騎士団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テンプル騎士団の制服(戦闘服ならびに僧服)

騎士団(きしだん、英語:Chivalric order)は、十字軍時に設立された騎士修道会、及びそれを模して各国の貴族が作った騎士とその附属員から構成される団体である。前者はローマ教皇によって認可された修道会の一種であり、構成員は修道士になることが前提となる。後者は実際の軍事集団としてより、名誉・儀礼的な意味合いが強く、後にヨーロッパ勲章システムに受け継がれていく。

本項目においては、橋口(1994)の分類に従い、主に歴史上著名な騎士団について列記する[1]。各騎士団の設立年についてはLawrence-Archer(1887)に従う事とし、伝承上(伝: Apocryphal)の設立年と記録上(記: Authentic)の設立年を併記する[2]

騎士修道会(宗教騎士団)[編集]

12世紀に第一次十字軍が占領した聖地エルサレムを守備するために、修道士となった騎士の集団としてテンプル騎士団が創設されたことを始まりとして、主に中東地域での活動を目的として騎士修道会が組織されていった。騎士修道会はローマ教皇により認可された修道会であり、各騎士は修道誓願を立てた修道士でもあった。彼等は私有財産の保有を禁じられ、一生の独身を誓い、克己、犠牲、清貧、服従の美徳に生きた[3]

騎士修道会は中世を通し、聖地エルサレムの防衛のみならず、レコンキスタプロイセンへの入植における中核的戦力として歴史的に重要な役割を果たした。しかし、エルサレムが失われ十字軍運動が失敗すると、騎士修道会の存在意義も薄れていった。詳細は騎士修道会を参照。

国際的騎士団[編集]

純軍事的[編集]

既存の修道会からの昇格[編集]

既存修道会の所管[編集]

国家的騎士団[編集]

  • ドイツ騎士団(記1191年設立)
  • 聖墓騎士団(伝326年、記1192年設立)

世俗騎士団[編集]

14世紀にはいると軍事方式も変わり、長弓、弩弓を持つ歩兵の重要度が高まり、騎士の重要性は薄れていった。しかし、騎士の軍事的実用性が失われると、却って名誉としての騎士の意識が高まり(騎士道精神)、アーサー王伝説円卓の騎士や騎士修道会への憧れが強まった。そこで、力のある王や貴族が名誉システムとして、あるいは友愛組織として騎士修道会を模した騎士団(世俗騎士団)を設立するようになった。

その一部は、現在も各国の騎士団勲章として現存している。

イングランド王国
フランス王国
ブルゴーニュ公国

近世以降に設立された実体の無い騎士団[編集]

勲章を佩用し正装する欧州各国の君主(エドワード7世の国葬において撮影)

16世紀以降になると、マルタ騎士団などごく一部を除いて騎士団は実体を失い、完全な名誉上の勲章システムとして実体の無い騎士団が創設されるようになった[4]

教皇騎士団[編集]

ローマ教皇は、教皇庁とバチカン市国の君主としての主権を以て、勲章として以下の5つの騎士団を有している[5]

騎士団の名を冠する民間団体(自称騎士団)[編集]

現代でも、中世の騎士団の精神を模した民間の団体や秘密結社などが存在する。こうした団体としては、フランスシャンパーニュの伝統を守る業界団体であるシャンパーニュ騎士団など。ただし現代国際法では、騎士の身分を授ける主体(羅: fons honorum)は主権を有する必要があると定めており、この条件を満たす存在を主権国家、ローマ教皇君主、そして一部の王位請求者に限っている[6][7]。従って、こうした主体を戴かない騎士団は民間団体であり、国際法上の騎士号にはあたらないことに留意の必要がある。

シーランド公国では1978年のクーデター鎮圧をきっかけにシーランド騎士団を創設し、資金集めのために加入権を販売している。これはシーランド大公であるパディ・ロイ・ベーツが創設した公認騎士団であるが、シーランド公国自体が国家として承認を受けていないため国際法上の騎士号ではない[8]

ドイツでは反ユダヤ主義者の秘密結社にゲルマン騎士団を名乗る団体が存在した。

LISPを使うプログラマーの間では冗談としてラムダ計算騎士団と呼ばれる架空の騎士団が語られる。

偽騎士団詐欺[編集]

欧州には正統な根拠なく、歴史上または現存の騎士団の名を騙る偽(fake)騎士団と呼ばれる団体が多く存在する。こうした団体の多くは、著名な騎士団の名を騙り、被害者の名誉欲を煽って高額な入団金などを得る詐欺団体である[5]。入団者には豪華な"叙任式"と共に豪華な偽の騎士証明書・勲章が授与され、自らが騙されて偽の騎士団に入団したことに気が付かない被害者も多い[9]。一例としてオーストラリア政府は、聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)の名を騙る73もの民間組織を列記して注意喚起をしており[10]、イタリアではマルタ騎士団を名乗る詐欺団が実際に摘発されている[11]。こうした偽騎士団詐欺は、被害者に金銭的な被害をもたらすのみならず、イタリアドイツは騎士でない者が騎士号を名乗ることを刑法で禁じており、被害者自身も罰せられる危険がある[12]。過去には日本でも「マルタ騎士団日本代表」を騙る人間による同様の詐欺があり、被害者には日本人も含まれている[13]

騎士団の正当性の判断を示す国際団体として、国際騎士団委員会(International Commission for Orders of Chivalry: ICOC)が存在する[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 橋口倫介『十字軍騎士団』講談社学術文庫、1994年。
  2. ^ J. H. Lawrence-Archer (1887). Orders of Chivalry. From the Original Statutes of the Various Orders if Knighthood and other Sources of Information.. W. H. Allen and Co. 
  3. ^ レオン・ゴーティエ『騎士道』武田秀太郎、中央公論新社、2020年。
  4. ^ Francis Warre-Cornish (1908). Chivalry. Swan Sonnenschein & Co. Ltd. 
  5. ^ a b Peter Bander van Duren (1995). Orders of Knighthood and of Merit, The Pontifical, Religious and Secularised Catholic-founded Orders and their relationship to the Apostolic See. Colin Smythe 
  6. ^ Noel Cox (2009). “The principles of international law governing the Sovereign authority for the creation and administration of Orders of Chivalry”. Chapter in Rory Stanley (ed.), Féil-Scríbhinn Liam Mhic Alasdair – Essays Presented to Liam Mac Alasdair, FGSI: 15-25. 
  7. ^ Peter Bander van Duren (1995). Orders of Knighthood and of Merit. Colin Smythe Limited 
  8. ^ International Commission for Orders of Chivalry (2016). 2016 ICOC Register. International Commission for Orders of Chivalry 
  9. ^ 坂本鉄男 イタリア便り 「騎士団」詐欺”. 日伊協会. 2020年2月14日閲覧。
  10. ^ LIST OF SELF STYLED OR FALSE ORDERS OF ST JOHN”. オーストラリア政府. 2018年7月22日閲覧。
  11. ^ 騎士団と名乗る詐欺団を逮捕 伊”. 2013年11月17日閲覧。
  12. ^ イタリア刑法498条(Articolo 498 Codice penale)、ドイツ刑法132条a(§ 132a StGB)。
  13. ^ Honours”. 2020年2月14日閲覧。
  14. ^ International commission for orders of chivalry”. 2018年7月1日閲覧。

関連項目[編集]

脚注[編集]