高滝駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高滝駅
Kominato-railway-Takataki-station-building-20151103-143142.jpg
駅舎(2015年11月3日
たかたき
TAKATAKI
上総久保 (1.8km)
(1.9km) 里見
所在地 千葉県市原市高滝737-2
所属事業者 小湊鉄道
所属路線 小湊鉄道線
キロ程 23.8km(五井起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
32人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1925年大正14年)3月7日
備考 無人駅
テンプレートを表示
高滝湖(高滝ダム

高滝駅(たかたきえき)は、千葉県市原市高滝にある、小湊鉄道線である。駅本屋は国の登録有形文化財に登録されている[1]

歴史[編集]

  • 1925年大正14年)3月7日 - 開業。
  • 1967年昭和42年) - 無人駅となる。
  • 2016年(平成28年)11月18日 - 駅本屋について、国の有形文化財(建造物)への登録が答申される[2][3]
  • 2017年(平成29年)5月2日 - 「小湊鉄道高滝駅本屋」として国の登録有形文化財に正式登録される。

駅構造[編集]

駅舎に接して単式ホーム1面1線がある地上駅である。奥には使用されていないホームが残っており、また構内には側線や小さな車庫も設けられている。駅舎は古くからの木造であるが、内部は待合所のみとなっており、無人駅となった現在では出札口などは残っていない。駅には野良猫が数匹住み着いている。

毎年8月中旬には、高滝ダムで行われる花火大会に訪れる観客の増加に備え、ホーム長をオーバーした3両 - 4両編成の列車が運行される。ただし乗降できる車両が限られる。養老渓谷の観光シーズンなどに増結が行われる場合も同様である。

のりば[編集]

1 小湊鉄道線 上総牛久五井方面
養老渓谷上総中野方面

利用状況[編集]

2017年度の乗車人員は1日平均32人。

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員 備考
1986 148 [4]
2007 37 [5]
2008 37 [6]
2009 37 [7]
2010 36 [8]
2011 28 [9]
2012 27 [10]
2013 27 [11]
2014 24 [12]
2015 24 [13]
2016 27 [14]
2017 32 [15]

駅周辺[編集]

駅周辺は高滝湖を中心とした観光地となっている。レンタサイクル(100円)を実施しており、周辺の観光に利用することが出来る。駅前には小規模商店や住宅が点在する。

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
高滝駅入口 里04・里07 高瀧神社・市原湖畔美術館入口 市原鶴舞バスターミナル 小湊鉄道 夜のみの運行
里04・里07 加茂運動広場・加茂支所 里見駅 小湊鉄道 午後のみの運行

隣の駅[編集]

小湊鉄道
小湊鉄道線
上総久保駅 - 高滝駅 - 里見駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]