高橋元吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 元吉(たかはし もときち、1893年3月6日 - 1965年1月28日)は、大正から昭和にかけて活動した日本の詩人である。書店・煥乎堂社長。

人物[編集]

1893年明治26年)、群馬県前橋市に生まれ、前橋中学校(群馬県立前橋高等学校)卒業後に上京した。「偶成の詩人」と呼ばれ、生前には武者小路実篤柳宗悦萩原朔太郎高田博厚らとの交友があった。高橋の没後、『高橋元吉文化賞』が制定された。

略歴[編集]

  • 1922年、処女詩集「遠望」
  • 1923年、詩集「耽視」を上梓
  • 1931年、詩集「耶律」を上梓
  • 1942年、煥乎堂社長に就任
  • 1963年、高村光太郎賞受賞

主な著作[編集]

  • 「高橋元吉詩集」
  • 「群馬文学全集」

関連項目[編集]