510

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
509 510 511
素因数分解 2×3×5×17
二進法 111111110
六進法 2210
八進法 776
十二進法 366
十六進法 1FE
二十進法 15A
ローマ数字 DX
漢数字 五百十
大字 五百拾
算木 Counting rod v5.pngCounting rod h1.pngCounting rod 0.png

510五百十五一〇、ごひゃくじゅう)は自然数、また整数において、509の次で511の前の数である。

性質[編集]

  • 510は合成数であり、約数1, 2, 3, 5, 6, 10, 15, 17, 30, 34, 51, 102, 170, 255, 510 である。
  • 431/510常用対数 log107 のよい近似値近似分数英語版である。
    • 431/510 = 0.8450980392… 、log107 = 0.8450980400… で、誤差は約0.000000094494480, 0.00094494480ppm, 944.94480ppt[1] であり、分母が6桁以下の既約分数まで含めた中でも、もっとも log107 に近い値である。
  • 510 = 21 + 22 + 23 + 24 + 25 + 26 + 27 + 28
    • 2の自然数乗の和とみたとき1つ前は254、次は1022。
    • a = 2 のときの a1 + a2 + a3 + a4 + a5 + a6 + a7 + a8 の値とみたとき1つ前は8、次は9840。
  • 131番目のハーシャッド数である。1つ前は506、次は511
    • 6を基とする15番目のハーシャッド数である。1つ前は420、次は600
    • 510, 511, 512, 513と4連続でハーシャッド数になる最も小さな数を表す8番目の数である。ただし1桁の数を除くと最小。1つ前は7、次は1014。(オンライン整数列大辞典の数列 A141769)
      • n連続でハーシャッド数になる最も小さな数を表す4番目の数である。1つ前は110 (3連続)、次は131052 (5連続)。ただし1桁の数を除く。(オンライン整数列大辞典の数列 A060159)
  • 約数の和が510になる数は1個ある。(509) 約数の和1個で表せる98番目の数である。1つ前は508、次は511
  • 各位の和が6になる27番目の数である。1つ前は501、次は600
  • 510 = 2 × 3 × 5 × 17
  • 510 = 82 + 92 + 102 + 112 + 122
  • 510 = 12 + 52 + 222 = 52 + 142 + 172 = 72 + 102 + 192 = 102 + 112 + 172
  • n = 5 のときの n と 2n を並べてできる数である。1つ前は48、次は612。(オンライン整数列大辞典の数列 A019550)
  • 510 = 29 − 2

その他 510 に関連すること[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 正確には

関連項目[編集]