相川良太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相川 良太
OB-Ryouta-Aikawa.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市
生年月日 (1977-01-18) 1977年1月18日(42歳)
身長
体重
183 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手三塁手
プロ入り 1998年 ドラフト3位
初出場 1999年9月16日
最終出場 2009年7月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

相川 良太(あいかわ りょうた、1977年1月18日 - )は、福岡県福岡市出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年生の時に野球を始め、中学時代は福岡中央シニアで遊撃手兼投手としてプレー[1]

暁星国際高等学校では1年から三塁手のレギュラーとなり、3年の時は内野手兼投手としてプレーするが3年夏は5回戦で敗退し甲子園出場はならなかった[1]

高校卒業後、首都大学野球連盟所属の東海大学へ進学。2年春には遊撃手のレギュラーとなり、2年秋には首位打者のタイトルを獲得するなど、リーグ戦通算63試合出場、220打数69安打打率.314、33打点。ベストナイン3回[1]

1998年ドラフト会議においてオリックス・ブルーウェーブから3位指名を受け入団。

プロ入り後[編集]

1999年(1年目)のオープン戦は好調で新人では佐々木恭介以来27年ぶりとなる、オープン戦3試合連続ホームランを記録した[1]。しかし、1年目の一軍出場はわずか2試合に終わった。

2000年は1軍出場なしに終わった。

2001年にようやくプロ初安打、初本塁打を記録した。しかし、打撃は安定せず、故障がちであり、レギュラー定着には至らなかった。同年は近鉄が優勝を決めた9月26日の対戦で、9回表に岡本晃からリードを広げるソロ本塁打を放っている。

2002年は64試合に出場するも不振だった。

2003年はわずか22試合の出場に留まったが、打率.340と高打率だった。

2004年はシーズン最終戦で、最優秀防御率のタイトルがかかっていた岩隈久志から2回裏に本塁打を放った事で、岩隈の同タイトルを阻止した。なお、この最終戦では、4回裏に阿部健太からも同日2本目となる2ラン本塁打を放ち、これが結果的にブルーウェーブとしては最後の本塁打となった。同年は49試合と前年より出場機会を増やした。オフに行われた近鉄との球団合併に伴う分配ドラフトにより、2005年はオリックス・バファローズと契約。

2005年は合併したことでライバルが増え、出場が激減した。

2006年は一塁手44試合、三塁手10試合、外野手21試合と複数のポジションを兼任して自己最多の65試合に出場し、自身初のシーズン2桁本塁打となる11本塁打を記録する。同年から妻に勧められて背番号を30から53に変更している。

2007年は30本塁打を目標として、右方向への本塁打を増やしたいと週刊ベースボールのインタビューで語っていたが、ウエスタン・リーグでも打率.247と低迷。一軍では13試合出場、3安打、0本塁打に終わった。

2008年7月25日楽天戦で、2年ぶりの本塁打を放つと、翌26日の同カードでは先制決勝3ランを放った。しかし、外野手のレギュラー争いに割って入れず1軍出場は10試合にとどまった。二軍では規定打席に到達し、チーム最多の62安打、11本塁打を記録。

2009年も1軍出場は10試合にとどまり、二軍でも打率.246、4本塁打と結果を残せなかった。

2010年は1軍出場が無く、2軍でも僅か28試合の出場にとどまり打率1割台の大不振に終わった。同年10月2日に戦力外通告を受けた。トライアウトには参加せず現役を引退した。

引退後[編集]

2011年2月、元オリックス高見澤考史が代表を務める有限会社アーデルバッティングドームに入社。

選手としての特徴[編集]

打撃優先型の選手で長打力はあるが、安定感に欠ける面がある。また、故障が多い傾向にある。

守備は外野手をメインに、一塁手三塁手もこなす。大学時代や入団後しばらくの間は遊撃手がメインポジションだった。

人物[編集]

夢は「相川記念館」を作ることである。

テレビ番組『痛快!明石家電視台』に出演した際、「門限破り」と書こうとして「門限破り」と書いてしまったことがある。

相川亮二とは同学年で名前も似ているために間違われることがあるが、血縁関係は無い。ライバル意識も持っており、2002年には「横浜の相川選手より有名になる」とライバル宣言している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1999 オリックス 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2001 62 115 106 11 26 4 0 4 42 14 4 1 4 0 4 0 1 26 0 .245 .279 .396 .676
2002 64 188 170 11 35 10 0 5 60 23 3 4 6 0 10 0 2 41 4 .206 .258 .353 .611
2003 22 58 53 11 18 3 1 3 32 7 0 1 0 0 5 1 0 11 0 .340 .397 .604 1.000
2004 49 142 128 11 35 7 0 3 51 15 4 2 4 2 7 0 1 25 2 .273 .312 .398 .710
2005 17 38 38 2 9 3 0 0 12 3 0 0 0 0 0 0 0 8 1 .237 .237 .316 .553
2006 65 195 175 22 45 9 0 11 87 26 1 0 5 1 13 0 1 49 2 .257 .311 .497 .808
2007 13 24 24 0 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2 .125 .125 .167 .292
2008 10 22 20 2 4 1 0 2 11 6 0 0 0 0 1 0 1 6 1 .200 .273 .550 .823
2009 10 23 20 0 6 4 0 0 10 1 0 1 0 0 3 1 0 5 2 .300 .391 .500 .891
通算:10年 314 807 736 70 181 42 1 28 309 95 12 9 19 3 43 2 6 179 14 .246 .292 .420 .712

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁 外野




































1999 オリックス - 1 0 0 0 0 ---- -
2001 1 1 0 0 0 1.000 - 55 69 0 1 0 .986
2002 - - 59 103 6 2 1 .982
2003 - - 17 23 2 0 0 1.000
2004 3 19 1 0 1 1.000 7 3 12 1 2 .938 23 36 3 0 1 1.000
2005 - - 10 21 0 0 0 1.000
2006 44 283 26 2 25 .994 10 4 17 2 3 .913 21 26 1 1 1 .964
2007 1 6 0 0 0 1.000 1 1 0 0 0 1.000 5 3 1 1 0 .800
2008 - - 9 11 0 1 0 .917
2009 - - 9 6 0 0 0 1.000
通算 49 309 27 2 26 .994 19 8 29 3 5 .925 208 298 13 6 3 .981

記録[編集]

背番号[編集]

  • 30 (1999年 - 2005年)
  • 53 (2006年 - 2010年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、1ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]