CSS (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Cansei de Ser Sexyから転送)
Jump to navigation Jump to search
CSS
Rock en Seine 2007, Cansei de Ser Sexy 1.jpg
ロック・アン・セーヌにて(2007年、パリ
基本情報
別名 Cansei de Ser Sexy
出身地 ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ
ジャンル オルタナティブ・ロック
インディー・ロック
シンセポップ
エレクトロクラッシュ
ニューレイヴ
活動期間 2003年 -
レーベル サブ・ポップ
公式サイト csssuxxx.com
メンバー ラヴフォックス
ルイザ・サア
アナ・レゼンデ
カロリーナ・パラ
旧メンバー イラチェマ・トレヴィサン
マリア・エレーナ・ゼルバ
クラーラ・ヒベイロ
アドリアーノ・シントラ

CSS(シー・エス・エス)は、ブラジルディスコパンクバンドサンパウロ出身。2000年代後半に発祥したニューレイヴのバンドに分類される。歌は英語ポルトガル語で歌われている。

バンド名は、Cansei de Ser Sexy(カンセイ・ジ・セール・セクシー)の略であり、ビヨンセの発言「Got Tired of Being Sexy(セクシーで居ることに飽きた)」をブラジルポルトガル語に訳したもの[1]

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

来歴[編集]

結成、デビューアルバム[編集]

2003年9月に結成[1]。バンドは初め、インターネットを通じて名前を知られるようになる。アドリアーノ・シントラは、サンパウロのアンダーグラウンド・クラブ・シーンで有名な人物であり、ラヴフォックスは、フォトログとFlickrで人気のある利用者だった。結成当時、アドリアーノ以外のメンバーは楽器が弾けなかった[1][2]。バンドのフォトログは人気になり、トラマ・バーチャル (Trama Virtual 〈MySpaceのブラジル版にあたるウェブサイト〉)に投稿していた曲は頻繁にダウンロードされた。トラマ・バーチャルは、バンドへ大いに投資するようになり、バンドを取材させるためにブラジルとイギリスの記者を招待した。ブラジルの雑誌数誌とイギリスの新聞ガーディアンに記事が掲載された[3]。いくつかの曲はメインストリームで使用され始め、「ミーティング・パリス・ヒルトン」はシンプル・ライフラテン・アメリカでの放送に使用された[1]。2004年、自主制作でEPを2枚リリース。

2005年、トラマ・バーチャルと契約し、10月にデビューアルバム『カンセイ・ジ・セール・セクシー』をブラジルでリリース。合わせてライブ会場とインターネットで7曲入りEP「CSS SUXXX」を販売した[1]。アルバムとEPのレコーディング中に、クラーラ・ヒベイロとマリア・エレーナ・ゼルバがバンドを脱退した[1]。アルバムの限定版バージョンには、買った人がアルバムの曲をコピーし贈り物として他の人にあげられるように、CD-Rが同梱されていた[1][2]。アルバムはブラジルで5000枚売り上げたと伝えられているが、アルバム、シングル共にチャートにはのらなかった。

サブ・ポップ契約、世界デビュー[編集]

2006年の初頭にはニルヴァーナなどを輩出した米国の有名レーベル、サブ・ポップと契約し、アルバム『カンセイ・ジ・セール・セクシー』で世界デビューを果たした。6月6日、シングル「レッツ・メイク・ラブ・アンド・リッスン・トゥ・デス・フロム・アバブ」をリリース。7月、DJディプロ、ボンヂ・ド・ホレと共に、初のアメリカとカナダでのツアーを行った[1]

2007年1月、初の日本公演を行った[4]。また、カサビアンの日本公演でのオープニングアクトを務めた[5]。2007年2月、シングル曲「アルコール」のPVコンテストをインターネット上で開催した[6]。2007年4月、曲名にも使用したことのあるパリス・ヒルトンとの対面を果たした[7]。2007年5月、「アララ」と「オフ・ザ・フック」がForza Motorsport 2のサウンドトラックに収録された[1]

