25 (花澤香菜のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
25
花澤香菜スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
ネオ渋谷系
アニメソング
時間
レーベル アニプレックス
チャート最高順位
花澤香菜 年表
claire
2013年
25
(2014年)
Blue Avenue
(2015年)
『25』収録のシングル
  1. 恋する惑星
    リリース: 2013年12月25日
テンプレートを表示

25』(トゥエンティファイブ)は、花澤香菜の2枚目のオリジナルアルバム2014年2月26日アニプレックスから発売された。

本作は花澤の内面が反映されており、タイトルと曲数も自身の年齢と誕生日に因んでいる。なお前作では1曲毎に作家と話し合っていたため世界観が一貫していなかったが、今作では花澤自身の思いがアルバム全体のテーマとしているため、岩里祐穂を中心メンバーに据えて花澤と2人で意見を交わしたという[3]

音楽性[編集]

DISC-1の5曲目「マラソン」は、疾走感のあるワイルドな曲。曲の制作は前半まで作成された歌詞を基に行なったという[3]

DISC-1の6曲目「YESTERDAY BOYFRIEND」は、4thシングルカップリング曲「CALL ME EVERYDAY」と同じく西寺郷太による作詞であるが、「CALL ME EVERYDAY」と違い曲が完成するまで名前は伏せられていたという[4]

DISC-1の13曲目「Waltz for Praha」は、タイトル通りプラハをテーマとした曲であるが、後日特典映像の撮影ためにプラハを訪れた際当曲がプラハ的なものであることを実感したという[5]

DISC-2の3曲目「パパ、アイ・ラブ・ユー!!」は、花澤が幼少期に感じたに父親との日々をテーマとした曲で、歌詞には父親と観た映画や彼の作った料理に関するフレーズが散りばめられている。そのため花澤は全曲中一番泣けることを明かしている[4]

DISC-2の4曲目「Eeny, meeny, miny, moe」は、17歳の時に共演して以来親交のある浅沼晋太郎が作詞を手掛けており、歌詞にも高校時代の友人に関するフレーズが散りばめられている[5]

DISC-2の5曲目「粉雪」は、花澤自身が北海道の無人駅に立ち寄った際、その情景を基に歌詞を思い付き、それを北川勝利に送り、彼が5本のサックスのみのシンプルな編成の曲に仕上げたという[3]

リリース・プロモーション[編集]

2014年2月26日にアニプレックスから発売された。花澤のアルバムとしては前作『claire』から1年ぶりのリリースとなる。

販売形態は、初回生産限定盤(SVWC-7988〜90)と通常盤(SVWC-7991/2)の2種リリースで、初回限定盤にはプラハチェスキークルムロフなどを訪れた撮り下ろし映像『I wish the door to the dream does not close.』を収録したBlu-rayおよびブックレットが同梱されている。

本アルバムを引っ提げて、ライブツアー『花澤香菜 live 2014 “25”』が2014年4月17日から5月6日まで開催された[6]。4月25日に行われたNHKホール公演の模様は、6月29日にMUSIC ON! TVにて放送され[7]、同公演の模様を収録したBD『CHALEUR -Film Documentaire de “25”-』が、花澤の2作目の映像作品として8月27日にアニプレックスから発売された。

収録内容[編集]

DISC-1[編集]

CD[1]

  1. バースデイ [1:08]
  2. 25 Hours a Day [4:12]
  3. Brand New Days [3:40]
  4. 恋する惑星 [4:52]
    • 作詞:岩里祐穂、作曲:北川勝利、編曲:北川勝利、ストリングスアレンジ:長谷泰宏
  5. マラソン [4:31]
    • 作詞:花澤香菜・岩里祐穂、作曲・編曲:北川勝利
  6. YESTERDAY BOYFRIEND [4:50]
    • 作詞:西寺郷太、作曲・編曲:奥田健介
  7. 無邪気なキミと真夏のメロディ [4:02]
  8. Make a Difference [4:20]
    • 作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:mito
  9. 旅立つ彼女と古い背表紙 [4:30]
    • 作詞・作曲・編曲:沖井礼二、ストリングスアレンジ:長谷泰宏
  10. Summer Sunset [4:21]
    • 作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:北川勝利
  11. 同心円上のディスタンス [4:08]
  12. flattery? [3:58]
    • 作詞・作曲・編曲:古川本舗
  13. Waltz for Praha [3:53]
    • 作詞・作曲:北川勝利、編曲:sugarbeans・北川勝利

