井上信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 信行(いのうえ のぶゆき、1965年11月16日[1] - )はゲームクリエイターシナリオライター福岡県久留米市出身。九州デザイナー学院出身卒[2]さよならおやすみ株式会社代表取締役。

略歴[編集]

タツノコプロ制作のアニメ『タイムボカン』シリーズが好きで、上京後1986年4月に竜の子アニメ技術研究所に入社。アニメーターとなるが、1年後の1987年5月には退社。

その後、漫画家有賀照人ともながひできたかつき勇らの元でアシスタントを務める。その間「猫山田ひろし」のペンネームで投稿した作品『ジャングルキッズ!!』が、1988年の『週刊少年ジャンプホップ☆ステップ賞年間準グランプリに選ばれ、同誌の増刊号に掲載された経験を持つ[3]。また、日本ソフトバンクのゲーム誌『Beep』の1989年4月号 - 6月号の『ドラゴンクエストIV』記事中に4コマ漫画を連載した。

1988年6月、TBS系深夜番組『オフィスヒット』番組にて、出演者の堀井雄二が行ったゲームデザイナー育成企画に応募。全国200人の応募者のなかから残った5人で、ゲームデザイナー集団『U.G.BOYS』を結成する。ちなみに同グループには、『ゼロヨンチャンプ』シリーズ制作を経てワークジャムを設立した神長豊も所属していた[1]

その後、エピック・ソニーレコードでゲーム制作のアシスタントとなり、ファミリーコンピュータ版『ソルスティス』等の制作に携わった後、1990年スクウェア(現スクウェア・エニックス)に入社。『Sa・Ga2 秘宝伝説』のデバッグの後、開発に携わり『ファイナルファンタジーIV』の「プチメテオ・プチフレア」の名称考案、『ロマンシング サ・ガ』の「回転キック」の決めポーズ、『半熟英雄』の卵召喚時の周りを廻る演出などアイディアを生み出していく。

ライターとしては『ライブ・ア・ライブ』のシナリオ(近未来編、原始編)とバトル担当として関わり、『ファイナルファンタジータクティクス』内のサウンドノベル(ウイユヴェール・エナビア記)、『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』の脚本(エスカデ編)を書く。

『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』の売行き不振や、同時期に発売された『ファイナルファンタジーVIII』の記録的売り上げに対する、スクウェアの戦略変更に反発した社員を連れてスクウェアを退社、亀岡慎一らと共に新会社ブラウニーブラウンを設立、取締役に就任した。ブラウニーブラウンの第一作目『マジカルバケーション』では、脚本、演出、総監督を担当。糸井重里脚本のゲームボーイアドバンスMOTHER3』(2006)、ニンテンドーDSマジカルバケーション 5つの星がならぶとき』(2006)ではディレクターを担当。

2012年4月24日、さよならおやすみ株式会社を設立、代表取締役に就任した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Beep1989年2月号 特集「今年のゲーム界を大予言する!」,日本ソフトバンク,1989年2月1日発行
  2. ^ 井上 信行|LinkedIn”. LinkedIn. 2016年7月5日閲覧。
  3. ^ ジャンプ・コミックス『週刊少年ジャンプ新人漫画賞 ホップ★ステップ賞SELECTION』第2巻に収録

外部リンク[編集]