2007年夏、バンドは様々なヨーロッパのロック・フェスティバルグラストンベリー・フェスティバル[8]レディング・フェスティバルなど)に出演した。2007年8月4日、ニューヨークの航空会社が過剰予約したため飛行機に乗ることができず、シカゴで催されるロック・フェスティバルのロラパルーザに出演できないという災難にあった[9][10]サマーソニック07に出演。

シングル曲「ミュージック・イズ・マイ・ホット・ホット・セックス」がアップルiPod touchのCMに使用された。このCMは、18歳のイギリスの学生ニック・ヘイリーが制作した動画をもとに作られている。ヘイリーは「ミュージック・イズ・マイ・ホット・ホット・セックス」を使用してiPod touchのCMを自主制作し、2007年9月11日にYouTubeへ投稿した。アップルの広告代理店TBWA\CHIAT\DAYの関係者がヘイリーの作った作品を見て、彼と連絡を取り、協力を得て放送バージョンを作成した。[11]シングルは、ビルボード63位を記録[12][13]。ブラジルのバンドのシングル順位として過去最高位だった。同じ曲が1年前に競合商品であるZuneのプロモーションに使用されていた[14]

2008年4月11日、イラチェマ・トレヴィサンが脱退し、アドリアーノ・シントラがベースを引き継いだ[15][16]。バンドはその後、元ザ・クーパー・テンプル・クロースジョン・ハーパーをサポートドラムとして迎え活動している。

セカンドアルバム[編集]

2008年4月、2ndアルバムからの先行シングル「ラット・イズ・デッド(レイジ)」が公式サイトから無料ダウンロード配信された[17]。7月、2ndアルバム『ドンキー』をリリース。アルバム名の由来はマネージャーに騙され、ロバDonkey)のように働いていたことから[18](マネージャーからはお金を持ち逃げされ、借金まで背負わされた[19])。フジ・ロック・フェスティバル08に出演[20][21]。フジ・ロックでは、プライマル・スクリームラヴフォックスの共演が行われた[22]

2008年11月、2度目の単独での日本公演を名古屋、東京、大阪、横浜で行った。2009年8月、再びサマーソニック09に出演。[23]

エピソード[編集]

  • ライヴ中には男性下着が飛び交うこともある[24]
  • 日本では、フジテレビの早朝番組SOUND WEATHERによってフィーチャーされ、2006年末から2007年初めにかけて「レッツ・メイク・ラブ・アンド・リッスン・トゥ・デス・フロム・アバブ」がプレイされ、音楽ファン以外の一般人にも知られるきっかけになった。この題名の「デス・フロム・アバブ」とはカナダのバンド、デス・フロム・アバヴ 1979[要出典]
  • キユーピーマヨネーズのCMに楽曲「オディオ・オディオ・オディオ・ソーリー C.」(Odio Odio Odio Sorry C.) を提供している[11]
  • L7の「プリテンド・ウィアー・デッド」をライブでよくカバーする。ロサンゼルスハリウッドでの公演ではドニータと共にカバー演奏した[要出典]
  • メンバー全員は、ブラジルからロンドンへ移り住んでいる[18]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

発売年 タイトル チャート
UK US
2005年 カンセイ・ジ・セール・セクシー
(Cansei de Ser Sexy) (Trama)
- -
2006年 カンセイ・ジ・セール・セクシー
(Cansei de Ser Sexy) (Sub Pop/Warner)
69 -
2008年 ドンキー
(Donkey)
32 189
2011年 ラ・リベラシオン
(La Liberación)
180 -
2013年 プランタ
(Planta)
- -

EP[編集]

  • Em Rotterdam Já É uma Febre - 2004年
  • A Onda Mortal / Uma Tarde com PJ - 2004年
  • CSS SUXXX (Trama) - 2005年

シングル[編集]