DISC-2[編集]

CD[1]

  1. 片思いが世界を救う [3:55]
    • 作詞・作曲・編曲:宮川弾
  2. ダエンケイ [3:58]
    • 作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:北川勝利
  3. パパ、アイ・ラブ・ユー!! [3:47]
  4. Eeny, meeny, miny, moe [4:05]
  5. 粉雪 [1:34]
    • 作詞:花澤香菜、作曲:北川勝利、編曲:北川勝利・鈴木圭
  6. Young Oh! Oh! [2:40]
    • 作詞:花澤香菜・岩里祐穂、作曲・編曲:北川勝利
  7. 曖昧な世界 [3:49]
    • 作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:北川勝利
  8. 真夜中の秘密会議 [4:05]
    • 作詞:花澤香菜、補作詞:岩里祐穂、作曲:北川勝利、編曲:桜井康史・北川勝利
  9. Merry Go Round [4:10]
    • 作詞:岩里祐穂、作曲:北川勝利、編曲:宮川弾
  10. last contrast [4:28]
  11. 花びら [6:12]
    • 作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:北川勝利
  12. Good Conversation [3:51]
    • 作詞:岩里祐穂、作曲:北川勝利、編曲:IEDA (One Day Diary)

DISC-3[編集]

Blu-ray『I wish the door to the dream does not close.』(初回限定盤のみ) ()内は使用されている曲。

  1. OPENING
  2. WALK THE LABYINTH(ダエンケイ)
  3. FEEL THE WIND(旅立つ彼女と古い背表紙)
  4. KEEP THE BEAT(Brand New Days)
  5. WALTZ FOR PRAHA(Waltz for Praha)
  6. INTO THE LIGHT(片思いが世界を救う)
  7. 25 HOURS A DAY(25 Hours a Day)

チャート[編集]

チャート(2014年) 最高位
オリコン[2] 8
Billboard JAPAN Top Albums[8] 8
サウンドスキャンジャパン[9] 8

ツアー日程[編集]

花澤香菜 live 2014 “25”
日付 都市 会場
2014年4月17日 名古屋市 愛知県芸術劇場 大ホール
2014年4月20日 川口市 川口総合文化センター リリア メインホール
2014年4月25日 東京 NHKホール
2014年5月6日 大阪市 オリックス劇場

出典[編集]

  1. ^ a b c 25 -Twenty five- [2CD+Blu-ray Disc+フォトブックレット]<初回生産限定盤>”. タワーレコード. 2014年2月27日閲覧。
  2. ^ a b 「25」 花澤香菜”. ORICON STYLE. オリコン. 2014年3月6日閲覧。
  3. ^ a b c 花澤香菜×北川勝利 (2014年2月26日). ナタリー - [Power Push] 花澤香菜「25」特集 (2/6). (インタビュー). ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/hanazawakana02/page/2 2014年2月27日閲覧。 
  4. ^ a b 花澤香菜×北川勝利 (2014年2月26日). ナタリー - [Power Push] 花澤香菜「25」特集 (3/6). (インタビュー). ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/hanazawakana02/page/3 2014年2月27日閲覧。 
  5. ^ a b 花澤香菜×北川勝利 (2014年2月26日). ナタリー - [Power Push] 花澤香菜「25」特集 (4/6). (インタビュー). ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/hanazawakana02/page/4 2014年2月27日閲覧。 
  6. ^ 花澤香菜、大成功に終わったライブツアー「花澤香菜live 2014“25”」の映像作品を8月に発売!ツアーグッズの再販も決定!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2014年6月8日). 2014年7月2日閲覧。
  7. ^ 花澤香菜ライブ特番の放送日が6月29日(日)に決定”. OKMusic. オーケーライフ (2014年6月28日). 2014年7月2日閲覧。
  8. ^ Billboard Japan Top Albums 2014/03/10 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2014年3月6日閲覧。
  9. ^ 週間 CDソフト TOP20 2014年2月24日~2014年3月2日 調査分”. Phile-web. 音元出版. 2014年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]