高見澤考史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高見澤 考史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県前橋市
生年月日 (1975-04-30) 1975年4月30日(43歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2000年 ドラフト6位
初出場 2001年6月3日
最終出場 2002年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高見澤 考史(たかみざわ こうじ、1975年4月30日 - )は、群馬県出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

前橋工では2年の夏から一塁手のレギュラーを獲得し、3年次には主将を務めて春の群馬県大会で優勝したが、夏は桐生第一高等学校に敗れた。

卒業後は東京ガスに入社。2000年ドラフト6位でオリックス・ブルーウェーブに指名されて入団。この時期にオリックスが行っていた契約金ゼロ選手の一人だったため、「金より夢を選んだ男」として話題になった。

プロ入り後[編集]

50m6秒1の俊足で、2001年からメジャー入りしたイチローの穴を埋める選手として期待され、1年目から一軍出場を果たす。

2年目の2002年には62試合に出場し、プロ入り初ヒットを西武松坂大輔から本塁打で記録。クリーンナップを任される試合もあるなどレギュラーを掴みかける。この年に一軍登録日数が60日に到達したため2000万円の出来高が支払われている。

しかし、2003年は故障に苦しみ一軍出場が無く、自由契約になった。故障でこの年の12球団合同トライアウトには参加できなかったが、翌年のトライアウトを目標に古巣の東京ガス野球部に練習生として参加。しかし腰痛に悩まされ、「手術すれば野球はできなくなる」という医師の言葉を受け現役続行を断念。

引退後[編集]

2004年12月よりさいたま市岩槻区バッティングセンター、アーデルバッティングドームの店長を務め、2008年には経営権を買い取り代表取締役に就任している[1]。オリックス時代の同僚の福留宏紀など元プロ野球選手をスタッフに迎え、野球塾と言う形で小中学生を中心に指導を行っている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2001 オリックス 6 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2002 62 171 154 20 43 8 1 4 65 26 1 1 3 1 11 0 2 44 2 .279 .333 .422 .755
通算:2年 68 178 160 20 43 8 1 4 65 26 1 1 4 1 11 0 2 46 2 .269 .322 .406 .728

記録[編集]

背番号[編集]

  • 58 (2001年 - 2002年)
  • 44 (2003年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]