養老渓谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
養老渓谷駅
駅舎(2008年4月撮影)
駅舎(2008年4月撮影)
ようろうけいこく
Yōrō-Keikoku
上総大久保 (2.6km)
(4.2km) 上総中野
所在地 千葉県市原市朝生原177
所属事業者 小湊鉄道
所属路線 小湊鉄道線
キロ程 34.9km(五井起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
107人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1928年昭和3年)5月16日
テンプレートを表示

養老渓谷駅(ようろうけいこくえき)は、千葉県市原市朝生原にある小湊鉄道線である。

足湯(2013年4月)
構内の風景

歴史[編集]

駅構造[編集]

1面1線のホームをもつ地上駅である。以前は2面3線で交換設備が設置されていたが、1面2線の島式ホームである2・3番線はポイントが外されている。

駅構内には足湯があり、鉄道利用者及び駅駐車場利用者は無料で利用することができる(それ以外は入場券が必要)[4]。春と秋には、ここで軌道自転車と軌道バイクの体験乗車会が実施される。当駅には数匹の猫が住み着いており、そのストラップも発売されている。

のりば[編集]

1 小湊鉄道線 五井上総牛久方面
上総中野

利用状況[編集]

2014年度の乗車人員は1日平均118人。

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員 備考
2005 125 [5]
2006 130 [6]
2007 118 [7]
2008 121 [8]
2009 112 [9]
2010 111 [10]
2011 99 [11]
2012 97 [12]
2013 107 [13]
2014 118 [14]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 当駅からは以下の3路線が運行しているが、本数が少ないため、利用の際には注意が必要である。
のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
養老渓谷駅 養01 養老館前・老川・粟又の滝 粟又 小湊鉄道 [15]
養03 養老館前・老川・老川橋 筒森 小湊鉄道
中03 養老館前・老川・伊保田 中野駅 小湊鉄道
養06 養老館前・老川・老川橋 大多喜車庫 小湊鉄道 [16]

[17]

紅葉シーズンの土曜・日曜・祝日には、粟又の滝方面と梅ヶ瀬渓谷方面へのシャトルバスが運行される[18]

その他[編集]

  • ケロちゃんコロちゃんの地方民鉄応援プロジェクトの選定を受け、顔出しパネルスタンドの設置や養老渓谷駅限定グッズの販売が行われている。
  • 改札脇に鼠の石像「キハチュー」が設置されている。
  • 養老渓谷駅前観光案内所で電動アシスト自転車の貸出しを行っている(1日 1,000円、3時間以内 600円)。

隣の駅[編集]

小湊鉄道
小湊鉄道線
  • 里山トロッコ停車駅
上総大久保駅 - 養老渓谷駅 - 上総中野駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]