JR四国の車両形式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四国旅客鉄道(JR四国) > JR四国の車両形式

JR四国の車両形式は、四国旅客鉄道(JR四国)に在籍する、あるいは在籍した鉄道車両の一覧である。

他のJRグループ各社が基本的に日本国有鉄道(国鉄)時代の形式称号を踏襲したのに対し、JR四国は8000系電車2000系気動車などのように、民営化後に自社で開発した車両は、大手私鉄の車両のような4桁の数字のみ(キハ、クハ、サハなどの記号もつかない[注 1])で形式番号を表示している[注 2]

1000 - 3000代が気動車、5000 - 8000代が電車に割り当てられている[注 3]。車種100の位で、車両番号は10の位で区別されている[1]

例:6000系電車

  • (クモハ)6000形 - (サハ)6200形 - (クハ)6100形

現在の所属車両[編集]

ディーゼル機関車[編集]

電車[編集]

特急形

近郊形

気動車[編集]

特急形

一般形

貨車[編集]

導入予定車両[編集]

気動車[編集]

特急形

  • 2700系
    2017年9月25日に製造方針が発表された、2000系気動車の後継車両[2]。当初2000系気動車の後継として予定されていた2600系気動車の量産先行車による走行試験の結果、急カーブの多い土讃線で空気ばね式車体傾斜方式での運用に問題があることが判明したことから、2600系をベースに2000系等と同様の制御付き自然振子方式を採用した車両として、2020年度までに導入する予定。

過去の所属車両[編集]

電車[編集]

近郊形

気動車[編集]

特急形

急行形

一般形

客車[編集]

特急形

急行形

一般形

事業用

貨車[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大手私鉄でも記号もつかない数字のみの形式は阪急電鉄阪神電気鉄道京阪電気鉄道などが挙げられる。近畿日本鉄道名古屋鉄道などでは車体の表記は数字のみだが、書類上は「モ」「ク」「サ」の記号が使われており、東武鉄道東京急行電鉄などでも同様に「モハ(デハ)」等の記号が書類上使われている。
  2. ^ キクハ32形は新製車両ではあるが、既存のキハ32形の制御気動車形式という位置づけのため例外的に数字のみの形式ではない。
  3. ^ 1996年当時の資料[1]では電車は「6000 - 8000台」とされているが、2003年に登場した5000系が電車であることを考慮している。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『レイルマガジン』通巻153号、p.99
  2. ^ 新型特急気動車「2600 系」の営業運転開始について (PDF)”. 四国旅客鉄道 (2017年9月25日). 2017年9月25日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]