアナウンサーを経験したことがある上記の女性キャスター4人がローテーションを組んで交代で出演(まれに男性を含め他のキャスターが入る場合もある)。
    • 経済ニュース[13]
      • Ramin Mellegard ラミン・メレガード(隔週)
      • Gene Otani ジーン・大谷(同上)
NEWSLINE BIZ
ジャンル 報道番組(経済ニュース特化型)
出演者 ラミン・メレガード
ジーン・大谷
製作
制作 NHKワールドTV
放送
音声形式英語放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送時間初回:月-金曜日17:15-17:23(速報版)・19:18ー19:30(通常版)
放送分速報版8分、通常版12分
NHK NEWSLINE
テンプレートを表示
  • NEWSLINE BIZ
    • 平日の17時15分-17時23分を初回として、19時、21時、22時、翌日5時、6時、7時のそれぞれ18-30分(祝日は休止)。17時台は主に日本の市場の終値が出るための速報版という位置づけもあり他の時間より4分短い。
    • 世界のマーケット(株式市場)の最新市況と経済関連のニュース・解説番組。
      • Ramin Mellegard ラミン・メレガード
      • Gene Otani ジーン・大谷
    上記2名が隔週入れ替えで担当。
BIZ STREAM
ジャンル 報道番組(経済ニュース特化型)
出演者 シャウラ
製作
制作 NHKワールドTV
放送
音声形式英語放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送時間初回:土曜23:10-23:40
放送分30分
BIZ STREAM

特記事項:
休止日あり
テンプレートを表示
  • BIZ STREAM
    • 土曜日日本時間23時10分-23時40分、日曜日5時10分-5時40分、同12時10分-12時40分、同17時10分-17時40分、翌週水曜日4時-4時30分(随時「RISINGセレクション」も放送する週があり、その日は休止)
    • 1週間の経済動向の振り返りや、経済のトピックスを放送するもの

終了したNHK NEWSLINE 派生関連番組[編集]

  • ASIA BIZ FORECAST (2015年3月21日終了)
    • Yuko Fukushima 福島優子 -バイリンガルキャスターとして有名。2012年4月から担当。NHK NEWSLINEの平日アンカーも務めていた。
不定期ではあるがNEWSLINE Business Hourに出演することもある。
  • Asia This Week (2015年1月31日終了)
    • Minori Takao 高雄美紀 - 2002年よりNHK 国際放送局ニュース制作部、NHK NEWSLINEは総選挙などのSpecial Coverageのみ出演。
上記2番組共に2014年4月から番組改編に伴い放送回数が短縮され6回(4時間間隔)から4回(6時間間隔)放送(再放送を含めた)へと変更された。またNEWSLINEと相互に内容を共有して紹介される場合もある。
  • EYE on ASIA(アジアの視点)

・「ASIAN VOICES」の系譜を継ぐセグメント。東南アジアを中心に政治、経済、慣習などアジア全体のトピックスを扱う。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第14期 事業報告”. 株式会社日本国際放送. pp. 2-3 (2022年3月31日). 2023年1月14日閲覧。
  2. ^ a b 2022年度後半期の国際放送番組について(2022年10月以後)
  3. ^ a b 2022年9月までは13・14時台(2022年度国際放送番組時刻表
  4. ^ 緊急を要する重大事項による差し替えあり
  5. ^ 国際放送局 (2022年2月9日). “2022年度(令和4年度)国際放送番組時刻表”. 日本放送協会. pp. 2,3. 2022年2月10日閲覧。
  6. ^ 「NHKワールドTV 25年度改定のポイント」 2013年1月23日
  7. ^ 日本放送協会. “大きな津波が来るとき、NHKはこのように伝えます”. NEWS WEB EASY. 2023年1月29日閲覧。
  8. ^ NHKワールド・Anchors & Reporters
  9. ^ 後述の「NEWSLINE ASIA24」も担当
  10. ^ 「NEWSROOM TOKYO」を放送する平日20時台を除く
  11. ^ 2022年はNHKラジオセンターにディレクター業務として所属している模様だが、2023年1月以降、そのままなのかは不明)
  12. ^ [1]
  13. ^ 後述の「NEWSLINE BIZ」も担当

関連項目[編集]

外部リンク[編集]