香港発活劇エクスプレス 大福星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大福星
福星高照
My Lucky Stars
監督 サモ・ハン・キンポー
脚本 バリー・ウォン
製作 レナード・ホー
製作総指揮 レイモンド・チョウ
出演者 サモ・ハン・キンポー
ジャッキー・チェン
ユン・ピョウ
音楽 マイケル・ライ
撮影 アーサー・ウォン
ジョニー・コー
配給 東映
公開 香港の旗 1985年2月10日
日本の旗 1985年8月10日
上映時間 97分
製作国 香港の旗 香港
言語 広東語
興行収入 $30,748,643 香港の旗
前作 五福星
次作 七福星
テンプレートを表示

大福星』(だいふくせい、原題:福星高照、英題:My Lucky Stars)は、1985年日本で公開された香港映画。『五福星』に次ぐ福星シリーズ第2弾。ゴールデン・ハーベスト製作。

概要[編集]

サモ・ハン・キンポー主演のアクション映画だが、日本では当時大人気であったジャッキー・チェンが主演に見える予告編を作りヒットした。

当時の香港映画では珍しい日本ロケで、「富士急ハイランド」の観覧車やお化け屋敷、「都営新宿線」などが登場する。

ストーリー[編集]

香港警察特捜部のジャッキーとリッキー(ユン・ピョウ)はマフィア「かかし組」を追っていたが、追跡してやってきた富士急ハイランドでリッキーが捕まってしまう。

相棒を失ったジャッキーは香港からの応援として旧友のデブゴン(サモ・ハン・キンポー)を派遣するよう要請し、デブゴンの仲間たちと共に日本へ来てリッキー救出とかかし組の逮捕に挑む。

出演[編集]

テレビ吹き替え版の役名は1987年1月・金曜ロードショー放送分のもの

出所は再来年予定であったが、リッキー救助の協力を条件に釈放される。クンフーの腕もかなりのものであるが、悪友であるマッスルに協力するのが納得出来ず一時は拒否していた。警察の採用試験に落ちた過去があり、根っからの悪人ではない。渋々ながらマッスルの援護として自分が集めた仲間と共に来日する。
五福星』で演じたスケベな超常現象マニアの役が踏襲されている。精神病院にいたところを、キッドにスカウトされる。
こちらも『五福星』を踏襲した役。ナンパ癖も変わってなく、同じく貴金属や宝石の窃盗で生計を立てている。拳法も少し使えるがキッドやマッスルには及ばない。
彼だけは『五福星』出演者で因果関係がない役処である。歯医者に強盗に入ってる所にやってきた、ヤクザな男から愛人の浮気相手と間違えられて襲われている所をキッド達に救われ仲間になる。メンバーでは年長者。
新メンバー。小柄で少々抜けているが、従順な性格を買われてキッドからスカウトされる。
香港警察
キッドスタッフの幼馴染(しかしキッドをダシにしていたので恨まれている)で香港の刑事。任務で来日していたが、かかし組に相棒のリッキーが捕まり、援護要請としてキッドの出所を依頼したのも彼である。
マッスルの相棒である刑事であるが、序盤でかかし組に捕まって監禁されてしまう。後半で漸く戦線に復帰した。
マッスル、リッキー、バーバラの上司。
特捜部の婦人警官。リッキー救助の為にキッド達と共に来日する。寝食を共にしているので様々なセクハラに遭う。キッドに好意を持っている様だが利用してるだけとも取れるので真意は不明である。多少はカンフーも使える。
かかし組
今回の事件の黒幕。キッドの仲間を人質に身代金を要求する。
和服姿で登場したが、実はかかし組の用心棒であった。西脇の筋肉美を活かしてレオタード姿で戦った。バーバラを圧倒するが、援護に来たキッドにワンパンチでKOされてしまう。
日本語版製作スタッフ
  • 演出:蕨南勝之
  • 翻訳:額田やえ子
  • 調整:近藤勝之
  • 効果:新音響
  • 制作:コスモプロモーション

初回放送:1987年1月2日(金) 『金曜ロードショー 新春特別企画第①弾』(21:00~22:51)

スタッフ[編集]

日本劇場公開版[編集]

日本劇場公開版は、時代錯誤の主題歌(挿入歌)、元彪の挿入歌、オリジナルBGMが使用されていた。その日本劇場公開版は、1987年日本テレビ「金曜ロードショー」でTV放送された。ちなみに、ポニーキャニオンから発売されたビデオ、LDは、BGMが違う香港公開版(に最後に時代錯誤の主題歌を追加したオリジナルバージョン)で、現在発売のDVD、BDに日本劇場版と表記され収録されているのは、このポニーキャニオンビデオバージョンであり、正規の日本劇場公開版ではない。(その代わりに吹き替え音声がTV放送使用のため、そちらが正規の日本公開版となる。)

外部リンク[編集]