発売年 タイトル チャート アルバム
UK US
2006年 アララ (Alala) 89 - カンセイ・ジ・セール・セクシー
(Cansei de Ser Sexy)
オフ・ザ・フック (Off The Hook) 43 -
2007年 レッツ・メイク・ラブ・アンド・リッスン・トゥ・デス・フロム・アバブ
(Let's Make Love and Listen to Death from Above)
39 -
ミュージック・イズ・マイ・ホット・ホット・セックス
(Music Is My Hot, Hot Sex)
- 63
アルコール (Alcohol) - -
2008年 ラット・イズ・デッド(レイジ)(Rat Is Dead〈Rage〉) - - ドンキー
(Donkey)
レフト・ビハインド (Left Behind) 78 -
ムーヴ (Move) - -
2011年 ヒッツ・ミー・ライク・ア・ロック (Hits Me Like a Rock) - - ラ・リベラシオン
(La Liberación)
シティ・ガール (City Grrrl) - -
2013年 ハングオーバー (Hangover) - - プランタ
(Planta)
イントゥ・ザ・サン (Into the Sun) - -

リミックス[編集]

日本公演[編集]

  • 2009年
    • 8月8日、9日 サマーソニック

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Cansei de Ser Sexy」 POKEBRAS、2007年08月03日。
  2. ^ a b Gigwise: CSS
  3. ^ Sophie Heawood 「Sexy beasts」 The Guardian、2006年7月28日。
  4. ^ Cansei de Ser Sexy来日公演レポート!」 POKEBRAS、2007年01月19日。
  5. ^ ブラジル発のディスコ・バンドCSS、2度目の単独ツアー」 MSNミュージック、2008年9月2日。
  6. ^ CSS ニュー・シングルのPVコンテストを開催!」 VIBE、2007年2月15日。
  7. ^ CSSがパリス・ヒルトンに出会った」 doops!、2007年5月9日
  8. ^ 『音楽と雨とぬかるみと…グラストンベリー・フェスに潜入!』(10/12) 2008年8月28日 X BRANDRolling Stone
  9. ^ CSS 飛行機に乗れずフェス断念」 VIBE、2007年8月6日。
  10. ^ CSS Stuck In New York, Miss Lalapalooza」 2007年8月4日。
  11. ^ a b 『iPod touch』のCMソングは、このバンド」 BARKS、2007年12月10日。
  12. ^ The Billboard Hot 100: Music Is My Hot Hot Sex
  13. ^ Billboard Artist Chart History for CSS
  14. ^ Kostas Tzounopoulos 「iPod Touch ad uses music from a Zune ad!」 zune-online.com、2007年10月30日。
  15. ^ CSS ベーシストが脱退」 VIBE、2008年4月14日。
  16. ^ ブラジルのディスコ・パンク・バンド、CSSからベーシストのIRA TREVISANが脱退」 bounce.com、2008年4月15日。
  17. ^ フジロック08出演!CSSが新曲を無料ダウンロード配信、新作も発売へ」 doops!、2008年4月30日。
  18. ^ a b CSS - bounce.com インタビュー」 bounce.com、2008年7月25日。
  19. ^ CSS|好き勝手に生きている女の子達はツンでもデレでもない」 FUJIROCK EXPRESS'08、2008年7月29日。
  20. ^ 〈FUJI ROCK FESTIVAL〉アーティスト・コメント第十弾! パフォーマンス直前のCSSが登場!!」 bounce.com、2008年8月4日。
  21. ^ CSS @ RED MARQUEE」 New Audiogram、2008年7月27日。
  22. ^ FUJI ROCK '08 プライマル・スクリームとラヴフォックスが共演を語る」 MTVJAPAN.com、2008年8月1日。
  23. ^ サマーソニック09ラインナップ」。
  24. ^ CSS/シー・エス・エス Interview」 VIBE、2006年11月24日。

外部リンク[編集]

インタビューとライブ・レビュー[編集]