MOTHER1+2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MOTHERシリーズ > MOTHER1+2
MOTHER1+2
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス
開発元 非公開
発売元 任天堂
シリーズ MOTHERシリーズ
人数 1人
メディア 64Mbitロムカセット
バッテリーバックアップ搭載
発売日 2003年6月20日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
売上本数 通常版: 25万本以上
バリュー版: 約6万本
テンプレートを表示

MOTHER1+2』(マザーワンツー)は、任天堂ゲームボーイアドバンスゲームソフト日本において2003年6月20日に発売された。

概要[編集]

タイトル通りMOTHERシリーズの第1作『MOTHER』と、第2作『MOTHER2 ギーグの逆襲』を収録している。

予約特典として、2作目のキャラクター「どせいさん」が付いた特製ストラップ(非売品)が付属された。本来は予約用特典だったが、一時期Amazon.co.jpでストラップ付き『MOTHER1+2』が販売された。キャッチコピーは「おとなもこどもも、おねーさんも、ふたたび!」(このキャッチコピーは『MOTHER2』のキャッチコピー「おとなも こどもも おねーさんも。」を踏まえたもの)。これは糸井重里が担当した。

ゲーム内の世界やキャラクター、ゲームシステムについては各項目を参照。

仕様変更[編集]

機種依存・その他の変更[編集]

  • スリープ機能の追加
  • 画質・解像度・音色・音質の変化
  • 画面サイズ変更に伴い、名前入力の文字や文字表示の間に空いていた部分がなくなった。

MOTHER[編集]

オリジナルから多数の変更点が多く、イベント・グラフィック・アイテム・テキスト等に関連した変更は国外版仕様とほぼ同一のもの。

このため、国外版を翻訳して移植したものではないかとファンからは指摘されているが、任天堂は公式に認めていない。

  • ゲーム開始時の名前入力で主人公以外の仲間の名前のデフォルトが表示されるようになった。
  • 戦闘シーンのSEの逆転(敵のSE「ブービー」と味方のSE「ピコッ」)。
  • BGMのサウンド変更(三角波パルス波になっている。また、パーカッションのサンプリング音が再現されておらず、他の音に置き換えられている)。
  • エンカウントバランスの変化。
  • エンカウント時の表現がFC版の円状のエフェクト発生による暗転ではなく、モザイクが画面にかかる表現に変更。
  • 体力僅少時の警告表示の変更。
  • イベント・エンディングの追加、演出の変更(エンディングのスタッフロールBGMも国外版と異なる)。
  • 新アイテムや店の追加。
  • ダッシュ機能・便利ボタン機能の追加。
  • 歩幅の変更。
  • CERO審査に伴い、喫煙・出血等に関連した敵グラフィックの差し替え。
  • CERO審査に伴い、年齢制限に関わる台詞やテキストの変更。
  • 時事的な台詞の変更[1]
  • 宗教に関連したグラフィックの差し替え(十字架を模した墓など)。

MOTHER2 ギーグの逆襲[編集]

  • 一部台詞やテキストの変更。
  • バグと思われる裏技等の修正。
  • BGMのモノラル化(機種依存、ゲップーの秘密基地内BGMのみステレオ〈ただしSFC版とは全く違う鳴り方〉)。
  • 半歩進む距離が短縮。
  • 敵との通常接触時の画面の色を変換。

MOTHER1+2 オリジナル・サウンドトラック[編集]

2003年8月20日に発売された。全て編曲され、MOTHERから『Mother Earth』や『Pollyanna(I believe in you)』など10曲、MOTHER2から『オネットのテーマ』や『ツーソンのテーマ』など16曲収録されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ MOTHER新聞”. 任天堂. 2018年9月3日閲覧。
  2. ^ MOTHER1+2 オリジナル・サウンドトラック”. 任天堂. 2018年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]