アソビ・セクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アソビセクスから転送)
Jump to navigation Jump to search
アソビ・セクス
Asobi Seksu
Yuki from Asobi Seksu.jpg
ボーカルのYuki Chikudate (2006年)
基本情報
別名 Sportfuck
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
ジャンル シューゲイザー
ドリーム・ポップ
ノイズポップ
インディー・ポップ
インディー・ロック
活動期間 2001年 - 2013年
レーベル Friendly Fire, One Little Indian, ポリヴァイナル, EMIミュージック・ジャパン
公式サイト asobiseksutime.tumblr.com
メンバー Yuki Chikudate
James Hanna
William Pavone
Larry Gorman

アソビ・セクス (Asobi Seksu) は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身のシューゲイザーバンド。2001年結成。バンド名は日本語の遊びセックスのもじり。

略歴[編集]

Yuki Chikudate (ボーカルキーボード)とJames Hanna (ギター)からなるユニット。本拠地はニューヨークブロンクス。2人はマンハッタン音楽院でクラシックを専攻していた際に出会う。Yukiは日本生まれの生粋の日本人で日本語も堪能だが、4歳のときに家族とアメリカに移住。ロサンゼルス→ニューヨークで育ったマルチ・カルチュラルなキャラクターである。

Sportfuckというバンド名で2001年にEPをリリースするが後にアソビ・セクスに改名。2002年にセルフタイトル『アソビ・セクス』でデビュー。2006年発表の2nd『シトラス』は、米音楽批評サイトPitchfork Mediaで10点中8.3点という高評価を獲得。他ニューヨーク・タイムズ、SPIN誌でも絶賛を受ける。英ロック誌NMEなど辛口で知られるレヴュアーでも、10点中8点を獲得。UKインディー・アルバム・チャート21位まで上昇。Myspaceや、YouTubeでもトップページでフィーチャーされる。英語に、時折日本語をミックスした独特な詞/サウンドで、こうした欧米の主要ロック・メディアで高い評価を受けるのは異例である。

2007年にはビョークを発掘したことで知られる英レーベルOne Little Indianと契約。2009年にサードアルバム『ハッシュ』をリリース。よりドリーム・ポップに傾倒したサウンドでメディアから高い評価を獲得した。2011年に4枚目のアルバム『フローレサンス』を発表。

2013年9月に自身のFacebookにて無期限の活動休止を発表するが、翌年2014年10月にボストンで行われたスロウダイヴの再結成ライブに、バンドからのリクエストで参加した[1]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム
  • アソビ・セクス - Asobi Seksu (2004年)
  • シトラス - Citrus (2006年)
  • ハッシュ - Hush (2009年
  • フローレサンス - Fluorescence (2011年)
ライヴ・アルバム
  • Live at the Echo 10/6/06 (2006年)
  • Live from SoHo (2007年)
  • Acoustic at Olympic Studios (2009年) ※後にRewolfとしてリイシュー

外部リンク[編集]

脚注[編集]