飯田和敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯田 和敏(いいだ かずとし、1968年11月26日 - )は日本ゲームクリエイター。元有限会社バウロズ取締役社長。立命館大学映像学部インタラクティブ映像学科教授[1]

略歴[編集]

東京都生まれ、千葉県育ち。多摩美術大学油絵科卒。アートディンクを経て、1996年6月に有限会社パーラム(2003年9月に有限会社バウロズと改名)を設立。

講師活動や、麻野一哉米光一成との作家・研究活動、『げんしけん』の小説執筆などで商用ゲーム制作から遠ざかっていたが、2009年より復帰、2010年から3年間はグラスホッパー・マニファクチュアに在籍。2011年8月21日公開の日本科学未来館常設展示「アナグラのうた〜消えた博士と残された装置〜」の演出を担当[2]。同時期、東京工芸大学、デジタルハリウッド大学で教授を務める。

2015年4月からは立命館大学映像学部 教授に就任。文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門の審査員を第17回(2013年)から第19回(2015年)まで務める。

ゲーム作品[編集]

その他の作品・活動[編集]

  • ゲーム菩薩2014年 KAKEXUNのクラウドファンディングキャンペーンの一環として行われた展覧会の期間中、朝から夜までカメラをつけ、亡くなった友人であるゲームクリエイター飯野賢治を偲び、ゲームという文化と自我を見直す様子をずっとUstreamにて無料配信をつづけるパフォーマンスを行った

関連書籍[編集]

CD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]