1/24スケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1/24スケールは、スケールモデルで用いられる国際標準スケールの1つである。主に、自動車などの模型縮尺として使用される。

概要[編集]

1/24スケールは、1フィートを1/2インチに縮小する縮尺であり、1/2インチスケール呼ばれる場合もある。主に自動車の模型に使用され、プラモデルミニカースロットカーなどがこのスケールで多数作られている。また、鉄道模型2番ゲージおよびGゲージとスケールが近いため、1/24スケールの自動車をGゲージのレイアウトに組み込むことも多く、鉄道車両自体を1/24スケールで製作しているメーカーもある。

プラモデル[編集]

自動車[編集]

自動車のプラモデルでは、早い時期から1/24スケールが標準スケールとなっており、世界各国のメーカーからキットが発売されている。日本でも1960年代の前半に既に複数のメーカーが1/24スケールの自動車を発売しており、それ以降現在に至るまで多くのメーカーが非常に多くのキットを発売している[1]。製品化されているのは乗用車スポーツカーが中心であるが、イタレリが発売していた「トレーラー・トラックシリーズ」のように、大型のプラモデルも存在する。自動車用のアクセサリーとしてフィギュアも発売されている。

航空機[編集]

1/24スケールで航空機を製品化しているメーカーは少ない。最初に1/24スケールの飛行機を発売したのはイギリスのエアフィックスで、1960年代末に最初のキットとしてスピットファイアMk.Iaを発売してから、2012年現在までに15点ほどを製品化している。その多くは第二次世界大戦時の戦闘機であるが、モスキートのような双発機や、ハリヤーシリーズのような現用のジェット機も含まれている。1970年代初めに、バンダイからも零戦など4点が発売されたが、その後長らく追随するメーカーは現れなかった。2000年代初めになって中国のトランペッターが1/24スケール航空機の製品化を開始し、2012年現在までに第二次世界大戦時の戦闘を中心に20点ほどを発売している。またレベルは1960年代後半にジェミニ宇宙船ボストーク宇宙船を1/24スケールで製品化している。

ミリタリーモデル[編集]

ジープなどの比較的小型の軍用車両が、その民間型と共に1/24スケールで製品化されることはそれ程珍しくは無いが[2]、戦車が製品化されることは少なく、日本では今井科学バンダイから少数が発売されているだけである[3]。日本国外のメーカーからも、アメリカITC製のT92軽戦車など極僅かしか発売されていない。

キャラクターモデル[編集]

1980年代にタカラから『装甲騎兵ボトムズ』のアーマードトルーパーグンゼ産業から『特装機兵ドルバック』のパワードアーマー、バンダイから『聖戦士ダンバイン』のダンバインや『銀河漂流バイファム』のウェア・パペットなどが1/24スケールで発売されている。また、1970年代に日東科学が発売した『サーキットの狼』シリーズのように自動車モデルをベースにしたキャラクターモデルも多い。エアフィックスからは、『007は二度死ぬ』に登場したオートジャイロが1/24スケールで発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本プラモデル50年史』特別付録「昭和プラモデル全リスト」に掲載されているものだけでも、1961年から1988年までの間で製品数は2200あまり、発売したメーカー数は40を超えている。
  2. ^ 「昭和プラモデル全リスト」によれば、ジープは今井科学、日東科学教材、オリエンタルモデル、東京シャープから、キューベルワーゲンが日東科学教材と三共模型から発売されている。またイタレリの2011年のカタログには、ジープや軍用トラックなど4点が新製品として掲載されている。
  3. ^ 今井科学からは1960年代にM60戦車など3点、バンダイからは1970年代にキングタイガー、パンサーG型、ヤークトパンサー、M60、M60A1の5点が発売された。今井科学のM5トラクター155mmカノン砲は1990年代半ばにセットで再発売されている。

参考文献[編集]

  • 日本プラモデル工業協同組合編 『日本プラモデル50年史』 文藝春秋企画出版部、2008年 ISBN 978-416008063-8
  • 『プラモデルカタログ2012』 芸文社、2012年2月 ISBN 978-4863961807

関連項目[編集]