高橋浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋 浩司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県さぬき市
生年月日 (1982-11-12) 1982年11月12日(40歳)
身長
体重
176 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 2000年 ドラフト8位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 浩司(たかはし こうじ、1982年11月12日 - )は、香川県さぬき市出身の元プロ野球選手捕手)。「高橋野球塾」塾長、NPO法人讃們球友倶楽部理事長。

来歴・人物[編集]

香川県立志度高等学校時代から、パンチ力のあるバッティングが持ち味の選手として有名であった。高校3年時は準決勝戦に進出したが、丸亀高校に敗れ甲子園出場はならなかった。2000年のドラフトで8位でオリックス・ブルーウェーブに指名され入団。なお、入団の際の契約内容はオリックスが当時下位指名の選手に対し行っていた契約金ゼロ・一軍出場数による出来高払い制の変則契約である。

オリックス入団後は、持ち前の打撃を生かすためにファームでは捕手としてだけではなく外野手として出場した経験もあった。

2005年球団合併に伴う分配ドラフト東北楽天ゴールデンイーグルスに入団するが、その年のオフに戦力外通告を受け引退した。

引退後は香川県さぬき市の実家に戻って漁師として働く。その傍らで近所の中学生に野球指導を請われ、2010年1月には野球塾「高橋野球塾」を設立。2016年8月には高松市の町工場の一角を借りた屋内グラウンドに練習場を移転している。高橋によるレッスンのレベルの高さが評判を呼んで受講生を増やしており、2019年7月時点で甲子園大会出場経験のある卒塾生が10人を超える[1]2021年度の育成ドラフト会議では富田龍が卒塾生としては初の指名を受けた[2]。なお、野球塾設立後も本業の漁業は継続している[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 63 (2001年 - 2004年)
  • 46 (2005年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 浜村博文. “【野球】故郷・香川で開いた野球塾 甲子園球児を輩出する元オリ戦士”. デイリースポーツ online. https://www.daily.co.jp/opinion-d/2019/07/07/0012492373.shtml 2022年6月9日閲覧。 
  2. ^ 高橋野球塾 [@takahashi.ykj] (2021年10月11日). "本日のドラフト会議で、読売巨人軍から指名された 富田 龍くん". Instagramより2022年3月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]