川上大典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川上 大典
(かわかみ たいてん)
誕生 (1980-11-09) 1980年11月9日(39歳)
鹿児島県
職業 ゲームシナリオライター
ゲームプランナー
記者
ライター
漫画原作者
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 筑波大学大学院(修士)
ジャンル コンピュータゲーム
主な受賞歴 『鬼ヶ島通信』第42号「子どもの本を読み直す」コーナー入選
テンプレートを表示

川上 大典(かわかみ たいてん、1980年11月9日 - )は、日本のライター(本、論文)、ゲームシナリオライターゲームプランナー記者ライター漫画原作者

略歴[編集]

鹿児島県生まれ。筑波大学大学院生命環境科学研究科博士前期課程修了[1]。大学生の頃から「Get Navi」(学研)などの雑誌に記事を書いていた。NTTデータ豊洲本社での長期のインターンシップで公共施設のイベントの企画を学ぶ。企画に興味を抱く。梅本竜に師事する[1]児童文学同人誌「鬼ヶ島通信」第42号で投稿エッセーが掲載[2]。雑誌やウェブ新聞で記者として、漫画家・ゲーム作曲家らクリエーターへのインタビューや漫画に関するコラム、ゲームや映画の紹介記事を担当する。ゲーム会社のSEGA(現セガ・インタラクティブ)、総合学園ヒューマンアカデミーゲームカレッジ鹿児島校の講師、[3]、スタジオわさびのシナリオライター・プランナーに。[4][5][6]

参加作品[編集]

企画・運営・ゲームシナリオ [編集]

漫画原作[編集]

  • 「総合マンガ誌キッチュ(ワイズ出版第二号)」「今夜、バーで」原作:川上大典、作画:風狸けん(ワイズ出版・2019年)[8]

共編著[編集]

  • 『ゲームシナリオを書こう!』米光一成、鈴木理香、笹成稀多郎、門司共著(青弓社・2014年)、ゲーム『ONE~輝く季節へ~』の二次創作も掲載されている[9][注 1]
  • 『このアニメ映画はおもしろい!』小張アキコ、須川亜紀子、武田かおり、大澤良貴小中千昭飯田和敏大井昌和平田研也共著(青弓社・2015年)
  • 『ゲームシナリオの教科書 ぼくらのゲームの作り方』北野不凡、都乃河勇人、長山豊、ハサマ、平川らいあん、米光一成共著(秀和システム・2018年)[注 2]
  • 『ゲームプランとデザインの教科書 ぼくらのゲームの作り方』飯田和敏、井上信行、北野不凡 、鈴木理香、平川らいあん、米光一成共著(秀和システム・2018年)[注 3]

トークライブ[編集]

  • 「ゲームシナリオを書こう~裏側SP!~」(阿佐ヶ谷ロフトA、2014年6月7日 土曜日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ゲーム『魔法学園デュナミス・ヘブン』『もえスタ 〜萌える東大英語塾〜』の制作に携わったことが掲載されている。
  2. ^ 『降魔霊符伝イヅナ』の制作に携わったことが掲載されている。
  3. ^ ゲーム『ワールドチェイン』『アトリエオンライン ブレセイルの錬金術士』の制作に携わったことが掲載されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『ゲームシナリオを書こう!』 川上 大典 青弓社 ISBN 978-4-7872-9219-3
  2. ^ 鬼ヶ島通信の歴史・足跡2 (25号~50号)「鬼ヶ島通信」公式サイトの書誌情報
  3. ^ 『ゲームシナリオの教科書 ぼくらのゲームの作り方』北野不凡、都乃河勇人、長山豊、ハサマ、平川らいあん、米光一成共著(秀和システム・2018年)
  4. ^ 『このアニメ映画はおもしろい!』 川上 大典 青弓社 ISBN 978-4-7872-7376-5
  5. ^ a b c d 川上大典; 飯田和敏; 井上信行; 北野不凡; 鈴木理香; 平川らいあん; 米光一成 (2018年10月30日). ゲームプランとデザインの教科書 ぼくらのゲームの作り方. 秀和システム. 
  6. ^ a b c 「2次元*みゅ~じっく」(きりしまFM)(2018年11月16日)にて言及済み(リンク有り)
  7. ^ 「2次元*みゅ~じっく」(きりしまFM)(2018年8月17日)にて言及済み(リンク有り)
  8. ^ http://studiokitsch.info/honshi_08.html
  9. ^ 制作秘話も満載!ゲームシナリオライター5人による指南書『ゲームシナリオを書こう!』が発売」川上自身が連載を持っていたweb媒体「おたくま経済新聞」